ローソンのクレジットカード!Pontaポイントが貯まるポンタカードを持つ理由とメリット

PONTA ポイントの利用イメージ

ローソンのポンタカードとは、2010年に誕生した共通ポイントプログラム専用カードです。「Tポイント」と同様に、提携店舗で利用した金額に応じて「ポイントをためる・使う」ことができます。急速に普及しており、2017年5月1日現在、約17万店舗で利用可能です。

Pontaポイントが貯まるポンタカード一体型クレジットカードの魅力を探り、ポンタカードを持つ理由とメリットを解説しますう。

ローソンのポンタカードとは?

ポンタカードはローソンの会員カード!Pontaポイントが貯まる!お得に利用できる

ローソンのポイントカード「Pontaカード」は店頭でPontaカードを提示するだけで商品お買い上げ100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まる会員制カード。他のコンビニエンスストアにはないサービスです。

Pontaカードは加盟店を増やしており、レンタルビデオ屋さんのゲオの会員証、昭和シェル石油でガソリンをお得に入れられる会員証にもなります。

リクルートポイント、dポイントなど他の共通ポイントとの連携も進んでおり、Tポイントに迫る一大ネットワークを築いています。

ポンタカードを提示するだけでPontaポイントが貯まる!ローソンですぐに使える!

ローソンでしか入手できない人気キャラクターグッズ、旅行、家電などが、抽選や先着でプレゼントされることもあるため大変お得です。また、家族でポイントをまとめて一緒に使うこともできます。

有効期限は最終利用日から1年ですが、日頃からポンタカード提携店舗でショッピングをする人は期限を気にする必要はありません。

クレジットカード一体型のPontaカードも発行中!

また、ポンタカードとクレジットカードを組み合わせて利用することで、ポイントを貯める方法もあります。特におすすめなのは、クレジットカード一体型の「JMBローソンPontaカードVisa」です。クレジット支払いをすると、100円(税抜)ごとにお買い上げポイントが2ポイント付与されるため、より短期間でポンタポイントを貯めることができます。

Pontaポイントと共通化しているdカードもおすすめ!

一方でローソンで買い物するだけで選ぶなら、「dカード」もおすすめです。NTTdocomoとLAWSONが組んで発行するdカードならローソンで常に3%OFF! さらに合計で5%もお得になるからです!

ローソンでお得なクレジットカード!ポイントはPontaと提携

ローソンで5%お得!dポイントはローソンで利用

還元率1.2%!ポイントはPontaに交換して使える

Pontaカード一体型!ローソンでポイント2倍!

ポンタカードをおすすめする5つの理由

ポンタカードには様々な利点があるため、手元に1枚置いておくことをおすすめします。この項では、ポンタカードをおすすめする理由を5つピックアップしました。以下に概要をまとめましたので、参考にしてください。

  1. 他社のポイントと交換できる
  2. ポンタカードは加盟店が多い!
  3. ポンタポイントは「お試し引換券」と交換できる
  4. 貯まったポイントは実質有効期限がない!
  5. クレジット機能付きなら更にポイントが貯まりやすい

Pontaポイントが貯まるクレジットカード選び!ローソンのポンタカードを持つ理由

ローソンのクレジットカード!Pontaポイントが貯まるポンタカードを持つ理由とメリット

①他社のポイントと交換できる

ポンタカードを使って貯めたポイントは、以下の4つのいずれかに交換することができます。

  • JALマイル
  • LINEギフトコード、LINEポイント
  • リクルートポイント
  • dポイント

一番おすすめなのはJALマイルです。ただし、JALマイル「1マイル」と交換するには、ポインタポイント「2ポイント」が必要となります。

一方、LINEギフトコード・LINEポイントについては、ポンタポイント「120ポイント」から、LINEギフトコード「100円分」(1回につき)に交換が可能です。LINEでスタンプを購入する機会が多い方は、利用をおすすめします。

それから、リクルートポイントとは「じゃらん」「ホットペッパーグルメ」「ホットペッパービューティー」「ポンパレモール」で貯めることができるポイントのことです。リクルートポイント「1ポイント」とポンタポイント「1ポイント」を交換することができます。

dポイントに関しては、それほど使い道はありませんが、ドコモユーザーの方は有効活用してください。

②ポンタカードは加盟店が多い!

ポンタカードの最大の魅力は、加盟店が多いことです。2017年11月1日現在、ポンタ提携企業数は113社、ポンタ提携ブランド数は161ブランドとなっています。
また、加盟店は14万店舗を超えており、チェーン店を含めると更に多くの店舗でポンタカードを使うことが可能です。そのため、Tポイントや楽天ポイントと同じように、ポイントが貯まりやすいカードとなっています。

③ポンタポイントは「お試し引換券」と交換できる

ポンタポイントは、ローソンに設置されている「Loppi(ロッピィ)」を使って「お試し引換券」と交換できます。お試し引換券とは、値引き券のようなものです。

ポンタポイント「1ポイント」あたり3円前後の割引となるため、ローソンで買い物をする機会が多い方は有効活用してください。対象となる商品は毎月更新されますので、定期的にチェックすることをおすすめします。対象となる商品ジャンルの一覧は以下のとおりです。

ポンタお試し引換券の商品ジャンル

  • 飲みもの
  • お菓子、おつまみ
  • アイス、デザート
  • カップめん、スープ
  • 日用品(化粧品・雑貨など)
  • 栄養ドリンク、その他食品
  • お酒

④貯まったポイントは実質有効期限がない!

ポンタカードの有効期限は、最後に利用した日から1年間です。「最後に利用した日」とは、ポンタポイントを「貯める・使う・交換する」のいずれかの行動をとった最期の日のことを指しています。

つまり、1年に1回でもローソンで買い物をしたり、ポンタポイントをLINEギフトコードなどへ交換する機会があれば、実質有効期限はないのです。

⑤クレジット機能付きなら更にポイントが貯まりやすい

ポンタカードは大きく3種類に分かれています。ローソンのほか、各提携社・提携店舗で作ることができるオリジナルポンタカード、プリペイド機能付きポンタカード、クレジット機能付きポンタカードの3種類です。

ポンタポイントをより効率的に貯めていきたい方は、クレジット機能付きポンタカードがお勧めです。カードによっては年会費などが掛ることもありますが、中には年会費永久無料のカードもあります。

ポンタカードで最もおすすめなのは、「JMBローソンPontaカードVisa」です。「JMBローソンPontaカードVisa」とはどのようなクレジットカードなのか、次項で詳しくみていくことにしましょう。

ポンタカード「JMBローソンPontaカードVisa」3つの特徴

「JMBローソンPontaカードVisa」は、ローソンで利用するとお得になるクレジットカードです。貯まったポイントは、すべてポンタポイントとなります。ポンタカード「JMBローソンPontaカードVisa」の代表的な特徴を以下にまとめました。

①「JMBローソンPontaカードVisa」は年会費0円

「JMBローソンPontaカードVisa」の場合、年会費は永久無料です。新規で申し込む際は、最短即日から3営業日ほどで発行されます。

なお、月額300円から追加できる保険「Super Value Plus」に同時申込みをすると、モノの補償、暮らしの補償など、必要な補償を自由に選択できるため、日常のちょっとしたアクシデントに備えることも可能です。

②ポンタポイントとJALのマイルが同時に貯まる

ローソン(ナチュラルローソンも対象)、ローソンストア100にて「JMBローソンPontaカードVisa」を使うと、ポンタポイントとJALのマイルを同時に貯めることができます。詳細は以下のとおりです。

  • ポンタポイント:100円(税抜)ごとに「2ポイント」
  • JALマイル:1ヶ月のクレジット利用総額200円(税込)ごとに「1マイル」
  • ポンタポイント「2ポイント」をJALのマイル「1マイル」に交換できる
  • JALのマイル「10,000マイル」をポンタポイント「10,000ポイント」に交換できる

③ETCカードに無料で申込みできる

「JMBローソンPontaカードVisa」の場合、ETCカードを同時に申込むことができます。カードの発行が通常より1~2日ほど遅くなりますが、無料で申込みできるため大変便利です。

ポンタカードを作るなら「JMBローソンPontaカードVisa」がおすすめ!

「JMBローソンPontaカードVisa」の利点は、それだけではありません。通常のポンタカードの場合、100円で1ポイント(還元率1%)ですが、「JMBローソンPontaカードVisa」だと100円で2ポイント(還元率1%)です。

また、VISA加盟店で利用すると、1ヶ月のクレジットショッピング利用増額1,000円(税抜)ごとに5ポイント加算されるため、よりスムーズにポンタポイントを貯めることができます。ポンタカードを作るなら「JMBローソンPontaカードVisa」で間違いないでしょう。

クレジット機能付きのポンタカードは他にもある!

ポンタカードは全部で30種類以上ありますが、そのうちクレジットカード機能付きのポンタカードは9種類です。

以前、「ローソンPontaカードハウス」も含まれていましたが、現在は新規入会を受付けていないため、新たに持つことはできません。2017年11月現在、新規入会が可能なクレジットカード9種類は以下のとおりです。

  • Ponta Premium Plus
  • ローソンPontaカードVisa
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • ルートインホテルズPontaVISAカード
  • シェル-Pontaクレジットカード
  • ヒマラヤPontaカードPlus
  • SHIMIZU With Card
  • ニシムタPonta JCBカード
  • アルビスPontaカードプラス

上記すべてのカードでポンタポイントを貯めることはできますが、各種カードが提供するサービス内容は若干異なります。特に注目したいのは、ポンタポイントの還元率です。

特にこだわりがない方は、ポンタポイントの還元率が高いクレジットカードを利用しましょう。

ポンタカードはポイント還元率で選ぼう

先に触れたとおり、クレジットカード機能がついたポンタカードは、ポイント還元率がやや異なります。2017年11月現在のポイント還元率を表にまとめました。まずはこちらをご覧ください。

クレジット機能付きポンタカードの還元率

カードの種類 ポイント還元率 特典
Ponta Premium Plus

一般コース:100円1ポイント

リボコース:100円2ポイント

カード到着後、2カ月間利用でポイントプレゼント
5万円:2,500ポイント
10万円:6,000ポイント

年2回ポイントが0.5%~1.0%上乗せ
7月、12月利用が10万円以上:0.5%
7月、12月利用が20万円以上:1.0%

ポンタWeb登録:250ポイントプレゼント

JACCSWeb登録:250ポイントプレゼント

ローソンPontaカードVisa

ローソン
クレジット払い100円(税抜):2ポイント

ローソンストア100
クレジット払い100円(税抜):2ポイント

ローソンフレッシュ
クレジット払い200円(税込):1ポイント

Visa加盟店
1ヵ月のクレジットショッピング利用総額1,000円(税込):5ポイント

新規入会:1,000ポイントプレゼント

「まちエネ」電気料金支払い:1,000ポイントプレゼント※2017年4月1日~2018年3月31日まで

JMBローソンPontaカードVisa

ローソン
クレジット払い100円(税抜):2ポイント

ローソンストア100
クレジット払い100円(税抜):2ポイント

ローソンフレッシュ
クレジット払い200円(税込):1ポイント

Visa加盟店
1ヵ月のクレジットショッピング利用総額1,000円(税込):5ポイント

新規入会:1,000ポイントプレゼント

「まちエネ」電気料金支払い:1,000ポイントプレゼント※2017年4月1日~2018年3月31日まで

ルートインホテルズPontaVISAカード

宿泊代金100円(税抜):3ポイント
ルートインホテルズでのカード決済の場合は、ボーナスポイントとして100円(税抜)ごとに7ポイントプレゼント

Visa加盟店
1ヵ月のクレジットショッピング
利用総額200円(税込):1ポイント

新規入会:500ポイントプレゼント

シェル-Pontaクレジットカード

給油1L:2ポイント
ガソリン・経由150L/月まで

その他クレジット決済
100円(税込):1ポイント

新規入会:最大3,000ポイントプレゼント

カード発行翌月末まで給油するたびに1,000円相当のポイントをプレゼント(条件あり)

対象期間中最大3回まで3,000円相当のポイントをプレゼント(条件あり)

ヒマラヤPontaカードPlus

クレジットポイント(レジ加算分と合算)
200円(税込):2ポイント

公共料金(ガス・電気)クレジット払い
200円(税込):1ポイント

ヒマラヤ各店の割引サービスはあるものの、ポンタポイントのプレゼントなどは無し

SHIMIZU With Card

ポンタ提携店
クレジット払い200円(税込):1ポイント

ローソン
200円(税込):3ポイント

清水銀行提携企業でクレジット払いをすると、お得なポイント特典あり
例)日本平ホテル:ポイント2倍など

ニシムタPonta JCBカード

ニシムタで買い物した場合
200円(税込):1ポイント

ニシムタでクレジット払いをした場合
200円(税込):3ポイント

ニシムタ以外でクレジット払いをした場合
200円(税込):1ポイント

カード到着後3カ月以内にカードショッピング
合計5万円以上で2,000ポイントプレゼント
合計7万円以上で3,000ポイントプレゼント
合計10万円以上で5,000ポイントプレゼント

アルビスPontaカードプラス

アルビス各店で利用
200円(税込):1ポイント

クレジット払いの場合:ポイント3倍
毎月第1日曜日:ポイント7倍

アルビス地域提携店またはポンタ提携店で利用した場合
200円(税込):1ポイント

国内外、公共料金など
200円(税込):1ポイント

キャンペーンやプレゼントなどは特になし

上図をご覧いただくと分かるように、クレジット払い100円(税抜)につき2ポイント貰えるクレジットカードが最もお得です。

ボーナスポイントや、キャンペーン特典でまとまったポイントが貰えることもありますが、5万円以上クレジットカードを利用した場合など条件が設定されています。

以上のことから、「ローソンPontaカードVisa」もしくは「JMBローソンPontaカードVisa」がおすすめです。「Ponta Premium Plus」を選択するのも1つの方法ですが、還元率は一般コースが100円1ポイント、リボコースは100円2ポイントと上記2つのカードよりも旨味はありません。

また、「ローソンPontaカードVisa」もしくは「JMBローソンPontaカードVisa」の違いは、JALのマイルに交換できるかどうかにあります。

JALのマイルに交換できるのは「JMBローソンPontaカードVisa」ですので、先に触れたとおり「JMBローソンPontaカードVisa」が最もおすすめです。

シェル-Pontaクレジットカードは車を良く使う方におススメ!シェルでの給油がお得になる!

シェル-Pontaクレジットカードは、1Lのガソリン給油でポンタポイントが2ポイント還元されるクレジットカードです。
還元以外のポイントプレゼント・キャンペーンも充実しており、お仕事はもちろん日常的な買い物や旅行で車を良く使う方であればシェル-Pontaクレジットカードもおススメです。

クレジット機能付きポンタカードのデメリットとは?

「ポンタカードの活用度」「現金値引きの利用頻度」「還元率の大きさ」から判断すると、クレジット機能付きポンタカードは、それほどお得感があるわけではありません。
ライバルのTカードのポイント還元率が「0.5%」であることを考えると、ポンタカードの方がお得ですが、ポンタカード提携店で頻繁に買い物をしない場合は、これといったメリットはないといえます。
そのため、クレジット機能付きのポンタカードは、サブのクレジットカードとして持ち歩くか、ローソンやポンタカード提携企業、または提携店舗で買い物をする際に活用することになりそうです。

その他、サービスが充実している一般的なクレジットカードと比較すると、ポンタカードのサービスはそれほど充実していません。
あまりクレジットカードを使わない方は、クレジット機能付きポンタカードのみでも不自由さを感じることはありませんが、頻繁に買い物をする方はポンタカードをサブとして持ち歩くことをおすすめします。

ポンタカードはローソン利用者のためのお得なカード

近年、「Tポイント・楽天ポイント・WAONポイント」など、共通ポイントサービスが熾烈な争いを繰り広げています。どのカードを利用すれば最もお得なのか、判断がつきにくいものですが、ポンタカードの場合は難しく考えることはありません。

これまで解説してきたとおり、「ローソン」「ポンタカード提携企業」「ポンタ提携店舗」を利用する頻度が多い方向けのカードだからです。

他社と差別化を図る目的で、ポンタカードはこれからも提携店舗を増やしたり、お得なサービスを提供する可能性が高いため、まだポンタカードを持っていない方は今のうちに作って有効活用しましょう。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP