年会費無料のクレジットカードを選ぶポイントは「還元率」「海外旅行保険」「審査難易度」。
年会費がかからず、持っておいて損をすることはないので、サブカードとして利用するのもありですし、メインカードとしても使えるおすすめカードをランキングしてあります。もちろん申し込み前に特典やキャンペーンの有無は必ずチェックしましょう。

クレジットカード年会費無料ランキング

NICOS VIASOカード

毎年ポイントを自動で現金還元!人気の年会費無料カード
クレジットカード年会費無料ランキング
マスターカード
  • 年会費永年無料!ポイント=現金が還元されるクレジットカード!
  • 毎年自動でオートキャッシュバック!年1回指定口座に現金振り込み!
  • ネット通販で人気!Amazonで2%、楽天市場・Yahoo!ショッピングで3%の還元率!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

マスターカードブランド限定キャンペーン! 新規入会と利用条件クリアで最大10,000円相当のVIASOポイントプレゼント

JCB CARD W/W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】

ポイント還元率が2倍!年会費無料のJCBカード!女性向け有り
クレジットカード年会費無料ランキング
JCBカード
  • 年会費無料でポイント2倍!WEB入会限定/39歳までが申し込める新しいJCBカード
  • ポイント還元率1.0%!Amazon、セブンイレブンでポイント4倍(2.0%)の高還元率
  • 女性向けの『JCB CARD W plus L』は女性に嬉しい優待や保険サービスが付帯!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規入会とご利用条件クリアでいまなら最大8,000円分プレゼント! 初年度年会費も無料!さらにポイント4倍キャンペーン実施中!!いつでもどこでも還元率2.0%!スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイントが10倍貯まる!

セゾン パール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費無料のアメリカンエキスプレスカード!最短即日発行!
クレジットカード年会費無料ランキング
アメリカンエクスプレス
  • 実質、年会費無料で持つことができる国内最安のアメリカン・エキスプレス・カード!
  • 審査はセゾンカードだから柔軟!海外ではアメックスカードとして使えます!
  • 最短即日発行OK!セゾン永久不滅ポイントが貯まり、海外利用は還元率2倍!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規ご入会キャンペーン!新規ご入会で永久不滅ポイント200ポイント(1,000円相当)プレゼント!

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

常時1%還元!Amazon2%!楽天市場・ヤフーも合計3%還元
クレジットカード年会費無料ランキング
マスターカードJCBカード
  • 常に還元率1.0%の高還元率クレジットカード!年会費無料で公共料金支払いでも活躍
  • Amazonで2%還元!楽天市場、Yahoo!ショッピングも合計3.0%のポイント還元率
  • Amazonギフト券やTポイントに交換!貯めたオリコポイントも使いやすい!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規入会&利用条件クリアで、今なら最大8,000オリコポイントプレゼント!

ライフカード<年会費無料>

誕生月はポイント3倍!1.5%還元!信販系で審査が通りやすい
クレジットカード年会費無料ランキング
VISAカードマスターカードJCBカード
  • 誕生月はポイント還元率1.5%!条件クリアで翌年度はポイント2倍!還元率1.0%!
  • 審査基準は消費者金融レベル!専業主婦やパート・アルバイトでも審査に通る可能性
  • 年会費無料でボーナスポイントもあり!税金支払いで年に1回大活躍するサブカード
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

【ライフカード〈年会費無料〉限定】新規ご入会キャンペーン!新規入会&利用条件クリアで今だけ最大14,000円相当(2,800ポイント)のLIFEサンクスポイントプレゼント!

年会費無料クレジットカード
クレジットカード初心者にオススメ

クレジットカードの初心者なら年会費無料カードから始めよう!

買い物や公共料金の支払いにも便利なクレジットカード。クレジットカードというと、かつては大人が所有するイメージが強かったかもしれませんが、最近では学生でクレジットカードを所有する人も多く、より身近に、気軽に持てるようになってきました。

そんなクレジットカードの立ち位置の変化を現すのが「年会費無料」のクレジットカードです。

ステイタスシンボルとしてのクレジットカードから便利な道具への変化!

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)券面クレジットカードが一般にここまで広く浸透した理由として、インターネット社会の到来によるネット通販の普及と、それに呼応した「年会費無料」のクレジットカードが増えてきたことが挙げられるでしょう。

かつてはクレジットカードを所有するためには、高い年会費を払い、ある一定の年収を越えていないといけない、といった制約がありました。代表的なカードが、『アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)』(年会費12,000円+税/還元率0.333%:100円で1ポイント=0.333円相当)です。しかし社会状況の変化で、クレジットカードが所有するステータスシンボルから実用的な道具へと変化してきたのです。

年会費無料のクレジットカードは便利な社会的ツール!

セゾンカードインターナショナル券面画像クレジットカードが利用できる店舗が増え、カード決済が一般的なインターネット通販が普及するにつれ、クレジットカードは庶民の道具になりました。ステータスの象徴から、より実践的に使うためのものとしての認識も強まってきました。

そして年会費無料で高還元のクレジットカードの出現により、持っていてかっこいいカードよりも使いやすいカード、お得なカードという傾向が一気に強まりました。その先駆けの1つが『セゾンカードインターナショナル』(年会費無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)です。発表当時は年会費無料でクレジットカードが持てることが衝撃的でした。

今では年会費無料クレカの種類もどんどん増えています。個人の保有枚数もクレジットカードの発行枚数も右肩上がりです。

年会費無料クレカでもポイント還元率は1.0%が当たり前!

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)クレジットカードを所有する利点として、ポイントが貯まるという点も魅力的です。

クレジットカードで支払いをすると、購入した金額の何パーセントかはポイントして還元されます。このポイントシステムはとてもお得感がありますし、それに加え年会費も無料となればクレジットカードを所有しないのはもはや損です。

代表例がネット通販に強い『Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)です。いつでもどこでも1.0%をポイントで還元。Amazonでは2.0%、Yahoo! ショッピングで2.0%、楽天市場では3.0%も還元してくれます。

クレジットカードを利用する際の注意点

クレジットカードはとても便利でお得なものですが、ひとつ注意点をあげるとすれば使いすぎに気をつけるという点です。

会計の時に差し出せば何でも買える「魔法のカード」なんて呼ばれたりもするクレジットカードですが、たしかに現金で支払うよりも気軽なためについつい使いすぎてしまうということも考えられます。

特にクレジットカードを使い始めの頃は調子にのって自分の財力に不釣り合いなものを分割で買ってしまい、月々の返済が大変...なんてことになってしまわないように注意しましょう。

クレジット=信用でツケで買うこと。一時的でも借金です

クレジットカードでの決算はあくまで一時的にクレジットカード会社に代金を立て替えてもらっているだけで、その場でお財布や銀行口座からお金は無くなりませんが、支払いを完了させるのはクレジットカードを利用した本人であることを忘れてはいけません。

そのために、クレジットカードでの支払いはあくまでも現金の代わり、自分の財力の範囲内での利用を心がけましょう。「どうせ同じ金額を払うならポイントが付く方がお得だから」ぐらいのつもりであまり過信しないことです。

なぜ年会費無料にできるの?
クレジットカードが無料になる秘密とは!?

年会費の代わりにどこでお金を儲けているのか?

最近のクレジットカードは年会費無料のものが一般的になってきました。初年度無料だけでなく、永年無料のクレジットカードも珍しくありません。ここで気になるのが、なぜ私たち消費者が年会費を払わずに、クレジットカードを所有できるのかという点です。

タダより怖いものはないとは言いますが、なんだかんだでお金を取られるのでは? と疑ってかかる人もいるかもしれません。しかしクレジットカードを年会費無料で所有できるにはちゃんとした理由があるのです。

「手数料」収入がクレジットカード会社の収入を支えてる!

三井住友VISAカード「エブリプラス」券面確かに、年会費というものはクレジットカード会社にとっては大事な収入源ではありましたが、クレジットカード会社の収入源にはカード会員から徴収する「年会費」の他にも「分割・リボ払い金利手数料」、「加盟店手数料」、「キャッシング金利手数料」など複数の収益源があります。

そのため近年、カード会社は年会費の収入を無くしてでもカード保有者を増やすことを優先するようになりました。特にリボルビング払い手数料を重視するようになったため、リボ払い専用で特典を多くした年会費無料のクレジットカードが増えてきたのです。このリボ専用カードの代表例が『三井住友VISAカード「エブリプラス」』(年会費無料/還元率1.5%:1,000円で3ポイント=15円相当)です。還元率はなんと1.5%もあります。

リボルビング払い手数料や分割払い手数料が収入の柱になっています。

ライフカード年会費無料スマホのアプリやゲームにも無料でダウンロードできるものがあります。まずは使ってもらって、その後のユーザーからの課金で収益を出すような構造と似ています。収益を増やすために、まずはユーザー数を増やすことを第一に考えたわけです。

クレジットカード会社にしてみれば、とにかくカードを持ってもらわなければビジネスにならないわけですから、年会費無料や入会特典などのサービスをつけて沢山の人に自社のクレジットカード利用者を増やそうという流れになっていきました。『ライフカード<年会費無料>』(年会費無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)の誕生月ポイント5倍などはその典型です。もちろん私たち消費者には嬉しいことです。

店舗が負担する加盟店手数料のおかげでクレジットカードが気軽に使える

私たちがクレジットカードを利用すればカード会社に利益が生まれるわけですが、その利益はカードを利用した私たちではなく、私たちが買い物をした店舗から手数料をもらうことで生まれてきます。

日本は依然として現金社会ですが、欧米などでは支払いをクレジットカードですませるのが普通です。いつも現金を持ち歩くリスクや、銀行から現金を引き出す面倒を避けられますし、支払い自体もとてもスムーズで便利だからです。

購買を促すそのシステムは私たち消費者だけでなく店舗にとっても都合のいいことであり、店舗側はそのシステムをクレジット会社に加盟店手数料を払って導入させているのです。

すべての店舗でクレジットカードが使えるわけではありません

加盟店手数量はおよそ5%前後を言われており、支払いをクレジットカードでされると店舗側はその都度売り上げの一部をクレジットカード会社に支払うことになります。現金で支払ってもらえれば売り上げの100%を店舗は受け取れるわけですから、クレジットカードでの会計は店舗にとっては損をすることになります。

そのため一部の店舗、たとえば個人経営の飲食店、特にランチタイムのみクレジットカードでの支払いができないといった場合もあるので、あらかじめ確認をすることが賢明でしょう。

リボ払いや分割払いにすると手数料がかかる

私たちが買い物の際にクレジットカードを利用しても、手数料は店舗が負担するわけですが、支払い方法を一括ではなく、リボ払いや分割払いにすると私たちもクレジットカード会社に手数料を払わなくてはいけません。

たとえば5万円の買い物を5回の分割払いにしたとします。単純に5ヶ月かけて毎月1万円づつ口座から引き落とされればいいかと言えばそうではありません。クレジットカード支払いを済まされた店舗には、売った代金の5万円は一度にクレジットカード会社から支払われます。

リボ払いや分割払の手数料は立て替えたお金の金利に当たります

つまり、私たちがカードで支払いを済ませた際に、クレジットカード会社に立て替えてもらっているのです。平たく言えば、私たちはお買い物でカード会社に借金をしていることになります。

借金には当然金利がつきます。ですからリボ払いや分割払いにした場合、カードを利用した人は金利手数料を支払わなければいけないのです。

翌月に全額払えば手数料がかからないリボルビング払い専用カードがあります

三井住友VISAカード「エブリプラス」券面金利というものは、借金が残っている間毎月支払わなければいけないものですから、分割回数が多ければ多いほど金利手数料を多くし払わなければいけないことになります。ですからカード利用者は、買い物の代金を毎月少しづつ払って出費の負担を抑えるか、なるべく少ない分割回数で金利手数料を抑えるかを選択する必要があるのです。

ただし、この金利を1回だけ待ってくれるリボルビング払い専用カードがあります。代表例が『三井住友VISAカード「エブリプラス」』(年会費無料/還元率1.5%:1,000円で3ポイント=15円相当)です。これならば翌月全額払いにすることで、手数料の支払いを回避できます。ただしポイント3倍にはリボ払い手数料を1円でも支払うという条件があるため、このクリアにはテクニックが要ります。詳しくはカード情報の記事で解説します。

「年会費無料」でも高還元!
ポイントで選ぶクレジットカード

年会費無料カードを利用してお得にクレジットカードのポイントを貯めよう!!

クレジットカードは支払いをスムーズに行えて便利ですが、それに輪をかけて魅力的なものにしているのは決済で貯まるクレジットカード・ポイントの存在です。

クレジットカードのポイントとは、利用した金額に応じてクレジットカード会社からもらえるもので、特定の加盟店で支払いの一部に充てられたり、ギフト券、電子マネー、マイルと交換できる、カード利用者にとってはいわばご褒美なのです。

年間費無料のクレジットカードでもこのポイントシステムは導入されているので、どうせ同じ金額を払うんだったら現金で払うよりカードで払ったほうがお得というものです。

年会費無料のクレジットカードでもポイントが貯められるのはなぜ?

なぜ現金の代わりにカードで支払うだけで、利用者にとってご褒美であるポイントが貯まるのか、クレジットカード会社は損をしていないのか?と思うかもしれませんが、クレジットカード会社には加盟店手数料の収入があるので、その手数料で得た収益の一部をポイントとしてカード利用者に還元できるのです。

顧客囲い込みと加盟店からの収入がカード会社の狙いです

楽天カードさらに流通系のクレジットカード会社は自社のショッピングモールに消費者を誘導するのにもポイントシステムを利用します。ヨドバシカメラなどのポイント制度がこの先駆けですね。この顧客獲得の流れの中で特定のショッピングサイトと関連した『楽天カード』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)なども誕生してきました。顧客囲い込みの一貫です。

カードを利用してくれる人を増やして加盟店からの手数料の収入を増やすために、ポイントや入会特典などのサービスに力を入れているのです。

ポイント還元率はカードの種類によって違う

クレジットカードを発行している会社は数多く存在し、同じ会社からも様々な種類のクレジットカードが発行されています。ポイントの還元率もカードによって違ってくるので、どうせだったらポイント還元率の良いカードを選びたいですよね?

一般的的にポイント還元率は0.5%であれば普通だと言われ、1%ともなると高還元カードの仲間入りです。つまり狙い目は「年会費無料」で「還元率1%」の高還元カードです。

高還元カードの基準は1.0%のポイント還元率!さらにキャンペーンも!

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)特に入会時にはさらに、一定期間の間ポイント還元率がアップしたり、あらかじめ数千円単位のポイントがもらえたりするので、クレジットカードを選ぶ際には入会特典にも注目するべきです。

この点では『Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)の右に出るカードは無いでしょう。もう1年以上、常に最大18,000ポイントを還元するキャンペーンを行ってくれています。

ポイントではなく値引きやキャッシュバックで還元してくれるカードもある

NICOS VIASO(ビアソ)カードポイントには使いやすさの問題もあります。そのため普段から使っている店舗で利用できるポイントが貯まるカードがお得と言われています。

この点では『NICOS VIASO(ビアソ)カード』(年会費無料/還元率0.5%:1,000円で5ポイント=25円相当をキャッシュバック)などが人気です。そもそもポイントではなく、請求額からポイント分を値引いてくれるからです。このオートキャッシュバックであればポイントの使い道にアレコレ悩む必要すらありません。

年会費無料でもサービス充実!
海外旅行保険や電子マネーもチェック!

クレジットカードのもう一つの魅力!「付帯サービス」って?

クレジットカードは単に、買い物の際に現金の代わりになるものではありません。クレジットカードには多かれ少なかれ、付帯サービスというものが付いています。

万が一クレジットカードが不正利用されても大丈夫!

代表的なものは「紛失・盗難補償」です。これは全てのクレジットカード必ず付いている付帯サービスです。もしクレジットカードを紛失、または盗難にあってしまい、カード保有者以外の人に不正に利用されてしまった場合、紛失届け日から一定期間をさかのぼって不正利用された金額をカード会社が負担するというとても頼もしいサービスなのです。

これがもし、現金を落としたり、盗まれた場合、無くした現金は手元には帰ってきませんよね?クレジットカードが、現金を持ち歩くよりも安全だと言われる理由はここにあるのです。

国内・海外旅行時の万が一の場面で役に立つ!

もうひとつクレジットカードの付帯サービスで代表的なものは「旅行保険」です。「海外旅行保険」と「国内旅行保険」の2種類があります。これは全てのクレジットカードについているものでは無く、カードによっては海外旅行時の保険のみを適用とし、国内旅行には保険をかけられないものもあります。

海外旅行時のトラブルをクレジットカード付帯の保険でカバー!国内旅行保険もあり!

イオンSuicaカードみなさんは海外旅行に行く際に何か保険に入ってから旅行に行きますか? 海外旅行には色々と不安がつきものです。盗難にあったり、事故に巻き込まれたり、そのせいで怪我をするなんてこともありえます。それが異国の地ともなればどう対処していいかさらに不安になるものです。

こういった不安を取り除くために保険会社にお金を払って海外旅行保険に入る人もいるわけですが、クレジットカードの付帯サービスの旅行保険でも、ある程度カバーができてしまうのです。

しかもこちらの『イオンSuicaカード』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント=1円相当)のように海外旅行保険だけでなく、「改札を入ってから出るまで」ワイドに補償する国内旅行保険が付帯するカードもあります。

年会費無料でも傷害・疾病治療費用や携行品損害を保障してくれるカードがある

エポスカードこの旅行保険で評判なのが『エポスカード』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)です。国際ブランドVisa限定ですが、Visa付きのエポスカードなら海外旅行傷害保険が自動付帯します。

海外旅行中に怪我をしてしまった際の治療費や、病気にかかってしまったとき、はたまた旅行中にデジカメを落として壊してしまった際にも保険がおります。これはクレジットカードによってその保証額は変わってきますが、無料のクレジットカードを複数枚持つことでかなり手厚く保険をかけることも可能となってきます。

クレジットカードを選ぶ際には、この付帯サービスにも注目するとよりクレジットカードを有効活用できるようになるでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP