国内最大級399枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

NTTカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

NTTカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

NTTカードを比較

NTTグループカードレギュラー

NTT通信費&出光ガソリン代がキャッシュバック!
DoCoMo&NTTの通信料金がキャッシュバック!実質年会費無料!

詳細を見る

NTTグループカードゴールド

家族特約付き保険+空港ラウンジ!条件付きで年会費無料
NTT通信費&出光ガソリン代がキャッシュバック!

詳細を見る

NTTグループカードの種類

プロパーカードはゴールドとレギュラーの2種類のみ!

「NTTグループカード」は、NTTファイナンス株式会社(英称:NTT Finance Corporation)が発行するプロパーカードです。ラインナップは「NTTグループカードレギュラー」と「NTTグループカードゴールド」の2種類のみ。法人カードはおろか提携カードもありません。

キャッシュバックとポイント還元の2つのコースが選べる!

NTT通信料金がお得になるのはキャッシュバックコース!

「NTTグループカード」のポイントプログラムは、「おまとめキャッシュバックコース」と「ポイント・プレゼントコース」の2種類です。その内、携帯やインターネットなどのNTTグループの通信料金がお得になるのは「おまとめキャッシュバックコース」です。「ポイント・プレゼントコース」は、通常のクレジットカードと同じく、ポイントを貯めてギフト券やANAマイレージなどと交換するものです。

最大還元率1.5%!おまとめキャッシュバックコース

「おまとめキャッシュバックコース」は、毎月のショッピング利用額に応じて、通信費からのキャッシュバックが受けられるコースです。キャッシュバック対象は、DoCoMoの携帯電話料金や、NTTグループのNTT東日本・西日本・NTTコミュニケーションズの電話料金、フレッツ光の通信費やプロバイダ代などです。ドコモのヘビーユーザーやフレッツ光を家族で利用している方ならかなりお得に利用できます。

ドコモとNTT電話料金が対象!上限は15,000円/月

通信費のキャッシュバック対象料金の上限は15,000円。こちらに前月のカード利用金額に応じて決まるキャッシュバック率がかけられて、当月のキャッシュバック額が決まります。キャッシュバック率は60万円以上の利用で最大60%!対象料金が15,000円なので、その60%、9,000円がキャッシュバックで還元される料金となります。カード利用総額60万円中、通信費15,000円が対象で、実際には最大9,000円が還元されるため、還元率は最大で1.5%となります。

還元率最大0.67%!ポイントプレゼントコース

「ポイント・プレゼントコース」で貯まるポイントプログラムは、「NTTポイントサービス」です。利用額1,000円ごとに10ポイント(還元率1%)。NTT通信料金に対しては200円ごとに2ポイント(還元率1%)が貯まります。しかしポイントの交換レートがあまり良くありません。人気のAmazonギフト券には5,000ポイントで2,000円分(還元率0.4%)、30,000ポイントでも20,000円分にしかなりません。そのため実質還元率は最大で0.67%ほどです。

5,000ポイントごとにボーナスポイント500ポイントが加算!

還元率を押し上げてくれるのが、NTTグループカードのボーナスマイル制度です。累計5,000ポイント達成ごとに1割にあたる500ポイントがボーナスポイントとして加算されます。そのため実質還元率は最大0.74%にもなります。
ただしそれでも1%以下なので、NTTグループの通信費が多い方には、やはりキャッシュバックコースがおすすめです。

ガソリンカード並み!出光SSで最大40円/L値引き!

「NTTグループカード」を出光系列のサービスステーションで利用すると、「出光キャッシュバックシステム」という出光独自のガソリン代値引きが受けられます。このキャッシュバックは、全国の出光サービスステーションでレギュラーガソリン・ハイオクなどを給油する際に、リッターあたり最低2円~最大40円引きにするというもの。軽油の給油も最低1円~最大20円引きとなります。

出光SSでの月間利用額に応じて給油代が1円~最大40円値引き!

ガソリン代の値引き率は出光サービスステーションでの利用額が大きいほど上がります。利用額が10,000円以上なら2円引きですが、20万円以上の場合は40円引きとなります。翌々月のガソリン代に、このキャッシュバックレートが反映されます。