ガソリンスタンドでお得な「ガソリン割引」が受けられるクレジットカードを選ぶなら、自分が一番利用する石油会社のガソリンカードを選びましょう。会員制のガソリンカードでお支払いをするとガソリン・軽油・灯油などの給油代から最大30円/Lもの割引きが受けられたり、お得なポイント還元率になったり、高速道路やサービスステーションの利用代金の一部がキャッシュバックされたりします。ガソリンカードはスペック以上の特典が満載なので利用するガソリンスタンドが決まっている方は石油元売り大手の会員制クレジットカードがおすすめです。

クレジットカード「ガソリンカード」ランキング

シェルPontaクレジットカード

昭和シェル石油のガソリンカード!給油もローソンも還元率2倍
クレジットカード「ガソリンカード」ランキング
VISAカード
  • Pontaポイントの還元率最高4%!昭和シェルの給油で還元率2倍のガソリンカード
  • 年会費無料のシェルポンタカード!クレジットカードの入会キャンペーンも手厚い!
  • 海外旅行傷害保険とショッピング保険が付帯!ポンタカードの家族カードも無料!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規ご入会キャンペーン!昭和シェル石油で給油すると最大Pontaポイント3,000ポイントプレゼント!

シェルスターレックスカードNICOS

ガソリン・軽油が最大8円値引き!ハイオク最大13円/ℓ値引き!
クレジットカード「ガソリンカード」ランキング
VISAカード
  • ハイオク最大13円/L、ガソリン・軽油が最大8円/ℓ値引き!更に+10円値引きも!
  • 初年度年会費無料!キャッシュバックとポイント還元が選べる!
  • 海外旅行傷害保険とショッピング保険が付帯!ガソリンが10円/L安くなる電気も!

出光カード

ガソリン代最大20円/L引きorポイント2%還元が選べる!
クレジットカード「ガソリンカード」ランキング
VISAカードマスターカードJCBカード
  • ね〜びコース:出光SSでガソリン・軽油が最大20円/ℓ値引き!
  • た〜まるコース:還元率最大2%!ボーナスポイントももらえる!
  • 初年度年会費無料!ロードサービスも選べる!コース変更もOK!

ENEOSエネオスカード(C・P・S)

エネオスSSで最大7円/ℓ値引き!JX日鉱日石のガソリンカード
クレジットカード「ガソリンカード」ランキング
VISAカードJCBカード
  • エネオスENEOSのガソリンカード!GS・SSでガソリン・軽油が最大7円/ℓ値引き!
  • カードの種類は特典別で3種類!還元率最大3%!貯めたポイントはキャッシュバック
  • 初年度年会費無料!24時間365日全国ロードサービス付き!ドライバーズ№1カード
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

WEB入会で入会翌月から3か月間、ガソリン・経由合計100Lまで4円/L割引き!

出光カード まいどプラス

年会費無料でガソリン代2円/L引き!ポイントも貯まる!
クレジットカード「ガソリンカード」ランキング
VISAカードマスターカードJCBカードアメリカンエクスプレス
  • 出光SSでガソリン・軽油が2円/ℓ値引き!年会費は永久無料!
  • ねびきプラスコースで最大8円値引きも可能!年会費+500円!
  • ポイント0.5%還元!西友・サニーでは特定日に5%割引きあり!

石油系クレジットカードとは?
ガソリン代が安くなるガソリンカード

ガソリンカードは各ガソリンスタンドの会員カードを兼ねたお得なクレジットカード!

ガソリン給油ガソリンカードとは、ガソリンスタンドを運営している「石油元売り企業」が発行しているお得なクレジットカードを指します。車の利用が多い方は、このお得なガソリンカードを発行して、最大限に特典を利用してみましょう。

大きな割引率があるものではサービスの組み合わせにより、なんと1リットルにつき10円以上も割引きになるカードも存在します。

石油系クレジットカードで割引きやお得なポイント還元が受けられる

ガソリンカードの存在を知らなかった人は、ぜひこのランキングを参考にしながら、発行を検討してみるのも良いかもしれませんね。

先ほどお伝えした「石油元売り企業」とは、ガソリンスタンドのブランドを指しています。この業界の大手5社は下記の通りです。

大手石油元売り企業とクレジットカード

各々の石油元売り企業が独自の会員機能付きクレジットカードを発行しています。一般カードとゴールドカード、さらに複数の種類のクレジットカードを発行している場合もあります。下記が代表例となります。

石油元売り大手のガソリンカード例
石油元売り大手のガソリンスタンド(GS)代表的なガソリンカード券面画像
JXホールディングス(ENEOS)JX日鉱日石ENEOSカードC(キャッシュバック)』(年会費1,250円+税※初年度無料/最大7円/L値引き)JX日鉱日石ENEOSカードC(キャッシュバック)
出光興産出光カード まいどプラス』(年会費無料/最大8円/L値引き)出光カード まいどプラス
コスモ石油コスモ ザ・カード・オーパス《イオン》』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント=1円相当)コスモ ザ・カード・オーパス《イオン》
昭和シェル石油シェルスターレックスカードNICOS』(年会費1,250円+税※初年度無料・次年度以降も条件付き無料/最大13円/L値引き)シェルスターレックスカードNICOS
東燃ゼネラル石油(エッソ・モービル・ゼネラル)シナジーJCBカード』(年会費無料/最大8円/L値引き)シナジーJCBカード

ちなみにJXホールディングスは「ENEOS」を運営していて、「ゼネラル」などのガソリンスタンドを経営している東燃ゼネラル石油と経営統合契約を結んでいます。いわばENEOSが現在の最大手のガソリンスタンドになります。

また、上記に挙げた石油元売り以外の企業で運営されているガソリンスタンドでも、クレジットカードが発行されています。ですから、どのガソリンスタンドのクレジットカードを選ぶかよりも、普段からどのガソリンスタンドをよく使うか、に焦点を置く方が利用頻度も高まりメリットも大きなものとなるでしょう。

ガソリンカードで受けられる割引きや特典は?

ガソリンスタンドガソリンカードで給油をすると、「1リットルに付き2円割引」など、ガソリン料金の割引が行われる付帯サービスがあります。例えば毎月100リットル給油する人は、年間で1,200リットルの利用となって仮に2円割引だとすれば、年間2,400円もお得になりますよ。また、中にはガソリン割引と同時にポイント付与される優れたカードもあります。

その他、ガソリンの給油量や高速道路利用金額によりキャッシュバックを行なっているカードや、カー用品の支払いに利用すると2%還元されるカードもあります。

Pontaクレジットカードやイオンカード提携のガソリンカードもあります

シェルPontaクレジットカードまた共通ポイントのPontaと提携した『シェルPontaクレジットカード』(年会費1,250円+税※初年度無料・次年度以降も条件付き無料/100円で1ポイント=1円相当+1リットルで2ポイント=2円相当)や、イオンなどの大手スーパーと提携していて普段のお買い物がお得になる『コスモ ザ・カード・オーパス《イオン》』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント=1円相当)など様々な店舗や様々なサービスと連携しているクレジットカードもあります。

純粋なガソリンカードでなくても提携クレジットカードはお得になります

NTTグループカードレギュラーたとえば『NTTグループカードレギュラー』(年会費実質無料/還元率0.4%~0.74%:1,000円で10ポイント=4円相当)を選べば、NTT通信費とガソリン給油でキャッシュバックなどの良い特典があります。

またJALマイレージクラブと提携しているエネオスはガソリン給油でお得にマイルが貯まります。代表例は『JAL普通カード(VISA)』(年会費2,000円+税/還元率0.5%:200円で1マイル)ですね。同じ還元率アップサービスはANAカードでもあります。このように様々なサービスの提携カードが多いことも、ガソリン系カードの特徴と言えるかもしれません。

現在ほとんどのガソリンカードは、入会キャンペーンとして、1リットルにつき10円割引などの大きなサービスを行なっています。ぜひこの機会にキャンペーンを利用して、ガソリンカードを最大限に活用してみてはいかがでしょうか。

ガソリンスタンド(GS)別で比較!
ガソリン代の割引き最強ガソリンカード

昭和シェル:シェルスターレックスカードNICOS!リッター最大13円還元

スターレックスカード

シェルスターレックスカードNICOS』は、昭和シェルユーザーにおすすめのクレジットカード。カード年会費は初年度無料、2年目以降は1,250円+税です。ただし、年間24万円以上の利用があれば翌年の年会費が無料になりますので、1ヶ月あたり2万円以上のカード利用があれば実質年会費無料で利用できます。

もちろん、年会費無料の目安となる1ヶ月2万円以上という利用額は、昭和シェル以外での利用でも構いません。光熱費やスマホの料金などを『シェルスターレックスカードNICOS』で支払うようにすれば、1ヶ月2万円以上という目安はすぐにクリアできます。

シェルスターレックスカードのメリット

シェルスターレックスカードNICOS』のメリットは、昭和シェルでガソリン代が最大13円/Lの割引が受けられるという点に絞られますが、WEB明細サービスへ登録すればリッターあたり1円が優遇されますので、その分も加わっての割引額になります。WEB明細サービスへ登録しなければ最大12円/Lの割引です。

ちなみに、リッターあたり最大13円引きとなるのはハイオクで、レギュラーガソリンの場合は最大でリッターあたり8円となります。ガソリン代の割引は、6か月間に『シェルスターレックスカードNICOS』でどのくらいのショッピング利用額があったかによって、毎年3月と9月に、1srar~5starの5段階評価で決定されます。細かい内訳は以下のとおりです。

6か月間の利用額 還元ランク 還元単価
60万円以上 5star
☆☆☆☆☆
ハイオク:12円/L
レギュラー:7円/L
※WEB明細サービスへ登録でそれぞれ+1円割引
42万円
~60万円未満
4star
☆☆☆☆
ハイオク:10円/L
レギュラー:5円/L
※WEB明細サービスへ登録でそれぞれ+1円割引
30万円
~42万円未満
3star
☆☆☆
ハイオク:8円/L
レギュラー:3円/L
※WEB明細サービスへ登録でそれぞれ+1円割引
12万円
~30万円未満
2star
☆☆
ハイオク:5円/L
レギュラー:2円/L
※WEB明細サービスへ登録でそれぞれ+1円割引
12万円未満 1star
ハイオク:3円/L
レギュラー:1円/L
※WEB明細サービスへ登録でそれぞれ+1円割引

例えば最高ランクの「5star」の条件では、半年で60万円以上の利用が必要です。1ヶ月10万円以上の利用ということになりますが、これはガソリン代だけでなく『シェルスターレックスカードNICOS』でショッピング利用した合計額ということになりますので、毎月の食費や光熱費、公共料金等の支払いも含まれます。少し厳しめの条件ではありますが、これをクリアできれば13円/L割引で給油することができます。

割引の適用には、給油量の上限が設けられています。最高は6か月間で150Lと決められており、150Lを超えたガソリン代は割引になりません。ただし、6か月間で+500円を支払えば、350Lへグレードアップすることもできます。

シェルスターレックスカードのデメリット

シェルスターレックスカードNICOS』にはポイントプログラムがありません。そのため、いくら使い込もうともポイントは貯まりませんので、他の共通ポイントへの移行やギフトカードへの交換も一切ありません。完全に昭和シェルのガソリン代割引だけに特化したクレジットカードです。

出光興産:出光カードまいどプラス!常時リッター2円引き!

idemitsumydoplus2x200

出光カードまいどプラス』は、出光のサービスステーションで給油すればガソリン代がいつでも2円/L引きになるお得なカード。灯油も1円/L引きで購入でき、『出光カードまいどプラス』自体の年会費は永年無料なので、維持コストもかからずお得です。さらに、「ねびきプラスサービス」へ申し込めば、最大で8円/L引きになります(別途年会費)。

出光カードまいどプラスのメリット

出光カードまいどプラス』は、出光のガソリン・軽油がいつでも2円/L引き、灯油も1円/L引きで利用できます。しかも、入会後の1ヶ月間は、ガソリンが5円/L引き、灯油も3円/L引きになります。

また、別途500円+税の年会費を支払えば、通常の値引き(2円/L)に加えてさらにガソリン代がお得になる「ねびきプラスサービス」を利用することもできます。「ねびきプラスサービス」は、毎月の『出光カードまいどプラス』利用額に応じてランクが決定されます。

月間利用額 ねびきプラスの値引額 通常の値引との値引額合計
8万円以上 6円/L 8円/L
7万円以上 5円/L 7円/L
6万円以上 4円/L 6円/L
5万円以上 3円/L 5円/L
4万円以上 2円/L 4円/L
3万円以上 1円/L 3円/L
3万円未満 0円/L 2円/L

値引が適用される上限の給油量も決められており、通常の値引は月間300Lまで、「ねびきプラス」は月間100Lまでとなります。

先述したように、「ねびきプラス」は『出光カードまいどプラス』の利用額に応じて毎月の値引額が決定しますが、ショッピング合計額なので、ガソリン代だけでなく日常のショッピングで利用した分も含まれます。

最高8円/Lの値引が適用されるためには、月間8万円以上の利用が必要ですが、こちらの場合もクリア基準としてはやや高めのハードルとなりますが、公共料金や携帯電話料金などの通信費等も『出光カードまいどプラス』に集約することで、クリアすることは十分に可能です。

また、別途年会費750円+税で、出光ロードサービスへも入会できます。出光ロードサービスの年会費については、ポイントプログラム「プラスポイント」850ポイントで相殺させることもできます。

出光カードまいどプラスのデメリット

出光カードまいどプラス』のデメリットは、ガソリン・軽油・灯油にはポイント付与がないという点。つまり、日常のショッピングなどでも利用するのであればポイントを貯めることができますが、ほぼガソリンの給油時だけしか利用しない場合には、一切ポイントが付きません。とはいうものの、通常のポイント還元率も0.5%なので、決してお得な還元率ではないという点もデメリットです。

ただし、完全にガソリン値引き専用のクレジットカードと割り切り、サブカードとして活用するなら十分に使い勝手の高いガソリンカードとなります。特に、出光のヘビーユーザーなら「ねびきプラス」に登録すれば値引率も効果的にアップします。

コスモ石油:コスモ・ザ・カード・オーパス!会員価格で3円/L値引き

cosmothecardopus

コスモ・ザ・カード・オーパス』は、全国のコスモサービスステーションでガソリン代がお得になるカードです。年会費も無料で、割引価格はリッターあたり2円~8円です。

コスモ・ザ・カード・オーパスのメリット

コスモ・ザ・カード・オーパス』は、入会特典として入会月のガソリン代を50リットル(最大500円)までキャッシュバックしてくれます。

また、『コスモ・ザ・カード・オーパス』は、イオンとコスモ石油の提携カードのため、イオンカードと共通の付帯特典も利用できます。

コスモ・ザ・カード・オーパス』のポイントプログラムも、イオンカードと同じときめきポイントです。イオンでの利用なら効率的にポイントを貯められるのでさらにお得です。

コスモ・ザ・カード・オーパスのデメリット

コスモ・ザ・カード・オーパス』のデメリットは3つあります。

1つめのポイント還元率に関しては、通常のイオンカードと同様で、イオンやイオングループ、優待店舗以外では還元率0.5%での利用となってしまいます。しかし、イオンカードの優待特典やイオンやイオングループ、それにコスモサービスステーションでガソリンカードとしての利用に特化すればかなりお得に活用できるカードです。

2つめのデメリットは、『コスモ・ザ・カード・オーパス』でも割引にならないコスモ石油の店舗があるという点。全国のコスモサービスステーションならほぼ問題ないのですが、コスモ石油とフランチャイズしているようなガソリンスタンドでは割引を受けられないこともあります。ただし、かなり少数ですので、大きなデメリットとは言えません。

そして3つめのデメリットですが、実は各コスモサービスステーションでは、店舗ごとに割引単価を決めています。そのため、サービスステーションによっては割引単価が2円のところもあれば、7円のところもあるなど、割引単価に幅があります。

ENEOS:ENEOSカードS!いつでもリッター2円引き!

eneoscards_200

ENEOSカードS』は、ENEOSのサービスステーションでいつでもガソリン代が2円/L引き、灯油なら1円/L引きで利用できるガソリンカードです。年会費は初年度無料で2年目以降は1,250円ですが、年1回の利用があれば翌年も無料になるので、実質年会費無料で利用できます。なお、ENEOSカードには3種類のカードがありそれぞれタイプが異なります。

ENEOSカードS』と同じようにガソリン代の割引を受けられる『ENEOSカードC』は、最大7円/L引きで値引を受けられますが、カード利用額に応じて値引額にも変化があるので利用額が少なければ1円/Lしか値引されない場合もありますし、ポイントプログラムもなく完全に給油に特化したクレジットカードです。日常のショッピングも含めて、「とにかくガソリン代を安くするためだけすべてを集約したい!」という人向けのカードです。

一方の『ENEOSカードS』はいわゆるスタンダードタイプ。カード利用額に関わらずいつでも2円/L引きですし、通常のショッピングでもポイントが貯まります。単にガソリンカードとしてお得に利用したいのであれば、『ENEOSカードS』をガソリン専用カードとして利用してしまうのもおすすめ。実質年会費無料なので、とりあえず持っておくだけでも便利です。日常のショッピングと合わせてメインカードとして使いたいというのであれば、『ENEOSカードC』も視野に検討しましょう。

ENEOSカードSのメリット

ENEOSカードS』のメリットは、ガソリン代がいつでも2円/L引きというだけでなく、ENEOSサービスステーションでカーメンテナンス商品を購入すると通常よりもポイント還元率がアップすること。通常のショッピングでは1,000円利用ごとに6ポイント(還元率0.6%)が貯まりますが、ENEOSでカーメンテ商品を購入すれば1,000円で20ポイント(還元率2.0%)が貯まります。

また、『ENEOSカードS』なら無料でロードサービスも付帯します。10kmまでレッカー代金無料で路上修理に関しても30分まで無料です。いざという時に備える意味でも心強い特典です。JAFへ加入していないなら、『ENEOSカードS』のようなロードサービスが無料付帯するカードがあると便利です。その他、オリックスレンタカーの割引や、カーコンビニ倶楽部5%OFFなどの特典もあります。

ENEOSカードSのデメリット

ENEOSカードS』は、他のエネオスカードよりもバランス性に優れているため、デメリットらしいデメリットは見当たりませんが、強いて挙げるなら通常のポイント還元率が低いところでしょう。

基本還元率が0.6%なのに対して、ENEOSでカーメンテ商品を購入すれば還元率は一気に2.0%へアップします。かなりの高還元率です。つまり、ショッピングで利用するにもENEOS一択ということになります。そういう意味で言えばガソリンカードとしての存在感は抜群です。

スリーダイヤ:三菱商事エネルギー・イオンカード!ポイント2倍!

aeoncard-mitsubishishojisekiyu117-200x127

三菱商事エネルギー・イオンカード』は、三菱商事エネルギーとイオンカードとの提携カード。スリーダイヤのサービスステーションで利用すれば、ポイント還元率がいつでも2倍(還元率1.0%)になります。

また、イオンカードとの提携カードですから、イオンやイオングループで利用すればポイントはいつでも2倍、お客様感謝デーなら5%OFF、毎月10日はイオングループでなくてもポイント2倍など、お得なイオンの特典も利用できます。

三菱商事エネルギー・イオンカードのメリット

三菱商事エネルギー・イオンカード』は、通常のイオンカードにスリーダイヤでもポイントが2倍になる機能が搭載されていること。スリーダイヤのサービスステーションは全国的にも数が少ないガソリンスタンドなので、ガソリンカードとしては結構レアなのです。

三菱商事エネルギー・イオンカードのデメリット

上述したように、スリーダイヤのサービスステーションは全国で200店舗にも満たない、比較的少数派のガソリンスタンドですので、『三菱商事エネルギー・イオンカード』をガソリンカードとして使える幅が狭いというデメリットがあります。

また、ときめきポイントも通常の還元率は0.5%ですので、日常のショッピングで利用するならイオンかイオングループ、それにイオンカード加盟の優待店舗しかありません。持つならメインカードよりも、やはりスリーダイヤのサービスステーションとイオンで利用するためのサブカードとして持つのがおすすめです。

ガソリンカードの選び方
利用するGS・SSでクレジットカードを選ぶ

ガソリンスタンドで割引率の高いクレジットカードで、ガソリンカードを選ぶ!

提携カードの付帯サービスから選ぶのも良いですが、ガソリンカードらしく、ガソリンの割引をメインに選んでみましょう。もちろん給油の利用が多い人ほど、割引額が大きくなります。車でよく長距離を走る人などは、年間で5,000円や10,000円という高額な割引も可能になります。このような方は、ガソリン割引率の高いクレジットカードの発行を狙ってみるべきですね。

ガソリン割引きで選ぶならシェルスターレックスカード!最大13円引き

シェルスターレックスカードNICOS代表例は『シェルスターレックスカードNICOS』(年会費1,250円+税※初年度無料・次年度以降も条件付き無料/最大13円/L値引き)です。ガソリンの給油1リットルにつき、最大13円もの割引きになります。

また、普段の支払いにメインのカードを利用し、サブとして給油用にガソリンカードを利用してうまく割引を利用することも可能です。複数枚のクレジットカードを所有し、それぞれのシーンでお得に利用している方も実は多いんです。

マイルがお得に貯まるクレジットカードで、ガソリンカードを選ぶ!

飛行機マイルを貯められる航空会社との提携クレジットカードを選べば、ガソリン給油の割引は受けられませんが、マイルをザクザク貯められます。基本的にガソリン給油時のサービスは、「ガソリン割引を取るか」「ポイントを貯めるか」「マイルを貯めるか」のどれか1つになります。

もしマイルを貯めるのなら、ANAマイレージクラブ機能付きのカードがおすすめです。ANAマイレージクラブは「ENEOS」「出光」と提携しているので給油でマイルを貯められます。

エネオス、出光でANAマイルがお得に貯まるクレジットカードがある!

ANA VISA/Master一般カード代表例は『ANA VISA/Master一般カード』(初年度無料、年会費2,000円+税/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5マイル)です。

ENEOSでカードを利用すると、100円ごとに1マイルが貯まります。ガソリンの利用金額が毎月10,000円ある場合、毎年1,200マイルも付与されますね。ANAでは10,000マイル以上貯まれば国内往復航空券と引き換えできるので、うまくマイルを貯めていけば必ず年に1回は国内旅行の移動費を無料にできます。普段のお買い物や光熱費などと組み合わせて、上手にやりくりして大量のマイルをゲットしましょう。

最寄りのガソリンスタンドのクレジットカードで、ガソリンカードを選ぶ!

やはり最も良いガソリンカードの選び方は、最寄りにある一番良く使うガソリンスタンドのクレジットカードでしょう。日頃から利用しているガソリンスタンドのカードを取得し、使い出してみると毎回100円程度の節約に繋がるので、利用後すぐにメリットの大きさを実感できるはずです。利用が多いとそれだけ多くのサービスが受けられるので、利用する頻度が高いスタンドのカードもおすすめですよ。

割引率が良くても、遠いガソリンスタンドでは損になる!?

割引率の高いクレジットカードが見つかっても、ご自宅からそのガソリンスタンドまでの距離が遠すぎると、往復のガソリン代で結局損してしまう場合もあります。

割引率やマイル還元で選ぶ時は、希望するガソリンスタンドが最寄りにあるかどうかしっかりと調べておかなければなりません。割引率の高さにだけ意識が向いてしまって損しないように、しっかりとカードを選び抜きましょう。

ガソリンカードに付帯するクレジットカード特典で選ぶ

家族で乗車石油元売り企業が直接発行するカード(=プロパーカード)の中には、海外旅行保険が付帯されているカードもあります。年会費の安いガソリンカードはゴールドカードのように高額な補償額は付いていませんが、格安でも最大2,000万円程度の補償額が付与されているカードがあります。これだけの十分な金額の補償があれば安心して海外旅行にも行けますよね。

ガソリンカードには年会費が安いクレジットカードが多く発行もお手軽!

このページにランクインしているガソリンカードは、年会費も安くお手軽なものばかりです。年会費が安い分、もちろんクレジトカード審査の基準も甘くて比較的簡単に発行が可能なんです。

ガソリンカードの審査基準の概要
年齢 20歳〜
年収 150万円前後でも十分に発行が狙える
職業 アルバイト、フリーターでも安定した収入があれば発行できる
クレジットヒストリー ※十分に注意しましょう

おおよそ、上記のような甘い審査基準となっています。フリーターやパート主婦の方でも十分に発行が狙えます。ただし、クレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれる「信用情報」にだけは要注意です。

審査基準が低めのクレジットカードもガソリンカードには多いです

クレヒスとは、過去のクレジットカード利用履歴や、キャッシング履歴が残されている記録となります。もし過去に支払の「滞納」などがあれば、クレヒスに傷跡が残ってしまいクレジトカード審査時に悪い評価を与えてしまいます。この支払履歴は直近2年間の記録となるので、支払いトラブルに記憶のある方は、トラブルを起こした月から最低2年は経ってから、クレジットカードの申請を行う方が得策です。

このように、クレジットカードの利用履歴だけは十分に気をつけましょう。例え年収が1,000万円以上あったとしても、クレヒス履歴が悪ければ、審査基準の甘いカードも審査可決は難しくなるでしょう。

このページで紹介しているクレジットカードは、比較的容易に発行できて、ガソリン給油時にとってもお得になるものばかりです。ぜひ記事を参考にしながら、ご自身にピッタリ合う最高のガソリンカードの取得に向けて、比較検討してみてくださいね。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP