「法人カード」とは中小企業の代表者や個人事業主向けのクレジットカード。「法人クレジットカード(法人カード・個人事業主カード)」を審査の発行しやすさや利用限度額の制限、口コミの評判でランキングしました。法人クレジットカードはビジネスカードとも呼ばれ、ETCカードの利用や経費精算で役立ちます。選び方は申込み条件や利用目的によって変わります。IT企業経営者や起業したばかりなら独自の審査基準で審査通過率が高いアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード。追加カードを自由に発行したいならJCB法人カードがおすすめ。出張で飛行機利用が多いならJAL・ANA法人カード、ガソリン代を節約するなら法人ガソリンカードがおすすめです。

クレジットカード法人カードランキング

セゾンパール・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(法人カード)

実質年会費無料でポイントも付く法人カード!最短即日発行
クレジットカード法人カードランキング
アメリカンエクスプレス
  • 年会費初年度無料!実質無料の法人カード!年1回の利用で翌年も年会費無料無料
  • 唯一の最短即日発行可能な法人カード!急ぎでも間に合うビジネスカード!
  • 還元率0.5%!ポイントプログラム付帯!海外ショッピングなら2倍の還元率!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規ご入会キャンペーン!新規ご入会で永久不滅ポイント200ポイント(1,000円相当)プレゼント!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

ビジネス・オーナーのためのアメックス!初年度年会費無料
クレジットカード法人カードランキング
アメリカンエクスプレス
  • 法人カード最高峰のアメックス!入会特典で初年度年会費無料+30,000ポイント!
  • アメックスゴールドと同じ特典!1億円の海外保険に空港ラウンジ、ゴールドデスク
  • 還元率最大1%!マイル交換がおすすめ!公共料金の支払いや会社の経費がお得に!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規ご入会キャンペーン!新規入会でもれなく初年度年会費無料(31,000円相当)!&ご利用条件クリアで最大30,000ボーナスポイントをプレゼント!(カードご利用300万円相当分)

オリコ 法人カード EX Gold for Biz

還元率最大1.1%!プラチナ級特典の法人/個人事業主カード
クレジットカード法人カードランキング
VISAカードマスターカード
  • 還元率最大1.1%!MasterCardなら高級レストラン1名無料特典も利用可能!
  • Web入会特典で初年度無料!年会費2,000円+税で分割払い可能なビジネスカード!
  • 海外・国内旅行傷害保険が付帯!ショッピング保険も100万円まで補償!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規ご入会&ご利用条件クリアで最大4,000円相当のオリコポイントプレゼント!

JCB一般法人カード(ポイント型)

年会費1,250円!複数のETCカードを無料発行!旅行保険付き
クレジットカード法人カードランキング
JCBカード
  • オンライン入会で初年度年会費無料!追加カードも1,250円+税と格安!
  • あらゆる経費を0.5%でポイント還元!複数カードを一括清算!
  • 複数のETCカードを無料で発行可能!経費精算が楽になる
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規入会キャンペーン!JCBギフトカードで最大7,000円分プレゼント!オンライン申し込みで初年度年会費無料!さらにAmazon Business登録で2,000円引きクーポンプレゼント!

ライフカードビジネスライト スタンダード(法人カード)

年会費無料でWEB完結!審査が違う個人事業主向け法人カード
クレジットカード法人カードランキング
VISAカードマスターカードJCBカード
  • 会社設立・開業すぐでも申し込める!個人事業主も審査に通ると評判の法人カード
  • 審査書類は本人確認資料のみ!決算書不要!申し込みはWEB完結で最短4営業日発行
  • 年会費は永年無料!VISAやMastercardならビジネス優待を利用できる!
ラグジュアリーカードのブラックカードのバナー

法人カードとは?
企業や個人事業主向けのクレジットカード

法人カードは企業に対して発行されるビジネスカードやコーポレートカードの総称です。

法人カードやビジネスカード、コーポレートカードという言葉は、会社を経営している方や個人事業主として働いている方であれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

それぞれの使い分けや意味については、意外と知らない方も多いので、今回は法人カード、ビジネスカード、コーポレートカードのそれぞれの違いや、作成するメリットなどをご紹介します。ビジネス系カードの特徴を知り、ぴったりの1枚をみつけてぜひ今後の経費管理に役立ててください。

法人クレジットカードの種類:法人カード、ビジネスカード、コーポレートカードの違い

法人カード、ビジネスカード、コーポレートカードなど様々な呼び方のある法人クレジットカードですが、大きく2つの種類に分けられます。それぞれの一般的な特徴について解説していきます。

  1. コーポレートカード(大規模企業向け一括振込型法人カード)
  2. 法人カード(ビジネスカード、個人事業主カード)

1.コーポレートカード(大規模企業向け一括振込型法人カード)

JCBコーポレートカード一般的に、コーポレートカードと言えばビジネス系カードの中でも「大企業向け」の法人クレジットカードを指すことが多いです。従業員の規模で表すならば、数千人レベル以上の企業をここでは「大企業」としています。

コーポレートカードは「大企業」向けの特殊な法人カード

コーポレートカードは、社内での経費の利用に限るカードは法人口座から引き落としが行われるのがふつうですが、会社によっては会社側で年会費を負担して「年会費無料」で福利厚生の一環として社員に発行していることもあります。この場合、引き落とし先はその社員の個人口座になります。

個人向けにコーポレートカードが発行されるということは、「企業専用の特典が多いカードを年会費タダで使える」というイメージですね。もちろん、経費をよく立て替えることのある社員に、経費用カードとして持たせることもあります。

2.法人カード(ビジネスカード、個人事業主カード)

VISAビジネスカード見本法人カードとは、一般的に「大企業」ではない中小企業、もしくは個人事業主向けのカードを指します。

クレジットカード業界では法人カードとビジネスカード、個人事業主カードの違いを明確に定義していません。会社ごとに定義が違うことが多く、別にビジネスカードという枠を設けていない会社もあります。

VISAはVISAブランドの法人カードを一律で「VISAビジネスカード」と呼んでいます。同様に法人カード=ビジネスカードとしている会社も多いです。一方でJCBは「JCBビジネスカード」を「大規模企業向け使用者支払型法人カード」と独自に定義しています。このように本当に言葉の意味は会社によってバラバラです。

法人カード、ビジネスカードは個人や中小企業で利用される法人カード

オリコ 法人カード EX Gold for Biz S iD×QUICPay(個人事業主カード)券面写真コーポレートカードとの大きな違いは、基本的には「法人口座」から引き落としがされ、経費以外には使えないという点です(個人利用不可)。ただし一部には、個人的に利用することはできないものの、法人の代表者の個人口座を引き落とし先にすることも可能な法人カードもあります。

代表例が『オリコ 法人カード EX Gold for Biz S iD×QUICPay(個人事業主カード)』(年会費9,074円+税/還元率1.0%:100円で1ポイント)です。法人代表者向けの『オリコ 法人カード EX Gold for Biz M iD×QUICPay』の姉妹カードです。こちらであれば支払口座を「屋号+個人名義」または「個人名義」のものに指定できます。そういったクレジットカード会社には、まだ法人口座が開設できていない時でも申し込みができます。

法人カードとビジネスカード、コーポレートカードをそれぞれ発行している会社もあります

JCB 一般法人カード(ポイント型)券面画像JCBなどの一部のクレジットカード会社では、法人カードとビジネスカードは明確に用途が分かれていることもあります。

JCBの場合、JCBビジネスカードは個人口座を指定できる「大企業向け」のクレジットカードで、『JCB 一般法人カード(ポイント型)』(年会費1,250円+税※オンライン入会で初年度無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)をはじめとしたJCB法人カードは「中小企業向け」のクレジットカードです。

申し込み時にこれらを混同していると、そもそも申し込み要件を満たしていないのに間違った方に申し込んでしまいますので、ご注意ください。

法人カードは各社呼び方が異なるが、きちんとした定義は無い

ここまでの説明でおおよそコーポレートカード、法人カード、ビジネスカードの「一般的」な違いは分かっていただけたと思いますが、それぞれの明確な定義はないといっていいでしょう。そのため、会社によって同じような意味をもつカードが「法人カード」と呼ばれたり、「ビジネスカード」と呼ばれたりしています。

ビジネス系カードを作りたい時は、まずその名称(ビジネスカードなど)で用途を判断するのではなく、きちんと内容まで見て本当に自分が求めているタイプのカードなのかをチェックしてから申し込むようにしてください。

「法人格」をもたない個人事業主や一般人でも作れる法人カードがある!

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード個人事業主の中には、法人化せずに運営している方もいます。ビジネス系カードを作る際に気になるのが、法人化していなくても、つまり「法人」として経費を決済する権限がなくても、発行可能かということだと思います。

さらに『セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費20,000円+税/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)のように、一般のサラリーマンでも持てるクレジットカードが、ビジネスカードと名告っていたりもします。

ビジネス系、法人系カードの中には、そういった法人格をもっていない個人事業主も対象としているものも少なくありませんので、個人事業主の方はぜひそういったカードの中から気に入ったものを選びましょう。

法人カードのメリット
法人クレジットカードで経理を合理化

法人カードは社員の経費管理やビジネスカード専用特典が利用できるクレジットカード

コーポレートカードや法人カード、ビジネスカードと呼ばれるカードには、事業で利用する上で様々なメリットがあります。本当に作るメリットがあるのか疑問に思っている方は、以下をぜひ参考にしてください。

  1. 経費の支払い時に利用可能
  2. 経費の管理がしやすい(データ化できる、専用カードなのでわかりやすい)
  3. ビジネス向けの特別な特典がある
  4. 経費の内容を振り分け、分析してくれるサービスも

1.法人カードは経費の支払いで利用できる

経費の支払いには、実は法人化していない個人事業主であっても「個人のプライベート用の」クレジットカードを「仕入れ」などの目的に使うことはやめておいたほうが無難です。というのは、多くのクレジットカード会社の規約の中には、「現金化を目的とする商品購入」が禁止されているからです。

これは、巷でいう「クレジットカード現金化」という行為を避けさせるために設けている規約だと推測できますが、「商品を購入」し、「だれかに販売」して「現金を得る」というプロセスが同じため、クレジットカード会社からは明確に判断しづらいため、個人カードで類似行為をするのはリスクがあると言えます。

経費としてお咎めを受けることなくどんな用途でも使えるという意味でも、ビジネス系カードは事業の強い味方となるでしょう。

2.法人カードは経費の管理がしやすい(データ化できる、専用カードなのでわかりやすい)

これは個人事業主によくあることだと思いますが、事業に使うために個人カードや現金で物品を購入していると、プライベートの買い物か、事業用の買い物かが分かりづらくなってしまうことがあります。

法人カードやビジネスカードと呼ばれるクレジットカードを専用に発行し、これを経費専用のカードとして利用していけば、利用履歴は全て事業用とすぐに判断できるのでとても管理が楽になります。

また、今時は利用履歴がデータでダウンロードできるサービスもありますので、いつ、どこでいくら使ったのかなどがすぐに確認できるほか、クラウド会計サービスなどで入力不要で経費が反映されるものもあり、便利です。

3.法人カードにはビジネス向けの特別な特典がある

一般カードよりも、同じくらいの金額の年会費のビジネスカードは、ビジネスに役立つ特典が充実しているものが多くあります。

例えば、航空券やホテル、レストランなどの手配をしてくれるコンシェルジュのサービスがついているカードでは、ビジネスに利用したいのに時間がなかなかかけられないときでも、代わりに手配してもらうことも可能です。

また、事業に使う備品などの相談や購入のサポートやビジネスラウンジの手配をしてくれることもあり、ビジネスパートナーとして上手に利用していけば、年会費以上の価値があります。

一般向けの「ゴールドカード」や「プラチナカード」でも利用できる共通の特典はありますが、ビジネスで利用するとなると、一般的なサービス利用よりも頻度が上がり、付加価値を感じることが多くなるでしょう。

4.法人カードには経費の内容を分析してくれるサービスがある

ビジネス向けのカードの中には、アメックスのビジネスゴールドカードのように、利用内容をカテゴリ別に振り分けて、かかっている経費の金額を知るだけではなく、例えば「レストラン」などの業種別にどの程度経費をかけているか、その割合を分かりやすくレポートしてくれるサービスもあります。

一目でどの項目に経費が集中しているか分かりやすいだけではなく、前期と比べてどのように経費の利用先が変化しているかなどもレポート化されますので、使い方に無駄がないかを調べることも可能です。

法人カードの選び方
コスパで法人クレジットカードを選ぶ

年会費とサービスのコストパフォーマンスで法人カードやビジネスカードを選ぶ!

法人カードやビジネスカードを選ぶ基準は、主に次の3つの項目です。

  1. 法人カードの種類(個人事業主・中小企業)
  2. 法人カードの年会費
  3. 法人カードのサービス内容

1.法人カードの種類(個人事業主向け・中小企業向け)

まず問題になるのは法人カードの種類です。ここでいう法人カードの種類とは、国際ブランドや申し込むクレジットカードの発行会社では無く、申し込みを行うユーザーに合った法人カードかどうかです。

ビジネス系のカードは、法人の種類によって対象となるクレジットカードが異なります。そのため例えば個人事業主が大企業向けのカードを申し込んでも審査の段階ではねられてしまいます。

ビジネスに利用するカードを発行したいのであれば、ユーザー側の法人格に合った法人カードから選ぶことが大切です。

2.法人カードの年会費

大企業クラスになれば年会費はあまり問題にしないケースもあると思いますが、中小企業や個人事業主になると、一括払いの年会費は高額になればなるほど大きな負担になります。

年会費は一般カードと同様に、ビジネス、法人系カードの中でも幅が大きく、年会費永年無料のカードから、年会費が30,000円を超えるものなどがあります。クレジットカードの付帯サービスや保険などは年会費が高いほどやはり充実している傾向があるので、利用サービスの内容によっては、かえって年会費の高いカードの方がお得になることもあります。

ですので、年会費が安ければいいと考えるのではなく、年会費とサービスのバランスを考えて、事業に役立つものを選択しましょう。

3.法人カードのサービス内容

海外出張に全く行かないのに、海外の空港ラウンジや海外旅行傷害保険が充実していても全く意味がありませんよね。せっかく年会費を支払うなら、自社の利用したいサービスのニーズと、選ぼうとしているクレジットカードの付帯サービスが合っているかをチェックしましょう。

出張や会食が多いのなら、そういった手配をサポートしてくれるサービスが充実しているカードがいいですし、せっかくクレジットカードを使って決済するならポイントを貯めたいというなら、ポイント還元率が良いカードがいいですよね。利用目的は会社によって様々ですので、どんなサービスがついていると嬉しいかをはっきりさせた上で選んでいくと、スムーズに希望カードに出会うことができます。

おすすめの法人カード
法人クレジットカード・ビジネスカード3選

法人カードは種類も豊富!定番からステータスカード、プライオリティ・パス付きも

法人クレジットカードについて解説したところで、ここでは個人事業主や中小企業におすすめの法人カード、ビジネスカードを3枚ご紹介します。

  1. JCB 一般法人カード(ポイント型)
  2. アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  3. 楽天ビジネスカード

1.JCB 一般法人カード(ポイント型)

JCB 一般法人カード(ポイント型)券面画像JCB 一般法人カード(ポイント型)』(年会費1,250円+税※オンライン入会で初年度無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)は、年会費が1,250円と高いコストパフォーマンスを誇る個人事業主や中小企業向けのカードです。

利用先によっては、ポイント還元率も最大20倍以上となり、効率よく経費でポイントを貯めることができます。

JCB 一般法人カード(ポイント型)のメリット

年会費が安いため、付帯サービスに不安を感じるかもしれませんが、ビジネスに役立つ「ETCカードの複数枚発行」や、旅行の傷害保険が利用付帯しており、価格以上のサービスです。

チケットレスの出張予約が可能なサービスや、利用した経費の管理が楽になるようなシステムなど、しっかりとビジネスをサポートしてくれるためおすすめできる1枚です。

JCB一般法人カードには、ポイント型の他にキャッシュバック型もありますがキャッシュバックの対象が限られているほか、毎月5万円以下の利用ではキャッシュバックの対象にならないなど、デメリットも多いため、出張にしかりようしない、など利用先が限られている場合以外は「ポイント型」をおすすめします。

2.アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード券面アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード』(年会費31,000円+税/還元率0.333%:100円で1ポイント=0.333円相当※以下、アメックスビジネスゴールドカード)は、個人事業主向けクレジットカードとしては最高クラスのステータス性とサービスを誇るカードです。

経費をいくら使っているのか、その分類はなどをまとめてレポート化してくれるサービスもあり、経費の見直しや管理に役立ちます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのメリット

ビジネスをバックアップするサービスとして特徴的なのが、アメックスビジネスゴールドカード会員限定のイベントを開催していることです。出張時に役立つ様々なサービスが充実しており、航空券などを当カードで支払えば、旅行時には安心の「最高1億円」の旅行傷害保険が国内外で自動付帯です。

接待にも役立つエンターテイメントや会食関連のサービスも様々で、特に嬉しいのが突然の怪我などで出張に行けなくなった時のキャンセル費用を一部負担してくれる「キャンセル・プロテクション」を始めとする各種プロテクションサービスです。

いざというときの補償がしっかりしており、他社に負けないサービスが付帯しているので、ビジネスでも安心して使うことができるカードです。

3.楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード楽天ビジネスカード』(年会費2,000円+税/還元率0.5%:100円で1ポイント)は、楽天が発行する、会社オーナーや個人事業主向けビジネスカードです。年会費は税抜き2,000円と安めですが、ビジネスカード1枚だけで申し込むことはできず、楽天プレミアムカードとの同時申し込みが必要です。

ですので、実質2枚合わせた12,000円(税抜)が年会費としてかかってくると理解しておいてくださいね。

楽天ビジネスカードのメリット

プライオリティ・パス楽天ビジネスカードの目玉は、この年会費以上にお得感のある「プライオリティ・パス」という国内外の専用空港ラウンジを自由に利用できるサービスが付帯していることです。これは楽天プレミアムカードのサービスとして利用できますが、頻繁に海外へ行く方にとってはこれだけでも十分発行する価値があります。

逆に言えば海外出張や旅行は全く行かないという場合、他社と比べて楽天市場でのポイント還元率が優遇される、楽天スーパーポイントがたまりやすいなどのメリットがあるだけとも言えますので、楽天ユーザーではない、かつ海外出張にいかない、という条件であれば他社カードを検討した方がいいでしょう。

また、楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードは、それぞれ「法人口座」と「個人口座」というように、引き落とし先の設定を変えることができるので、用途に合わせてカードを使い分けしやすくなっています。

クレジットカード利用者の使用目的や会社の用途にあわせた法人カード選びが大切!

法人カードやビジネスカード、コーポレートカードという名称は会社によって異なり、一概に「この名称ならこうした意味」という解説は難しくなっています。多くは、コーポレートカードは大企業向け、ビジネスカード、法人カードは中小企業や個人事業主向け、といったふうに分けられますが、中には例外のカードもあるため注意が必要です。

法人向けのクレジットカードは千差万別!よく選んで下さい!

ビジネスカードは発行会社によって年会費や対象の会社規模、サービス内容が全く異なります。ご注意を!

自分の会社や事業にはどんなサービスが必要、何を目的としてビシネスカードを発行するのかをはっきりさせてから選ぶと、よりスムーズにぴったりなカードを見つけられますので、今回ご紹介した内容を参考にして、ぜひカード選びに役立ててくださいね。

三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP