国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

イオンカードのときめきポイント、電子マネーWAON、WAONポイントの違いとは?

WAONポイントの仕組み

イオンのお買い物でお得に貯まるポイントについて

イオンカードには、①ときめきポイント(クレジットカード利用で貯まる)、②WAONポイント(WAONの利用で貯まる)、③WAON(電子マネー)の3つのポイントプログラムがあります。
イオン系列店舗でのお買い物では、イオンカードやWAONを使うことでポイントを獲得できます。
また、毎月5の付く日にはポイントが2倍、毎月10日にはイオンカードの支払いでときめきポイントが2倍になるなど、賢く使うことでよりお買い物がお得になるのです。
ただ、ポイントの仕組みについてしっかりと知っておかないと、損をしてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

イオンカード関連ポイントプログラム3種類

ポイント①「ときめきポイント」クレジット利用で貯まる

イオンカードでイオンカードでクレジット払いをするともらえるのが「ときめきポイント」です。
通常は200円ごとに1ポイントがもらえますが、毎月10日のWポイントデーにて利用することで、2倍のポイントが付与されます。
また、ネットのときめきポイントTOWNから買い物をすると、さらにたくさんのポイントが付いてくるメリットもあります。

使い方:ときめきポイントは、WAONポイントへ替えるのがおすすめ

クレジットカードを日々利用することで貯まるポイントは、ポイント残高に応じて色々な景品へと交換することも出来ます。
しかし最もおすすめの使い方は、ときめきポイントをWAONポイントに交換することです。WAONポイントに交換することで電子マネーのWAONに交換できるようになります。

ポイント②「WAONポイント」WAON利用で貯まる

WAONを利用することで貯まるのが「WAONポイント」です。
ここが間違いやすいところなのですが、WAONポイントはWAONを使うことで貯まっていくポイントのことであって、お金ではありません。そのためWAONを利用することで貯まる「WAONポイント」でお買い物はできません。
ただ、WAONポイントはWAONへとチャージすることができるので、実質的にはWAONに準じるものと考えても良いでしょう。

使い方:WAONポイントは早めにWAONへと替えるのがおすすめ

ただし、WAONを使うことでもらえるWAONポイントには有効期限があります。WAON(電子マネー)に早めに交換しましょう
WAONポイントからWAONへの交換はイオン内にある「WAONステーション」という機械(WAON端末)で行うのがおすすめです。
交換は100WAONポイント単位で可能で、100WAONポイント=100WAONになります。「ポイントチャージ」はWAONネットステーションでもできますが、ICカードリーダが必要になります。

ポイント③「WAON」利用すればWAONポイントがたまる電子マネー

WAONはイオンで利用できるICカード型前払い式電子マネーのことです。完全な電子マネーですので、現金をカードにチャージしていないと利用することができません。
WAON専用のカード、もしくはWAONの機能が一体型となったイオンカードで利用することができます。

貯め方:電子マネーWAONはクレジットカードのオートチャージがおすすめ

チャージ方法は、イオン店舗内に設置してある機械を使ってチャージするか、一体型のイオンカードなどであれば、オートチャージすることもできます。オートチャージすればクレジットカードには「ときめきポイント」が貯まるのでおすすめです。

使い方:イオンでWAONを利用すれば「WAONポイント」がたまる!

WAONをイオン系列店舗で利用することで、「WAONポイント」が貯まります。還元率は0.5%!イオンのお店だけでなく、すべてのWAON加盟店でWAONを使ったお支払いでWAONポイントがたまるのが特徴。お買物200円(税込)ごとに1WAONポイント(1円相当)が自動的にたまります。
使えば還元されるWAONは賢くたまる電子マネーなので、毎日のお買い物でお得に利用してください。

関連記事一覧

よく読まれている記事一覧

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points