クレジットカードで貯めたポイントのお得な使い方!ポイントごとに何と交換するのが一番おすすめ?

ポイントをプレゼントに交換

クレジットカードを利用すると自然に貯まっていくカード会社のポイント。セゾンの永久不滅ポイントから、ワールドプレゼント(三井住友カード)、Tポイントなどの共通ポイントまでカード会社ごとに色々なポイントサービスがあります。でも、どの会社のポイントが一番使いやすかったり、お得でおすすめなのでしょうか?

クレジットカードごとにポイントのおすすめの使い方を紹介します。

クレジットカード利用で貯まったポイント、何と交換する!?

ポイントは「貯める」だけじゃ駄目!「使い道」が大切!

point-woman-200クレジットカードを利用していると、知らず知らずのうちに溜まってしまうポイント。実は貯めたポイントは現金値引きや商品券との交換に使えます。ここではおすすめのポイント交換方法をご紹介します。

クレジットカードで球得たポイントは1ポイント=1円で使える、Tポイントや楽天スーパーポイントを利用している人は単純にそう考えます。しかし、多くのクレジットカード会社は交換しなければ使えない独自のポイントプログラムを提供しています。そのため自ずと最もお得な使い方というのが決まってくるのです。

カード会社のポイントごとにお得な使い方が決まっている!

ポイント交換に効率的とか非効率的とかあるのかと思う人もいるでしょう。効率的というのは、交換できる商品の定価に対して1ポイントの価値がどれだけあるか、という費用対効果が関係しています。

ものすごく単純に説明しますと、10,000ポイントを1万円の価値がある商品と交換するのと、5千円分の価値しかない商品と交換するのとでは1ポイントあたりの価値がまったく違ってしまいます。そのため、クレジットカードでポイントを貯める前に、自分が貯めるポイントの使い道をイメージしておくことが、損をしないためにとっても大切なのです。

ポイント還元率でおすすめのクレジットカード3選

いつでも還元率1%!ネット通販Amazon最強

ポイント還元率1.5%!リボ払い手数料も無料に

還元率1.0%!楽天市場で最強!主婦にも人気

『オリコポイント』のお得な使い方(OricoCard THE POINT)

オリコポイントは電子マネーかオリコプリペイドカードに交換するのがおすすめ

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)オリコといえば高還元率カードとしてもお馴染みの『Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』でザクザクオリコポイントを貯めることができます。そんなオリコポイントの移行先には以下のようなものがあります。

ポイント交換先 ポイント移行レート
Amazonギフト券
※オンラインクーポン
500ポイント→500円分
2,000ポイント→2,000円分
iTunesギフトコード
※オンラインクーポン
500ポイント→500円分
1,500ポイント→1,500円分
Google Playギフトコード
※オンラインクーポン
1,000ポイント→1,000円分
nanacoギフト
※オンラインクーポン
1,000ポイント→1,000円分
EdyギフトID
※オンラインクーポン
1,000ポイント→1,000円分
ファミリーマートお買い物券
※オンラインクーポン
500ポイント→500円分
すかいらーくご優待券
※オンラインクーポン
5,000ポイント→5,000円分
自治体ポイント
※オンラインクーポン
1,000ポイント→1,000円分
オリコプリペイドカードへのチャージ 500~49,000ポイント→500円~49,000円分
WAONポイント 1,000ポイント→1,000WAONポイント
Tポイント 1,000ポイント→1,000Tポイント
楽天スーパーポイント 1,000ポイント→1,000楽天スーパーポイント
Pontaポイント 1,000ポイント→1,000Pontaポイント
ベルメゾン・ポイント 1,000ポイント→1,000ベルメゾン・ポイント
dポイント 1,000ポイント→1,000dポイント
WALLETポイント 1,000ポイント→1,000WALLETポイント
UCギフトカード 5,500ポイント→5,000円分
20,000ポイント→20,000円分
エディオンカードポイント
(エディオンカード会員限定)
500ポイント→500エディオンカードポイント
コストコプリペイドカード
(コストコカード会員限定)
5,000ポイント→5,000円分
H.I.S商品券
(H.I.Sスカイウォーカーカード会員限定)
2,000ポイント→2,000円分
5,000ポイント→5,000円分
ヨシヅヤ商品券
(ヨシヅヤボナンザカード会員限定)
2,000ポイント→2,000円分

オリコポイントは移行レートがとてもわかりやすく、ほとんどが1:1での移行が可能です。オリコポイントの場合、上の票で「※オンラインクーポン」と書かれた移行先であれば即時取得することができる魅力があります。また、WAONやTポイントに関しても即時移行ができます。nanacoや楽天Edy、WAONといった電子マネーへチャージができますので、その場にいながらにして即チャージできるのは大きな魅力です。

さらに、電子マネー以外でおすすめなのがオリコプリペイドカードへのチャージです。VISAかMastercardのどちらかを選ぶことができ、チャージしてさえあればクレジットカードと同様にショッピングができます。しかも、還元率こそ低めですが、オリコプリペイドカードでショッピングをすれば400円ごとに1円(還元率0.25%)がキャッシュバックされます。

『OkiDokiポイント』のお得な使い方(JCB CARD W)

OkiDokiポイントはJCBプレモカードへのチャージがおすすめ

JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】券面画像JCBで貯まるポイントプログラムがOkiDokiポイントです。JCBカードといえば還元率1.0%で利用できる若者やカード初心者にもおすすめの『JCB CARD W』が人気です。女性用には『JCB CARD W Plus L』というカードもあります。そんなOkiDokiポイントの交換先としておすすめなのが、ネット通販のポイントかJCBプレモカードというギフト券へのチャージです。ちなみにOkiDokiポイントの移行先には次のようなものがあります。

ポイント交換先 ポイント移行レート
JCBプレモカード 1ポイント→5円分
JCBトラベル旅行代金ポイント充当 1ポイント→5円分
nanacoポイント 1ポイント→5nanacoポイント
dポイント 1ポイント→4dポイント
WALLETポイント 1ポイント→4WALLETポイント
ビックポイント 1ポイント→5ビックポイント
ビックネットポイント 1ポイント→5ビックネットポイント
ベルメゾン・ポイント 1ポイント→5ベルメゾン・ポイント
ジョーシンポイント 1ポイント→5ジョーシンポイント
楽天スーパーポイント 1ポイント→4楽天スーパーポイント
セシールスマイルポイント 1ポイント→5セシールスマイルポイント
楽天Edy 1ポイント→3円分
カエトクカード 1ポイント→4円分
スターバックスカードチャージ 1ポイント→4円分
Tポイント 1ポイント→4円分
WAONポイント 1ポイント→4WAONポイント
ポイントチャリティー ユニセフやユネスコへの寄付
(1ポイント→5円分など)
Amazon
(パートナーポイントプログラム)
1ポイント→3.5円分
JCB✕Yahoo!JAPANポイントクラブ 【らくらく自動コース】
1ポイント→5Tポイント
【好きなときコース】
1ポイント→4.5Tポイント
OkiDokiポイント即時交換サービス 200ポイント→1,000円分の商品券など
(店舗による異なる)
商品と交換 商品カタログからお好きなアイテムを選択
支払い金額充当
(キャッシュバック)
1ポイント→3円分

OkiDokiポイントには支払い金額に充当できるキャッシュバックがありますが、1ポイントあたり3円ほどにしかならないため、お得さがありません。使い勝手の高さなどから考えれば、1ポイントあたり5円ほどの価値で交換できる移行先が理想です。

JCBプレモカードへのチャージやnanacoポイントあたりが1ポイント=5円で交換できる移行先です。それ以外では、ビックポイントやジョーシンポイントなど家電量販店係、ベルメゾン・ポイントやセシールスマイルポイントなどのネット通販係がお得です。

残念ながら、楽天スーパーポイントや楽天Edy、WAONポイントなどは移行レートが低くなってしまいますので、活用度という点ではやや劣ります。利便性で考えると、JCBプレモカードへのチャージがもっともおすすめできる移行先です。

もちろん、ベルメゾンやセシールなどの通販、ビックカメラやジョーシンをよく利用される方はそれぞれのポイントへOkiDokiポイント1ポイントに対して5ポイントで移行できますので、それらの通販もしくは店舗で利用頻度が高いなら、移行先としておすすめです。

『ワールドプレゼント』のお得な使い方(三井住友カード)

三井住友カードのワールドプレゼントはiDキャッシュバックか各種共通ポイントがおすすめ

三井住友VISAデビュープラスカード券面画像三井住友VISAカードの高還元率カードちして有名なのは、学生や新社会人にも人気が高い『三井住友VISAデビュープラスカード』です。還元率は常時1.0%で、実質年会費無料で利用できる上に、25歳を超えたら自動的にゴールドカードへとランクアップできる若者のための特別な1枚です。

そんな『三井住友VISAデビュープラスカード』を始めとした三井住友VISA発行のクレジットカードで貯まるのがワールドプレゼントです。ワールドプレゼントの移行先は以下のとおりです。

ポイント交換先 ポイント移行レート
三井住友VISAプリペイドカード 1ポイント→5円分
楽天スーパーポイント 1ポイント→5楽天スーパーポイント
ヨドバシカメラゴールドポイント 1ポイント→5ヨドバシカメラゴールドポイント
dポイント 1ポイント→5dポイント
ビックポイント 1ポイント→5ビックポイント
Pexポイント 1ポイント→50Pexポイント
WALLETポイント 1ポイント→5WALLETポイント
nanacoポイント 1ポイント→3nanacoポイント
Gポイント 1ポイント→5Gポイント
スターバックス カード 1ポイント→4円分
楽天Edy 1ポイント→3円分
WAONポイント 三井住友カードWAON:1ポイント→5WAONポイント
その他のWAONカード:1ポイント→3WAONポイント
ジョーシンポイント 1ポイント→5ジョーシンポイント
ベルメゾン・ポイント 1ポイント→5ベルメゾン・ポイント
PiTaPaショップdeポイント 1ポイント→50ポイント
タリーズカード 1ポイント→4円分
中部電力 カテエネポイント 1ポイント→5カテエネポイント
プレミアムバンダイ プレミアムポイント 1ポイント→4プレミアムポイント
カエトクカード ペルソナVISAカード:1ポイント→4円分
それ以外のカード:1ポイント→3円分
JAF次年度年会費 三井住友カード発行のJAFカード:400ポイント
それ以外のJAFカード→800ポイント
PoinExchange 1ポイント→5円分
キャッシュバック 1ポイント→3円分
iDバリュー(iDキャッシュバック) 1ポイント→5円分
Amazonギフト券 1ポイント→5円分
Google Playギフトコード 1ポイント→5円分
App Store&iTunesギフトカード 1ポイント→5円分
ふるさと納税 佐賀県玄海町・長崎県平戸市・島根県浜田市
景品交換 グッズや商品券など

ワールドプレゼントでおすすめの交換先は、1ポイントあたり5円相当の移行レートが可能なものとなります。使い勝手という点では、楽天スーパーポイントなどもおすすめですが、やはり三井住友VISAプリペイドカードへチャージか、iDバリューでiDへチャージした方が、街ナカなどで幅広く使いこなすことができます。

数字だけで見ると、例えばPexポイントなどは1ポイントあたり50ポイントへ移行することができるのでとても移行レートがいいように見えますが、Pexポイントの場合は10Pexポイント=1円という価値なので、ワールドプレゼント1ポイントに対して50Pexポイントというのは、1P=5円と同じとなります。交換先ポイントによっては、こうした紛らわしい例もあるので注意しましょう。

『楽天スーパーポイント』のお得な使い方(楽天カード)

楽天カードで貯めた楽天スーパーポイントは楽天Edyへチャージかそのまま使おう

楽天カード楽天カード』といえば圧倒的な入会希望者&会員数を誇る人気カードですが、『楽天カード』の人気が高い理由はやはり共通ポイントとして使い勝手の高い楽天スーパーポイントを貯めることができるからです。SPU(スーパーポイントアッププログラム)などでじゃんじゃんポイントが貯まるほか、街ナカのリアル店舗など楽天のサービス以外でも楽天スーパーポイントが手軽に貯まるカードとして、利便性の高さでもトップクラスです。

楽天スーパーポイントはそのままでも使い勝手が高い!移行先も少ない

そんな楽天スーパーポイントですが、実はポイント移行先が他のポイントプログラムに比べて非常に少ないです。楽天スーパーポイントは楽天市場などで使い倒せるのでそれだけでも使い勝手が高いのは皆さんもよくご存知でしょう。さらに、ANAマイルへ交換できるポイントとしても優秀なのですが、ここではそれ以外の交換先について解説するのが目的ですので、敢えてANAマイルを除いたおすすめの交換先を探すとすると、「楽天Edyへのチャージ」か「カード支払額充当」です。

これまでは、ANAマイルへの移行以外でおすすめできるのは楽天Edy一択。――と、いうよりも、これまでは楽天スーパーポイントの使いみちとしては、楽天の各種サービスで利用する以外でおすすめできる移行先がありませんでしたが、2018年9月からは楽天スーパーポイントをカード支払額に充当することができるようになります。

貯めた楽天スーパーポイントを街中で使うなら電子マネーの楽天Edy

楽天Edyなら街ナカでのキャッシュレス決済に活用できるので、貯めたポイントの交換先としてはかなりおすすめですし、もちろん、楽天ポイントカードや楽天ペイを使って街ナカで使い倒すのもおすすめ。そして、新たにスタートする「ポイントで支払いサービス」ならカード利用代金をポイントで充当することができます、ダイヤモンド会員なら50万ポイントまで、プラチナ会員以下なら3万ポイントまでという制限こそありますが、実質的なキャッシュバックとして利用できるようになったという点は評価できるメリットです。

『DCハッピープレゼント』のお得な使い方(DCカードJizile)

DCカードのDCハッピープレゼントは他社ポイント移行がおすすめ!ギフト券は還元率ダウン

DCカード Jizile(ジザイル)三菱UFJニコス発行のクレジットカードで高還元率カードとして知られているのが『DCカード Jizile(ジザイル)』です。リボ払い専用のクレジットカードではありますが、ポイント還元率は常時3倍の1.5%です。リボ専用ということを除けば、かなりの魅力度を備えたクレジットカードとして人気です。そんな『DCカード Jizile(ジザイル)』で貯まるポイントがDCハッピープレゼントです。

DCハッピープレゼントには、WEBカタログから好きなアイテムと交換できる「商品交換コース」と、提携ポイントや電子マネーへの移行ができる「ハッピースウィングコース」の2つがありますが、ここでは「ハッピースウィングコース」をご紹介します。

ポイント交換先 ポイント移行レート
キャッシュバック 100ポイント→400円分
Pontaポイント 100ポイント→400Pontaポイント
楽天スーパーポイント 100ポイント→400楽天スーパーポイント
Tポイント 100ポイント→400Tポイント
nanacoポイント 100ポイント→300nanacoポイント
WAONポイント 100ポイント→300WAONポイント
dポイント 100ポイント→400dポイント
WALLETポイント 100ポイント→400WALLETポイント
ベルメゾン・ポイント 100ポイント→500ベルメゾン・ポイント
TOKYU POINT 100ポイント→500TOKYU POINT
ノジマスーパーポイント 100ポイント→500ノジマスーパーポイント
ヨドバシカメラゴールドポイント 100ポイント→500ヨドバシカメラゴールドポイント
MUFGカード グローバルポイント 100ポイント→100グローバルポイント
MUFGカードAMEX グローバルポイント 100ポイント→100グローバルポイント

DCハッピープレゼントはキャッシュバックもあるほか、共通ポイントや電子マネーへの移行は軒並み還元率が低めです。基準としては1ポイントで5円相当の移行先が理想となりますので、上記のレートで言えば、ベルメゾン・ポイントやTOKYU POINT、ノジマスーパーポイント、ヨドバシカメラゴールドポイントといったところが狙い目になりますし、MUFGカードを利用しているならグローバルポイントへ移行してしまうのもおすすめです。ただし、これらのポイントを貯めていない人にとっては移行先に悩むところです。

その場合は、1ポイント=4円相当の移行先であるキャッシュバックや共通ポイントがおすすめ。電子マネーに関しては軒並み移行レートが悪いのです。商品交換コースにはAmazonギフト券などの各種ギフト券も揃っていますが、こちらも移行レートは芳しくありません。ただし、UFJニコスギフトカードならまずまずの移行レートですので、ギフトカード狙いで交換先を決めてしまうのもおすすめです。

ポイントのお得な使い方まとめ

ポイントをお得に使うなら「ギフトカード」や「キャッシュバック」が一番オススメ

では、どんなものと交換するのがいいかというと、ギフトカードや他のポイントに交換してしまった方がお得になります。
ギフトカードであれば、10,000ポイントを1万円のギフトカードに交換できます。
言うまでもなく、それで10,000円分のお買い物ができます。
ただし交換単位が、3,000円分からなど高めなのがネックです。

ジャックスなら迷わず「Jデポ」「Jデポモバイル」現金値引き!

お手持ちのクレジットカードがジャックスカードであれば、現金値引きで使える「Jデポ」「Jデポモバイル」との交換がベストです。
このポイントは、利用したジャックスカードショッピングの総額から、交換した「Jデポ」金額を差し引いてくれるという代金値引きシステム。実質、現金のデポジットと同じだからです。
交換レートも1,000ポイント=「Jデポ」1,050円分(交換率1.05%)、「Jデポモバイル」1,100円分(交換率1.10%)と十分に満足のいくもの。しかも交換可能なポイントは、1,000ポイントからと使い勝手も抜群です。

マイルカードならもちろん「マイル」!無料航空券で1ポイント1円以上の価値!

マイルに交換することもおすすめです。ANAやデルタ航空のクレジットカードをお持ちの方は、まさにこのマイレージ交換のためにカード所有しています。というのも無料航空券と交換するときのレートは少なくとも1ポイント=1円以上の価値、時には5円以上の価値に化けるからです。

無料往復航空券で見る1マイルの価値
  1. 東京⇔沖縄往復航空券 18,000マイル (最安値 36,000円。1マイルの価値=2.0円)
  2. 東京⇔シンガポール往復航空券 35,000マイル(最安値 40,000円。1マイルの価値=1.1円)
  3. 東京⇔ニューヨーク往復航空券(エコノミークラス) 55,000マイル(最安値 92,000円。1マイルの価値=1.7円)

最も交換先が多い「共通ポイント」ほぼ現金として利用できる

また、他のポイントに交換する――例えば楽天ポイントに交換すれば10,000円分の「楽天ポイント」をゲットできます。これも楽天市場や楽天グループの各社で10,000円分の金券として利用できるのです。
同じく共通ポイントの「Tポイント」や「Ponta」もコンビニで利用できるため、非常に使い勝手が良いです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP