アメックスの「メンバーシップ・リワード」ポイントとは?交換するならANAマイルがおすすめ!

ポイント

アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラムが「メンバーシップ・リワード」です。旅行はもちろん、食事や買物など様々なシーンでアメックスカードを利用する度に、「メンバーシップ・リワード」ポイントが100円につき1ポイント貯まります。

通常、「ANAマイル」などのマイレージや「Tポイント」などの共通ポイントに交換して利用します。交換レートが上がるポイントアップグレードプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」についても解説していきます。

アメックスの「メンバーシップ・リワード」ポイントとは?

アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラムが「メンバーシップ・リワード」

アメックスの公式アプリ、「アメリカン・エキスプレス・サービス・アプリ」のロゴアメリカンエキスプレスのカードはステイタスの高さはもちろん、ポイント制度が充実している点も大変評判です。その「メンバーシップ・リワード」と呼ばれているポイントプログラムはどのようなものなのでしょうか?

ポイント還元率や、お得な使い方、交換できる商品などポイント制度について解説します。

アメックスのクレジットカードを使うたびに100円で1ポイント貯まる

メンバーシップ・リワードでは、アメックスのカードを使うごとに100円で1ポイントが貯まるようになっています。ショッピングはもちろんのこと、公共料金支払い分などもポイント還元の対象として合算できます。

ポイント還元率1%は、高還元率カードにも負けない高い還元率ですが、実はこれには裏があります。というのも、アメックスは貯めたポイントの交換レートが悪いからです。

ポイントの有効期限は最大3年間!ただし1度でも交換すれば無期限にできる!

ミスタードーナツの電子ギフト券のイメージアメックスのポイントの有効期限は最大3年間です。入会月から数えて1年間が1年度で、3年経つと初年度に獲得したポイントが失効します。

ただし一度ポイントを交換するだけで最大3年間の有効期限を無期限にすることができます

メンバーシップ・リワード・プラスに参加しない限り、ほぼ全てが1ポイント = 0.3円相当ですが、とりあえず無期限にするために少額のポイントで交換できる商品を選んで交換しましょう。

もちろんガッツリ貯めて、いきなり参加して、交換しても良いのですが、アメックスのポイントは、どんどん貯めて一部だけでもとりあえず何かと交換しておくのが賢い利用方法といえるでしょう。

有効期限を無期限にするためのとりあえずの交換におすすめの商品
  • ミスタードーナツ ギフトチケット 200円分 … 600ポイント
  • LAWSON ローソンお買い物券 500円分 … 1,500ポイント
  • ファミリーマート Eクーポン 500円分 … 1,500ポイント
  • nanaco nanacoギフト 500円分 … 1,500ポイント
  • Starbucks eGift ドリンクチケット 500円分 … 1,500ポイント

アメックスのポイント・プログラムは年単位!失効すると1年分がまるごと無くなる!

時間を忘れてしまった男性失効するときの被害は大きく、アメックスは1年単位でその期間まるまるを「プログラム年度」と定めています。そのため、入会日から3年が経過した時点で、初年度である第1プログラム年度に獲得されたポイントがすべて失効してしまいます。

アメックスのポイントは、有効期限が日・月単位では無く、年単位での失効になるため、注意が必要です。もちろんポイントは会員資格を喪失した場合も無効となります。

ポイント交換でおすすめのアメックスカード3選

ANAマイルにお得に交換!1ポイント=1マイル

ANA+15社のマイルに交換!1ポイント=1マイル

ANAマイルが最もおすすめ!ただし手数料有り

アメックス「メンバーシップ・リワード」のポイント交換商品

アメックスは100円で1ポイントが貯まる!でもポイント還元率は0.33%しかない!?

金貨アメックスのポイント・プログラムの還元率はそれほど良くありません。ポイント加算レートは100円=1ポイントでも、そのポイントを使う時の交換レートが半分以下なのです

たとえばANAのマイルに移行したい!と思った場合、ポイントはそのままでは2,000ポイント=1,000マイルにしかなりません。マイル還元率で言えば、0.5%です。

アメックスは交換レートが悪い!高還元率カードの3分の1!

これは提携ポイントでも同じで、「楽天スーパーポイント」や「Tポイント」などに交換しようとすれば、3,000ポイント=1,000「楽天スーパーポイント」です。ポイント還元率で言えば、0.33%です。

そのままではアメックスのポイント還元率は、年会費無料の高還元率カードの3分の1水準しかありません。ではアメックスのカード会員は何とポイントを交換しているのでしょうか?

ANAのマイルや提携航空会社のマイレージにポイントを交換するのが最もおすすめ

ana-Image200xアメックスのポイント交換で一番人気なのが、ANAのマイルにポイントを交換すること。メンバーシップ・リワード ANAコース(有料)への登録で、ANAのマイルに移行できます。そのレートは下記となります。

ANAのマイルへのポイント移行レート
メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの方 1,000ポイント = 1,000マイル
メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の方 2,000ポイント = 1,000マイル

ANA以外にも、15の提携航空パートナーのポイント・プログラムに移行できます。

提携航空パートナーへのポイント移行レート例
メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの方 1,250ポイント = 1,000マイル
メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の方 2,000ポイント = 1,000マイル

アメックスグリーンやゴールドカードの場合、マイル交換も商品交換もすべてポイントアップグレードプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」の利用が前提となります。ANAのマイルに移行したい場合はさらに「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録(年間参加費5,000円+消費税/2年目以降自動更新)が必要です。

それでもこれが一番おすすめと言えるでしょう。後で詳しく解説します。

その他のアメックスのポイント交換商品例

提携ホテルグループのポイントに交換する

その他のポイントやアイテムへの交換では、ヒルトンをはじめ提携ホテルグループ2社のポイント・プログラムにもポイントが移行できます。アメリカンエキスプレスは航空会社だけではなく、ホテルグループとも提携しています。アメックスのポイントは、次のような一流ホテルのポイントプログラムと交換することができます。

  • スターウッド ホテル&リゾート 「スターウッド プリファード ゲスト」
  • ヒルトン・ワールドワイド 「ヒルトンHオナーズ」

提携ホテル一覧

ホテルのポイントプログラムへ移行すればアップグレードも可能!

ホテルのポイントプログラムでは、無料でワンランク上の部屋にアップグレードすることなどが可能です。ポイントを活用していつもよりリッチな気分を味わってみてはいかがでしょうか。レートも良く、高級ホテルの利用者にはおすすめと言えるでしょう。

ヒルトンHオナーズ「Hオナーズポイント」へポイント移行レート例
メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの方 1,000ポイント = 1,250Hオナーズポイント
メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の方 2,000ポイント = 1,250Hオナーズポイント

その他の「メンバーシップ・リワード」ポイントの使い方

アメックスを貯めたポイントで買い物もできる

メンバーシップ・リワードでは貯めたポイントでショッピング、公共料金の支払いなどをすることができます。その場合、1ポイント0.3%、還元率0.3%の換算レートが適用され、3,000ポイントからの利用になります。

また、提携店の商品券に換えることもできるので、欲しいものが思いつかない時には、商品券に交換しておくというのも良いでしょう。楽天スーパーポイント、Tポイントなどにも還元率0.3%で交換できるので、楽天市場やTモールなどでオンラインショッピングで買い物をする時のために、ポイント化しておくという方法もあります。

クレジットカード代金の支払いにポイントを充てる

ポイントをご旅行代金のお支払いに利用するイメージアメックスカードでのショッピングや公共料金のお支払い、レストランでのカード利用分など、様々なお支払い代金に、「メンバーシップ・リワード」ポイントを充当することができます。実質的なキャッシュバックです。航空会社で利用した場合は1ポイント=1円相当になりますから、こちらもおすすめです。

キャッシュバックのポイント交換レート例
メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの方 1ポイント = 0.5~1円分
メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の方 1ポイント = 0.3円分

アメックスで貯めたポイントを豪華賞品と交換できる

メンバーシップ・リワードでは、貯めたポイントを7,500アイテム以上の商品と交換することも可能です。アメックスのWebカタログを見てみると、食品、お酒、家電製品、AV機器、玩具など多彩な商品が取りそろえられていることがわかります。

アメリカンエキスプレスならではの豪華賞品も!

アメックスで貯めたポイントはモノだけではなく「体験」と交換できるという点もユニークです。「世界の青木功プロとまわる夢のラウンドプレー」「世界遺産の清水寺で貸し切りの夜間特別拝観」「COTTON CLUBで会員限定で開催するライブイベント」など、会員限定のイベントにポイントを利用して参加してみてはいかがでしょうか。

Amazingなアメックスのポイント交換商品の例

Mercedes-Benz S-Class (限定1台)のイメージ画像アメリカン・エキスプレス・カードのポイントは交換レートが悪いと言いましたが、最上級のアメージングな体験や商品群ではこの法則は当てはまりません。ポイント有効期限が無期限のアメックスらしく、メルセデスベンツやプライベートコンサートなど他のクレジットカードでは見たことの無い超高額商品を割安なポイントで手に入れることができます

超高額商品は1ポイント=1円相当の品が多い

たとえばメルセデスベンツの「S-Class S400 4MATIC Coupe(2014年モデル)」であれば、1,477万ポイントで新車価格1477万円のSクラス クーペが手に入ります。1ポイント1円相当ですから還元率1%!お得です。

アメックスのポイントを自動車へ交換する例
「メルセデス・ベンツ」とポイント交換する例
Mercedes-Benz S-Class (限定1台) 14,770,000 ~ 21,450,000ポイント
※メーカー希望小売価格:¥14,770,000~21,450,000
Mercedes-Benz E 200 Coupé 6,820,000ポイント
「マクラーレン」とポイント交換する例
Drive to Exciting 「走りの浪漫」を体感する McLaren (限定1組) 756,000ポイント
※ハイエンド・カーを「愛車」に旅する1泊2日の小旅行プラン
「ジョルジオ アルマーニ」とポイント交換する例
GIORGIO ARMANI「Made to Measure」 オーダースーツ(50万円相当分) 600,000ポイント
「プライベートクルーズ」とポイント交換する例
船上のプライベートコンサート with 工場夜景クルーズ (限定1組) 2,808,000ポイント
「楽天スーパーポイント」や「Tポイント」にポイントを交換する

共通ポイントの中では「楽天スーパーポイント」「Tポイント」のポイント・プログラムに「メンバーシップ・リワード」ポイントを交換できます。ただしレート的にはおすすめとは言えません。

楽天スーパーポイントへのポイント移行レート例
メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの方 3,000ポイント = 1,500楽天スーパーポイント
メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の方 3,000ポイント = 1,000楽天スーパーポイント

アメックスのポイントアップグレードプログラムとは?

アメックスにはポイントの価値を倍増させる「メンバーシップ・リワード・プラス」という特別プログラムがあります。有料ですが加入するメリットは非常に大きいといえます。

ポイント還元率がアップするメンバーシップ・リワード・プラス

ポイントアップグレードプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」のロゴメンバーシップ・リワード・プラスに加入するには、年会費3,000円が必要です。しかし、通常のりワード・プラスとのポイント還元率の差は明らかで、十分元を取れるといえるでしょう。

交換先 メンバーシップ・リワード メンバーシップ・リワード・プラス
ANAマイル 2,000P→1,000マイル 1,000P→1,000マイル
ANA以外のマイル 2,000P→1,000マイル 1,250P→1,000マイル
Tポイント 3,000P→1,000P 3,000P→1,500P
楽天スーパーポイント 3,000P→1,000P 3,000P→1,500P
航空券購入 1P=0.3円 1P=1円
ホテル・旅行代理店への支払い 1P=0.3円 1P=0.8円
旅行以外への支払い 1P=0.3円 1P=0.5円
ヒルトンHオナーズポイント 2,000P→1,250P 1,000P→1,250P
スターウッド プリファード ゲストポイント 2,000P→990P 1,000P→990P
トラベルオンライン経由の旅行代金支払い 1P=0.4円 1P=1円
トラベルデスク・日本旅行経由の旅行代金支払い 1P=0.4円 1P=0.8円

ひとつひとつの差は小さいように見えるかもしれませんが、メンバーシップ・リワード・プラスに加入しているのとしないのでは、ポイント還元率は約2倍違うといって良いでしょう。

とくにメンバーシップ・リワード・プラスは航空券、ホテル代、旅行代金支払いなどの旅行関係の特典が充実しています。海外旅行や出張などの機会が多い人はぜひ加入しておくことをおすすめします。

ポイント倍増プログラムの年会費を無料にする方法

基本的に年会費3,000円のメンバーシップ・リワード・プラスですが、アメリカンエキスプレスの上位カードならば無料で登録できます。対象となるのは、アメックス・プラチナ、アメックス・ビジネス・プラチナ、アメックス・センチュリオンなどになります。

メンバーシップ・リワード・プラスにはお得なボーナスポイントプログラムもある!

Amazonロゴメンバーシップ・リワード・プラスには、さらにお得なボーナスポイントプログラムも用意されています。こちらは無料で登録できて、対象加盟店でアメックスカードを利用すれば100円=3ポイント以上と通常の3倍でポイントを貯めることができるようになります(通常ポイント1ポイント+ボーナスポイント2ポイント)。

対象加盟店は現在のところ次のようなオンラインショップ限定ですが、なかでもアメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインは100円=4ポイントとなり大変お得です。

アメックスのボーナスポイントプログラム対象加盟店
  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング
  • iTunesストア
  • JAL
  • H.I.S
  • アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン

※Amazonの対象サービスは、Amazon.co.jp、Amazonマーケットプレイス、Kindle本、Amazon Businessが対象です。

ボーナスポイントプログラム対象加盟店の例

メンバーシップ・リワード・プラスの登録はアメリカンエキスプレスの公式サイトから!

コンシェルジュメンバーシップ・リワード・プラスに登録するには、まず会員専用のオンライン・サービスに登録します。そして、会員サイトの「プログラムについて」から「ポイント移行 提携先プログラムのご登録」を選択します。

すると、登録フォームが表示されるのでメールアドレスなどを入力して「登録する」ボタンをクリックします。これだけの簡単な手続きでメンバーシップ・リワード・プラスに登録できるのです。

メンバーシップ・リワード・プラスは2年目からは自動更新となります。登録をキャンセルする場合には、カード裏面に記載されているサポートセンターまで電話連絡するようにしましょう。

アメリカンエキスプレスのポイントを貯める裏技

アメリカンエキスプレスのポイントはメンバーシップ・リワード・プラスに参加し、ショッピングはもちろん公共料金支払いなどにも積極的に使っていけばどんどん貯めることができるでしょう。さらに、次のような裏技を使ってみるのも良いかもしれません!

友達紹介プログラムでポイントを貯める

アメリカンエキスプレスでは、友達を紹介してくれた会員にポイントをプレゼントしています。もちろん、紹介された友達にもポイントが贈られるので、気兼ねなく紹介することができるのではないでしょうか。

家族カードや追加カードでポイントを貯める

アメリカンエキスプレスで家族カードを作ると、その本カードにポイントが加算されるようになっています。本カードがビジネスカードの場合は、社員に追加カードを発行することで同様にポイントが加算されます。

とくに、アメックスゴールドならば2枚目は年会費無料という特典もあるので、ぜひ家族カードを作ってみてはいかがでしょうか。家族がカードを使ってくれれば、その度ごとに本カードにポイントが加算されていきます。1人ではなかなかマイルが貯まらなくても、2人以上で協力すれば特典航空券をゲットするのも夢ではなさそうです。

アメリカンエキスプレスのポイントは何と交換するのがお得?

アメリカンエキスプレスのポイントをしっかりと貯めたところで、結局、何と交換するのが一番お得なのでしょうか?

ポイントはANAマイルに交換するのがお得

ana-logo-200x62やはり、ポイント還元率は1,000ポイントが1,000マイルになるANAがとくでしょう。しかし、この還元率でANAマイルに移行するには「メンバーシップ・リワード ANAコース」にさらに登録する必要があります。

こちらは年会費5,000円なので、メンバーシップ・リワード・プラスと合計して8,000円かかる計算です。あまり飛行機に乗る機会がないと「それだけの価値があるのだろうか?」と、疑問に思う人もいるかもしれません。しかし、じつはANAマイルは1マイル=2円~3円相当と言われています。

さらに年間参加費:3,000円+税ですが、自動更新をきちんと断れば、ポイントをマイルに交換する時だけ登録すれば良いのです。あらかじめメンバーシップ・リワードポイントは無期限にしておいて、十分にポイントが貯まってから交換することをおすすめします。

注意!ANAマイルへの年間移行ポイント上限が40,000マイルに変更されました

ここで溜め込み派に残念なお知らせが一つあります。2019年1月1日より「ANA マイレージクラブ」への年間移行ポイントの上限が、年間40,000マイルに変更されたからです。これまでは年間80,000マイルまでOKでしたが、残念ながら半分になってしまいました。

ただしこれまではANAコース登録費(年間5,000円+税)をポイントで支払うことができませんでしたが、2019年1月1日からは1ポイント→1円で充当可能(最小3,000ポイント/1ポイント単位)となりました。メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の場合はレートが悪くなりますが、この点は改善されたと言えるでしょう。

ANA以外ではブリティッシュ・エアウェイズへのマイル交換がおすすめ!

ブリティッシュエアウェイズのロゴANAマイルの上限が下がってしまった今、長年貯めたマイルの交換先として浮上するのが、ブリティッシュ・エアウェイズのマイレージプログラム「エグゼクティブ・クラブ」マイルです。というのも、ブリティッシュ・エアウェイズは、ほとんどのJAL国内航空券(片道)を「エグゼクティブ・クラブ」4,500マイルと交換できるからです。

上海やソウルへも東京から片道7,500マイルと「エグゼクティブ・クラブ」マイルは優秀。有効期限は3年間ですが、その間にマイルの増減があれば、そこからさらに3年間延長されるため、実質無期限にできます。

ユナイテッド航空がANA国内航空券を片道5,000マイルで交換できるように、海外航空会社の中では非常に使いやすいマイレージプログラムとしておすすめです。

アメリカンエキスプレスのポイントは賢く貯めて上手に使う!

ANAかブリティッシュエアウェイズのマイル交換がおすすめ!

アメリカンエキスプレスのポイントは、特別プログラムのメンバーシップ・リワード・プラスに加入すると約2倍のスピードで貯まっていくといっても過言ではありません。さらに、航空会社のマイレージプログラムに加入するなど、工夫次第でさらに貯めやすくできるでしょう。

もちろん、日常品の買い物、公共料金や保険料の支払いなどでコツコツとポイントを積み上げていくことも大事です。しかし、どうせ頑張るならば早いうちにできるだけポイント還元率を高くしておきたいもの。「面白いようにポイントが貯まる!」というのを実感できれば、さらにハマってしまうかもしれません。

アメックスのポイントは有効期限を無期限にしてじっくり貯めよう!

そして、せっかく貯めたポイントだからこそ大事に使いたいもの。ポイントの価値をできるだけ高く評価してもらえる交換をしたいところです。その点、ANAをはじめとしたマイルと交換するのはとくにおすすめです。「ためたマイルを航空券に交換して旅行に行く!」といった目標が具体的に定まれば、ポイントを貯める励みにもなるでしょう。

また、ポイントで会員限定のセレブな非日常体験を味わえるというのもアメックスならではといえるでしょう。コストパフォーマンスだけではなくエンターテイメント性も十分なアメックスのカード。もし、お持ちでないならば、ぜひ初年度年会費無料キャンペーンなどを利用してみてはいかがでしょうか。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP