クレジットカードのポイントと還元率

クレジットカードを利用するとポイントが貯まります。効率的にポイントを貯めるには、食事代やショッピング代、携帯料金や公共料金などクレジットカードで支払えるものはなるべくカード払いにすること。貯めたポイントでさまざまな特典が得られます。実質還元率の高い高還元率カードを選ぶポイントについても解説します。

財布とポイントが貯まるクレジットカード

ポイント還元率はお得なクレジットカード選びの基本

クレジットカードはスマートにお支払いできるだけでなく、様々なメリットがあります。その一つとして挙げられるのが独自のポイントシステムが用意されている点です。ご利用額に応じてポイントが付与される特典を用意しているクレジットカードがたくさん存在しています。貯まったポイントは現金と同じように使用するか、商品と交換することができます。上手にクレジットカードを使いこなしている人は、どんどんポイントを貯めてお得に活用しています。

実は、クレジットカードによってポイント還元率が異なるため、効率良くポイントを貯めるには、ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶのが基本です。

ポイント高還元率カードの選び方

クレジットカードによってポイントサービスの内容は全く違います。特にポイント還元を重視している場合は、以下のような特徴があります。積極的にポイントサービスを活用したいと考えている方は、これらの条件を満たしているクレジットカードを優先的に選ぶと良いでしょう。

ポイント還元率1.0%以上のクレジットカードを選ぼう

まず確認していただきたいのが、【ポイント還元率】です。ご利用額に応じてどのくらいの割合でポイントとして還元しているか確認することで、ポイントを貯めやすいクレジットカードなのか判断できます。

色々な種類のクレジットカードを比較してみると、最も多いポイント還元率は0.5%です。例えば1万円のお買い物をした際には50ポイントが還元されることになります。ポイント還元率が0.5%を下回るクレジットカードはほとんどないので、ポイント還元としては当たり前のような基準だと覚えておくと良いでしょう。

ポイント還元を重視しているクレジットカードの中には、0.5%以上の還元率を誇るものが存在しています。高還元率にするためにはいくつかの条件をクリアしなければいけませんが、最低でも1.0%のポイント還元率に設定しているクレジットカードがあります。条件を満たせば1.5%以上のポイントが還元される場合もあります。

仮に1万円のお買い物をした場合、0.5%と1.0%の差は50ポイントなので、そんなに大きな違いがないのでは?と思われるかもしれません。しかし、上手にポイントを貯めるために普段のお買い物だけでなく、公共料金などの支払いも全てクレジットカードにすると大きな差が生じます。例えば毎月10万円をクレジットカードで支払った場合、0.5%と1.0%では500ポイント、年間では6,000ポイントも差が生じることになります。

たった0.5%の違いと感じるかもしれませんが、実は大きな違いになるのです。積極的にポイントサービスを活用したいと考えているなら、ポイント還元率が最低でも1.0%以上のクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

ポイント交換率は1ポイント1円相当のものを

ポイントの還元率だけでなく、交換率もしっかり確認しなければいけません。ポイントを商品に交換する場合はあまり関係ありませんが、購入代金の値引きなど還元されたポイントを現金と同じような使い方をしたいと考えている方は、必ず交換率の確認をしてください。 クレジットカードの中には1ポイントあたり0.8円など、1円を切る交換率が存在しています。1万ポイント貯めた場合、0.8円の場合は8千円相当しかありませんが、1円の場合は1万円相当になります。せっかくポイント還元率が高くても、交換率が1ポイント1円を切る場合は好ましくありません。交換率は1ポイントあたり1円相当が基本だと考えてください。ポイント還元率と合わせて交換率もしっかり確認することも覚えておきましょう。

ポイントの利用方法~ポイントを電子マネーに交換できるカードも

貯めたポイントを有効活用する方法としておすすめなのが、電子マネーに交換することです。電子マネーとクレジットカードの組み合わせはかなり相性が良く、ポイント交換以外にもお得な活用法があります。
クレジットカードのポイントを電子マネーへ交換

まずはクレジットカードで貯めたポイントを電子マネーに交換する方法です。ポイントの交換先として複数の電子マネーに対応している場合があります。いつも利用している電子マネーが対応している場合は積極的にポイントを貯めて交換し、電子マネーにチャージしておきましょう。

電子マネーへのチャージをクレジットカード払いにする

電子マネーにチャージする場合は現金でも構いませんが、クレジットカードを使うとクレジットカード利用額に応じたポイントが付与されます。貯めたポイントを電子マネーへのチャージ分として交換できるので、現金でチャージするよりもずっとお得なのです。

電子マネーのポイントも貯まる

電子マネーにも独自にポイントが付与されるサービスが用意されており、電子マネーの利用額に応じてポイントが貯まっていきます。貯めたポイントは商品購入時に電子マネーと同じように利用できます。現金でお支払いをするよりもポイントが貯まりやすいので、コンビニなどでも電子マネーを有効活用している人も多いです。

ポイント高還元率クレジットカードを選ぶのが向いている人

ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶのが良い人はこちらです。

  • クレジットカードの利用額が多い人
  • 普段のお買い物以外に公共料金の支払いなどもクレジットカード払いにしたい人
  • ポイントを貯めてお得に活用したい人

ポイントの還元率が高いほど効率良くポイントを貯めることができます。年会費有料カードは高めの還元率に設定されている場合もありますが、年会費無料カードでも1.0%以上の高還元率に設定されているものがあります。用途に合わせてお得な一枚を選ぶことをおすすめします。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP