通常、一般人が入手できるステータスカードの最上位はプラチナカードです。さらにその上のブラックカードともなるとほぼ入手は不可能。そのステータスゆえ、年会費も高額ですし、審査基準のハードルも高すぎて、企業経営者やIT企業の役員、大企業の重役クラスでもない限り、取得は現実的ではありません。しかしプラチナカードであれば十分入手は可能。インビテーション制ではなく申し込み制のものもあります。以前であればプラチナカードの取得にはインビテーションが必須でしたが、近年では申込制で入会可能なプラチナカード、さらにブラックカードも出てきました。私たちがリアルな選択肢として選べるステータスカードとして、プラチナカード、ブラックカードの実力を比較、検証しました。

クレジットカード プラチナカードランキング

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

品が違う!格が違う!破格のVISAプラチナカード
クレジットカード プラチナカードランキング
VISAカード
  • 全世界で活躍する真のプラチナカード!申請で取得可能!
  • 24時間365日のコンシェルジュサービス!1.6%の高還元率!
  • 国内/海外旅行保険は家族特約付き!プライオリティパスも付帯
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

オンライン新規入会キャンペーン!新規ご入会&ご利用条件クリアで最大57,000ポイントプレゼント!さらに今なら最大2,000円キャッシュバック!

ダイナースクラブカード

真のステータスカード!アメックスを凌ぐ品格とサービス
クレジットカード プラチナカードランキング
ダイナースクラブ
  • 選ばれた会員のみが持てる!アメリカン・エキスプレス・カード以上のVIPブランド!
  • 会員特権で有名レストランのコース料理が半額!フィットネスジムの会費が38%OFF
  • 世界800ヶ所の空港ラウンジが無料!旅行保険は1億円!ポイントはマイルに!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

ダイナースクラブカード新規入会キャンペーン!もれなくもらえる!最大60,000ポイント!

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

格安アメックスプラチナ!プライオリティパス&旅行保険1億円
クレジットカード プラチナカードランキング
アメリカンエクスプレス
  • 三菱UFJニコスカード最高位!アメックスのプラチナカードが破格の2万円!
  • プライオリティ・パス!国内外900箇所以上の空港ラウンジが無料
  • 最高1億円の国内旅行保険と海外旅行保険が自動付帯!家族特約付き!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

「ご入会サンクスプレゼント」キャンペーン!新規入会と利用条件クリアで合計最大2,000ポイント(10,000円相当)がもらえるチャンス!

JCBプラチナカード【JCB ORIGINAL SERIES】

申込み制のJCBプラチナ!コンシェルジュにプライオリティパス
クレジットカード プラチナカードランキング
JCBカード
  • 申込みで持てるJCBカードのプラチナカード!JCBザ・クラスに次ぐステータスカード
  • 24時間365日対応のコンシェルジュデスク!ディナー1名無料のグルメ・ベネフィット
  • 最高1億円の海外・国内旅行保険!海外空港ラウンジ無料の「プライオリティ・パス」
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規入会キャンペーン!ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大13,000円分プレゼント! スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイントが10倍貯まる!

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンアメックスの法人プラチナカード!社会人も審査に通る
クレジットカード プラチナカードランキング
アメリカンエクスプレス
  • 法人以外もOK!社会人なら誰でも申し込み可能なビジネス・プラチナカード!
  • 年会費は格安の2万円+税!破格値で持てるアメリカン・エキスプレス・プラチナ
  • 旅行保険が最高1億円!プライオリティ・パスで世界900以上の空港ラウンジが無料!
入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規ご入会キャンペーン!新規ご入会&ご利用条件クリアで永久不滅ポイント800ポイント(4,000円相当)プレゼント!

プラチナカードってどんなカード?
選ばれた会員のみが持てるステータスカード

プラチナカードは招待制のステータスカード!優良会員にインビテーションが届く

一般的に、ステータスカードの象徴として語られるのがゴールドカード。ゴールドカードという言葉は、おそらくクレジットカードに興味関心のない人でも一度は見聞きしたことがあるほどメジャーですよね?

しかし、そんな誰もが知るステータスカードの象徴であるゴールドカードよりもさらに上位のプラチナカード、そのまたさらに上位のブラックカードともなると、クレジットカードにそこそこ興味がある人でなければ見聞きする機会も少ないでしょう。

なぜなら、クレジットカードの最高ステータスとも呼べるプラチナカードやブラックカードのほとんどがインビテーション制――つまり、クレジットカード会社から招待を受けなければ入会することができないからです。

クレジットカード最高峰のステータスカード!申込制プラチナカードも登場

SuMi TRUST CLUB プラチナカードの券面画像通常、一般人が所持することのできるステータスカードの最上位はプラチナカードです。「プラチナ・カード」は1993年にアメリカンエキスプレスカードが日本で初めて発行したステータスカード。以降、他社の追随により、数多くの「プラチナカード」が発行されてきました。しかしその位置づけはゴールドカードを凌ぐクレジットカード最高峰であることに変わりはありません。ブラックカードというものもありますが、こちらは少し特殊すぎます。ステータスカード最高峰としてのプレミアム性は変わりません。

しかも最近はクレジットカード会社のプラチナカードに対する戦略も変わり、インビテーション制ではなく申込制のプラチナカードが増えてきています。ゴールドカード以上の特典とサービスを提供するプレミアムカードとして位置づけられているのです。私たち一般消費者の選択肢も幅が広がってきています。

敢えてプラチナカードクラスのクレジットカードを選ぶ

ダイナースクラブカード券面1%以上の高いポイント還元率を誇る年会費無料カードが溢れる中で、なぜ敢えて高い年会費を払って、還元率も普通のプラチナカードを選ぶのでしょうか? それはポイント還元率や年会費などのコスト以上のメリットが、プラチナカードにはあるからです。これはゴールドカードを選ぶときも同じ。ゴールドカードでは満足できない方、プラチナカードならではの特典やサービスが必要な方が、当然の経費としてコストを払って、プラチナカードに入会しているのです。

プラチナカードクラスのクレジットカードがダイナースクラブカードとアメックスカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード券面もともと日本ではプラチナカードと名告っていないけれども、プラチナカードクラスのクレジットカードとして、『ダイナースクラブカード』と『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』が位置づけられてきました。ダイナースクラブカードとアメックスゴールドは申込み制のプラチナカードと言っても良いでしょう。ダイナースクラブもアメックスもこれ以上のクラスはすべて招待制だからです。

基本カードでありながらダイナースクラブカードは年会費20,000円台、アメックスグリーンもゴールドカードクラスの年会費10,000円台なので、アメックスゴールドがプラチナカードクラスというのも肯けます。

プラチナカードの魅力を再チェック
ハイステータスカードゆえのメリット

最高峰の特典やサービスが受けられるプラチナカードやブラックカードを持つ方法とは?

プラチナカードは高嶺の花!でもインビテーション無しで持てるものもある

プラチナカードというと、そのステータスゆえに手の届かない富裕層向けのカードというイメージがあるかもしれませんが、それはひと昔のもの。現在ではクレジットカードを取り巻く環境も大きく変化してきており、「ステータスカードを所持できるのは富裕層だけ」という時代ではなくなってきています。格安ゴールドカードや若者向けゴールドカードの登場も、そうしたクレジットカードを取り巻く環境が変化していることの現れです。

プラチナカードにしても、年会費2万円~3万円程度で持つことができるものもありますし、何よりインビテーション不要で申込めるプラチナカードもあります。ひと昔前に比べたら、明らかに申込みしやすい環境が整ってきており、今やプラチナカードも決して高嶺の花ではなくなってきているのです。

ブラックカードは完全インビテーション!なかなか持つのは難しい!

一方のブラックカードというと、こちらはやはりなかなか一般の人が持つには少々ハードルが高めです。何より、完全インビテーションでしか入会することができませんし、インビテーションを受けるための条件や入会後の年会費ということを考えると、一般の人がブラックカードを使いこなすのはちょっと難しいでしょう。

ただし、例えばJCBの『JCBプラチナ』ならインビテーション不要で申し込めるほか、ブラックカードの『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』も年会費が5万円ですので、選ぶカード会社によってはブラックカードまでたどり着ける可能性はあります。ブラックカードへのインビテーションを受けるための条件をクリアする必要はありますが、せっかくプラチナカードまで持つならブラックカードまで射程に入れた利用方法を考えてみるのもおすすめです。

ハイステータスゆえの高い年会費!払ってでも手に入れたい多彩な特典

ゴールドカードであれば、今や1万円以下の年会費で持てる格安ゴールドカードも登場し、一般的な収入を得ていれば気軽に入会できてしまうものもあります。簡単にステータスカードを持つことができる時代ではありますが、逆にゴールドカードとしての存在感が薄まってしまうという皮肉な結果にもなっています。

しかし、プラチナカードやブラックカードともなると年会費も一般カードやゴールドカードの比ではありません。――と、言いたいところですが、実は年会費がお手頃なプラチナカードも増えています。もちろん、1万円以下という格安な年会費で持てるほど甘くはありませんが、それでも2万円程度の年会費から持つことがでるプラチナカードも登場してきています。

ステータスカードの年会費を無理矢理平均的な相場でくくるとすれば、プラチナカードで5万円程度、ブラックカードなら10万円以上というのが目安です。これらステータスカードの年会費が高いか安いかは個人の価値観によります。

ブラックカードのステータスもチェック!すべてインビテーション制です

ちなみに主なブラックカードの年会費は次のとおりです。尚、代表的なプラチナカードについては後ほど詳述します。

主なブラックカードの年会費
ブラックカード名 年会費 入会条件
Centurion Card from American Express 券面画像
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
350,000円+税 インビテーション
※年収1,000万円以上程度は必須
ダイナースクラブプレミアム券面画像
ダイナースクラブ プレミアムカード
130,000円+税 インビテーション
※ダイナースクラブカードを所持し、とにかく使いまくることが大前提
スルガ VISA インフィニットカードの券面画像
スルガ VISA インフィニットカード
120,000円+税 インビテーション
※VISAの最上位カードで、スルガ銀行の上層顧客にならなければ招待されない
JCBザクラス
JCB THE CLASS(ザ・クラス)
50,000円+税 インビテーション
※年収1,000万円以上が目安
※40歳以上かつ勤続10年以上の役職クラス
※JCBカードの入会から3年以上経過
※年間利用額100万円以上を2年以上継続
楽天ブラックカードの券面画像
楽天ブラックカード
30,000円+税 原則インビテーション(申込みも可)
※楽天グループの上層顧客にならないと審査通過は難しい
※実質的にプラチナカードクラスと言われている

『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』や『楽天ブラックカード』などは、他のブラックカードに比べて年会費が低めに感じますが、審査基準は非常に高いです。と、いうよりも、インビテーションでしか入会できないので、最初から相応の入会資格を有している人にしか発行されません。

ブラックカードやプラチナカードは持つ意味を分かっているからこそ高い年会費も納得できる!

とはいうものの、その年会費を高いと感じる人はまず申込むようなことはしないでしょう。プラチナカードやブラックカードに興味関心があるということは、数万円~数十万円という年会費を払ってでも持つ意味があるということを分かっているからこそです。

その「意味」とは、やはりステータスカードでしか付帯しない多彩な特典です。その特典を利用できるのはプラチナカードやブラックカードを所持する限られた人だけですし、その特典をフルに活用できれば年会費以上のベネフィットがあることを分かっているからこそ、ステータスカードの魅力に惹き込まれるわけですね。

プラチナカードを持つなら特典の活用は必須!高い年会費はその経費

「クレジットカードに何万も十何万も出費するなんて理解できない!」と、そんな風に考える人も多いかもしれません。でも、プラチナカードやブラックカードに魅力を感じている人はそんな風には考えません。

なぜなら、プラチナカードやブラックカードに魅力を感じている人は、高額な年会費はその特別な特典に対する対価として捉えているからです。「特別な特典を、年間たった数万円~十数万円で利用できるのだから非常にお得だ!」という発想なのです。「時間やサービスを買っていると思えば安い!」んですね。ものは考えようと言いますが、そこに価値を見出せるからこそプラチナカードやブラックカードの魅力に惹かれるというわけなのです。

プラチナカードのサービス
活用すべき特典とメリットが凄い

プラチナカードに付帯する最上級クラスのサービスを紹介

プラチナカードには高額の年会費に見合う高い付加価値付帯サービスがついています。ダイナースクラブカードとSuMi TRUST CLUB プラチナカードなどの特典をベースにプラチナカードならではのサービスを挙げていきます。

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険

最高1億円の傷害死亡・後遺障害保険金をはじめ、充実の補償が海外旅行をより安心なものとします。自動付帯分は最高5,000万円、利用条件分も最高5,000万円、合わせて1億円というパターンが多いようです。また傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品損害、救援者費用などもすべて自動付帯というのが多くあります。

逆に利用付帯である代わりに家族特約対象者もカバー、最高1億円の国内・海外旅行傷害保険に、最高500万円の傷害・疾病治療費用補償、国内での入院、手術代も負担するものもあります。どちらもゴールドカードクラスではあり得ない補償と言えます。

プラチナカードクラスの海外旅行保険例
カード名 補償内容
傷害死亡・後遺障害 傷害・疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用
ダイナースクラブカード券面
ダイナースクラブカード
最高1億円
※下記1.と2.の合算額
1.自動付帯分
...最高5,000万円
2.利用条件分
...最高5,000万円
300万円
(自動付帯)
1億円
(自動付帯)
50万円
(自動付帯)
300万円
(自動付帯)
SuMi TRUST CLUB プラチナカードの券面画像
SuMi TRUST CLUB プラチナカード
最高1億円
(利用付帯)
500万円
(利用付帯)
5,000万円
(利用付帯)
100万円
(利用付帯)
500万円
(利用付帯)
MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面
MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
最高1億円
※下記1.と2.の合算額
1.自動付帯分
...最高5,000万円
2.利用条件分
...最高5,000万円
200万円
(自動付帯)
3,000万円
(自動付帯)
50万円
(自動付帯)
200万円
(自動付帯)

プライオリティ・パスやVIP空港ラウンジを無料で利用出来る

プライオリティパスゴールドカードで利用できる空港ラウンジ(ゴールドカードラウンジ)は、いまや多くのゴールドカード利用者であふれかえっています。そんな中、さらに上のクラスのVIPラウンジを提供してくれるのがプラチナカード。基本となるのが、世界最大の空港ラウンジ・プログラム「プライオリティ・パス」です。搭乗の航空会社やクラスにかかわらず、世界130ヵ国1,000ヵ所以上の空港VIPラウンジが利用可能となります。利用回数の制限もなく、出発前の時間をゆったりと寛いで待つことができます。

ダイナースクラブカードは独自ネットワークのVIPラウンジサービスも提供している

ダイナースクラブカードの空港ラウンジイメージもう1つがダイナースクラブカード独自の空港ラウンジネットワーク。全世界800ヶ所以上の空港ラウンジをダイナースクラブカード1枚で利用できます。もちろん利用料は無料。プライオリティ・パスでは利用できないVIPラウンジを国内でも用意しているのが特徴です。

地域によっては、通常ビジネスクラス以上の航空券や、上級ステータスをお持ちの方しかご利用いただけない航空会社のラウンジも利用可能というのが、プラチナカードクラスの実力です。

航空便遅延費用保険

航空便遅延費用保険とは、航空機の遅延や欠航、手荷物の配達遅延・紛失などにより負担した会員の費用を、一定額、補償してくれる保険です。海外旅行では自動付帯、国内旅行では利用付帯などの条件が付きますが、LCC(格安航空会社)などのトラブルにも対応。台風や大雪、強風など自然現象による遅延の恐れもあるので、飛行機で旅する人には安心です。

航空便遅延費用保険の例
担保項目 保険金額
海外旅行の場合 国内旅行の場合
乗継遅延費用
(1回の遅延の限度額)
2万円 2万円(利用付帯)
出航遅延・欠航・搭乗不能費用
(1回の遅延の限度額)
2万円 2万円(利用付帯)
手荷物遅延費用
(1回の遅延の限度額)
2万円 2万円(利用付帯)
手荷物紛失費用
(1回の遅延の限度額)
4万円 4万円(利用付帯)

レストラン優待&1名無料のダイニングサービス

ウェスティンホテル東京 日本料理「舞」 ダイナースクラブカードで始まったレストランおすすめのコース料理が1名様分無料となる優待グルメサービスは、いまや多くのプラチナカードで提供されています。たとえば『SuMi TRUST CLUB プラチナカード』では、「SuMi TRUST CLUBダイニングセレクション」という名前で提供。対象レストランで所定のコースメニューを2名様以上でご予約いただくと、1名様分のコース料理が無料になります。プライベートでのご会食、ビジネスでの接待に、大切な方と素敵な時間をお過ごしください。

プラチナ会員とプレミアムレストラン。どちらも幸せになるグルメサービス

ダイナースクラブカードのごひいき予約ダイナースクラブカードではさらにすすんで「ごひいき予約」というサービスを展開。予約の取りづらい有名店を含む優良飲食店で生じたキャンセル席をダイナースクラブが買い取り、会員様へ即時公開をするサービスを提供しています。価格的なメリットだけで無く、大切な機会を提供する姿勢が、新しいプラチナサービスとして定着してきています。

プラチナカードのコンシェルジュサービス

コンシェルジュゴールドカードまではゴールドデスクと呼ばれていますが、プラチナカードからはプラチナ専用デスクを「コンシェルジュ」と呼び始めます。航空券の手配やオペラチケットの予約、海外旅行も含めて旅先でのレストランの紹介など、プラチナカード会員の要望にコンシェルジュのように丁寧に応えていただけます。

コンシェルジュには国際ブランド(VISA、マスターカード、アメックスなど)によるものと、ラグジュアリーカードのようにカード会社独自のサービスとがありますが、どちらも国内・海外でのレストラン予約から、海外のミュージカル等のチケット手配、緊急時の支援まで、 最上級のホスピタリティを提供してくれます。たとえば『MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』が提供している「プラチナ・コンシェルジュサービス」は下記の通りです。

プラチナカードの選び方
豪華な特典で真骨頂を味わおう

自分が申し込むべきプラチナカードとは?プラチナカードの選び方と活用方法

招待制で確実な入会を狙うか?申込んで審査を受けるか?まずは入会方法を考えて選ぶ

プラチナカードの入会方法には、インビテーションと申込みの2種類があります。このうち、確実に入会できる方法を選ぶならインビテーションでしょう。カード会社の方から招待してくれるので、審査の通過率もかなり高めです。インビテーションを受けるには、とにかくゴールドカードを使いまくることも大事です。何もせずインビテーションが送られてくることはありませんので、その点は注意しましょう。

申込み制のプラチナカードを狙うのであれば、いきなり申込んでも審査通過は望めませんので、こちらもまずはゴールドカードで相応の利用を心掛ける必要があります。目安として、年間200万円以上の利用を2年以上継続しているのが望ましいです。そのくらいの利用ができていれば、審査上不利に働くことはありません。こちらから申込む前にインビテーションが届く可能性もあります。

年会費で選ぶ!高額な年会費が特徴のプラチナカードでも条件次第で割引されるカードもある

とかく、年会費が高額なイメージのあるプラチナカードですが、これまでお話してきたように、2万円台で持てるプラチナカードもありますし、利用条件次第で年会費が優遇されるプラチナカードも有ります。『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』のように、年間利用額に応じて翌年の年会費が半額になるものもありますし、『三井住友プラチナカード』ならWeb明細利用で1,000円OFFになります。

とはいうものの、『三井住友プラチナカード』は年会費が5万円ですので、1,000円割引になったところでお得感がありません。年会費の高いのが当たり前のプラチナカードですが、それでもできるだけオトクな年会費で利用したいなら、実質1万円で利用できる『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』を選ぶか、『Orico Card THE PLATINUM』や『JCBプラチナ』といった年会費2万円程度で利用できるプラチナカードを選ぶのがおすすめです。

お得度で選ぶ!プラチナカードはポイント還元よりも特典を重視!その理由とは?

通常、クレジットカードを選ぶポイントとして重視されるのがお得度です。そして、そのお得度を測るために重視されるのがポイント還元率です。しかし、プラチナカードほどのステータスカードともなると、ポイント還元率というのはそれほど大きな地位を占めません。プラチナカード以上のステータスカードでは、ポイント還元率よりもどれだけの特典が付帯しているのか? という点がお得度を測るポイントになります。

その理由は非常に単純です。プラチナカードに付帯するレアな特典を利用できるのは、当然ながらプラチナカードを所持している人でなければならないのですから、これほどの優越感はありません。プラチナカードの真骨頂は、その多彩な特典によってもたらされるべフィットなのです。これこそが、プラチナカードのステータスを支える根幹でもあるわけですね。ポイント還元率がどうだとか、そんな小さなことはどうでもよくなってしまうほど、魅力的な会員限定特典が多彩です。ポイントで年会費の元を取るのではなく、特典で年会費の元を取るのがプラチナカードなのです。

利用シーンで選ぶ!旅行やデート、ビジネスまで!プラチナカードなら快適な時間を約束してくれる

豊富な付帯特典を誇るプラチナカードなら、様々な利用シーンに応じて選ぶことも容易です。旅行はもちろん、デートやビジネスなどあらゆるシーンを通じて快適な時間を約束してくれる満足度の高い優待特典を利用できます。

一般カードやゴールドカードより高額な年会費も、贅沢なサービスを買っていると思えば逆に安く感じてしまうこともできます。決してお金では買うことのできない特別な特典だけに、それを使いこなしてこそ価値が生まれるわけですね。どのようなシーンで活用したいのか、申込み前にしっかりと吟味してみましょう。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP