マイレージカード・まとめ ~ANA・JALの比較、マイルがたくさん貯まる方法など~

「マイレージカード」とは?

旅行

マイレージカードという、正式な名前はありません。要は「マイルが貯まりやすいクレジットカード」が、俗にこう呼ばれているわけです。

で、そうした「マイレージカード」の中でも特に人気な、

これらのクレジットカードについてまとめていきます。

ANA VISA/Master一般カード

ANA VISA/Master一般カードは、

  • 三井住友カードが発行
  • ANAと提携している
  • 「一般カード」と「学生カード」がある

というのが概要。で、マイルについて書くと、

  • マイル還元率が最高「1.3%」
  • これでANAのエコノミークラスを買うと、
  • 大体「2.6%」相当の還元率になる

  • つまり「1万円」の買い物で、
  • 「260円」相当の航空券

  • 「100万円」買い物したら、
  • 「2万6000円」程度の航空券が無料になる

ということです。「高いのか低いのか、よくわからない」と言われるかも知れませんが、これはかなり高い部類です。

*円換算で「2.6%」の還元率になりますが、通常、高還元率と言われるクレジットカードは「1%」なので。

買い物する場所を限定すれば、さらに高還元率

上の計算は「普通の店」で買い物した場合のもの。ANAカードマイルプラス提携店で買い物した場合、最高で「2.3%」のマイル還元率になります。箇条書きすると、

  • マイル還元率が最高「1.3%」→「2.3%」になる
  • これがエコノミークラスだと、大体2倍の価値になるので、
  • 円換算の還元率で「4.6%」くらいになる
  • ↑(航空券を買うという条件で、還元率4.6%になる)

ということです。で、気になるのは「ANAカードマイルプラス提携店」というのが、どこかでしょう。それを一覧します。

*以下、提携店の説明が長めになります。ANA VISA/Masterカードの全体像を知りたい方は、こちらの記事をお読みください。↓

ANA VISA/Master一般カード

ANAカードマイルプラス提携店・一覧

まず、ANAカードマイルプラス提携店は下の公式ページで全部見られます。

  • ANAカードマイルプラスで貯める
  • http://www.ana.co.jp/amc/reference/tameru/anacard/ana-cardmileplus.html
レストラン・飲食店
  • スターバックス
  • アロハテーブル(ハワイアンレストラン)
  • にぎりや徳兵衛(おにぎり)

その他、飲食した金額がそのまま換算されるわけではありませんが、

  • ぐるなび
  • 食べログ
  • ホットペッパーグルメ
  • 一休

などを通じた予約でもマイルがたまります。たとえば「ホットペッパーグルメ」だと「1回の予約で20マイル」たまるので、

  • ホットペッパーグルメを通じて、
  • 「アロハテーブル」の予約をする

などの手が使えますね。(スターバックスや徳兵衛の予約はないので)

チェーンでない「個人店」がたくさんある

上の一覧だと「飲食店、少ないな」と思われるかも知れませんが、これは「チェーン店」が少ないだけです。1店舗、あるいは数店舗の、いわゆる「デートで使えそうなお店」だと、大量に提携レストラン・バーがあります。

  • ANAカードマイルプラス・グルメ(食べログ)
  • http://tabelog.com/tieup/ana_list/

見ていただくとわかりますが、大体の価格帯として、

  • 昼…1000円~2000円
  • 夜…6000円~2万円

程度が平均値となっています。完全デート用ですね(笑)。もしくはビジネスの会合。

こういう「高いお店」だったら大量に提携店があるので、

  • お店選びにも不自由しないし、
  • 金額が大きい分、マイルもさらに貯まる

といえます。もちろん、出費も多くなるので、あくまでビジネスや「本当に必要なデート」などにしましょう。

(本当に必要でないデートというのは、ただ奢らされているだけで、あちらには何の愛情もない…というようなケースです。こういうデートをする男性は、もっと自分を大事にした方がいいでしょう)

…と、デート論はさておき、飲食店だと、このような提携店があります。

コンビニ・スーパー・ドラッグストア

コンビニやスーパー、ドラッグストアの場合、

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • ココストア
  • マツモトキヨシ
  • 爽快ドラッグ
  • 沖縄ファミリーマート

となっています。「沖縄ファミリーマート」というのは初めて聞きましたが、こうやって地域名が入ると、地元愛を刺激されて、買いたくなる人もいるかも知れませんね。

(個人的には、東京などの都市部にも、1店舗ずつくらい出しても面白いと思います。「沖縄ファミマの限定商品がそろうファミリーマート」みたいな感じで)

…と、ファミリーマートは沖縄人のみ有効ですが、多くの人にとって使えるのは、

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー

でしょう。マツキヨも使えますが、

  • 薬自体買わない
  • シャンプー・石鹸・化粧水なども一切使わない

という人は、最近増えていますからね。

*やや驚くかも知れませんが、シャンプーや石鹸などは、一切使わない方がいいそうです。使わないと臭くなるのは、「流されてしまった皮脂を、体が焦って多く分泌する」からであって、流さないのが習慣になると、体も過剰な皮脂分泌をしなくなるのです。あと、化粧水での保湿も、すればするほど「天然の保湿力」が弱まるので「化粧水なしでは、いられない肌」になってしまいます。要は「ナチュラルメイク」のようなものなんですね。化粧水は。

…と、多くの人にとって役立つかもしれないので、マイレージカードとは直接関係ありませんが、豆知識として書いておきました。もちろん、薬も限界まで使わない方がいいです。(常在菌を殺してしまいますからね。とにかく人間は、「不自然なものは、何も入れない」のがベストなようです)

なので、一番使える&使うべきなのは「セブンイレブン・イトーヨーカドー」となるでしょう。

食品・飲料・お酒

食品や飲料では、主に通販ですが、下のスーパー・サービス等が提携店です。

  • アピタ e-ショップ
  • オイシックス
  • グルーポン
  • SEIYUドットコム
  • ダイエーネットショッピング
  • 築地市場ドットコム
  • ピザハットオンライン
  • カクヤスネットショッピング
  • ニチレイフーズダイレクト
  • ドミノ・ピザ・オンライン
  • キリンオンラインショップ
  • オーダーチーズドットコム

という風です。簡単に主なキーワードだけ書くと、

  • アピタ
  • SEIYU
  • ダイエー
  • ピザハット
  • カクヤス
  • ドミノ・ピザ
  • キリン

…などのネットショッピングが提携店…ということですね。特に、

  • 家で仕事をしている主婦の女性
  • 小さいお子さんがいて、買い物にいけないお母さん

などは、ネットスーパーを使うことも増えているでしょう。その場合は、これらを使うとさらにお得にマイルがたまります。

(余談ですが、「オーダーチーズ」は「世界のグルメ食材」を通販するサイトです。田舎に住んでいても「自宅でフォアグラ」が食べられる時代なんですね)

百貨店・デパート

百貨店・デパートでは、下のような提携店があります。

  • 伊勢丹オンライン
  • 小田急オンライン
  • 西武そごうeデパート
  • 大丸・松坂屋
  • 高島屋
  • 東急百貨店ネットショッピング
  • 三越オンライン
  • 阪神百貨店オンライン
  • 阪急百貨店ネットショッピング

…という風です。これもオンラインが多いですね。オフライン(実店舗)でOKなのは、

  • 高島屋
  • 大丸
  • 松坂屋

となっています。(大丸・松坂屋は「オンライン」もOKです)

ショッピングモール

ショッピングモールは、下がANAマイルプラスの提携店です。

  • 沖縄アウトレットモール あしびなー
  • アネックス(名古屋栄キタ)
  • エスカ地下街
  • シック・アウトレット・ショッピング
  • 千年アウトレットモール・レラ
  • ユニバーサル・シティウォーク大阪

…という風です。地域が限定されていますが、逆に該当する方にとっては「ピンポイント」でメリットがあるので、紹介しました。

(私は元名古屋人ですが、エスカを見た瞬間「おお」と思ったので)

総合通販サイト

総合通販サイトは、下のような提携店(サイト)があります。

  • 楽天市場
  • ヤフオク
  • Yahoo!ショッピング
  • ポンパレモール
  • ベルメゾン
  • ディノス
  • ジャパネットたかた
  • ショップジャパン
  • ヤマダモール(ヤマダ電機)

などです。楽天市場・ヤフオクなどが揃っているのが便利ですね。Amazonがないのだけ、残念ですが…。

これらの提携店で集中的に買い物するとお得

…と、ANAカードマイルプラス提携店の紹介が熱くなりましたが、「かなり提携店が多い」というのはわかっていただけたでしょう。

これらの提携店に、日常の買い物(あくまで必要なものだけ)を集中させたら、相当マイルがたまります。マイル還元率は提携店によって多少バラつきがありますが、「0.5%~1.0%」です。で、

  • これらの「提携店」の還元は、
  • 「通常の還元」とは「別」でつく

  • つまり、ANA VISA/Masterカードを発行する、
  • 「三井住友カード」がつけるマイルとは別に、
  • それぞれの提携店経由で、
  • 「さらにマイルが追加」

となるわけです。で、

  • 三井住友カード…1.3%
  • 提携店…0.5%~1.0%

というマイル還元率になっているので、合計すると、1.8%~2.3%のマイル還元率となるわけですね。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードのマイレージについては、上に書いた「ANA VISA/Master一般カード」と同じです(ほぼ)。そして、クレジットカードとしての違いは、

  • Suica機能がついている
  • そのため「電車・地下鉄」をよく利用する人におすすめ

となります。「定期券」としては使えないので注意してください。

Suicaは、JRやJR東日本以外でも使えます

Suicaを使っていない方の間で、一部勘違いされていますが、Suicaは「全国各地ほぼどこでも」使えるものです。箇条書きすると、

  • Suica以外でも「交通系ICカード」が使える電車・バスなら、
  • Suicaも、それ以外でも、共通して使える

という風になっているのです。つまり「もう、全部同じ」なんですね。「デザインが違うだけ」です。例えて言うなら、

  • スターバックスカードの、
  • 「東京限定」「大阪限定」などのカードが、
  • 「Kitaka」「Manaca」などになっている

ようなものです。交通機関だけでなく、コンビニなどのショップでの支払いも同じです。なので、ANA VISA Suicaカードは、

  • JRやJR東日本を使う人だけではなく、
  • 交通系ICカードを使う人全般にとって、便利である

ということですね。ちなみに、私は札幌市民ですが、「Kitaca」ではなく、いつも「Suica」を使っています。(札幌の前は、東京に住んでいたので)

補足…交通系ICカード一覧

補足として、全国の交通系ICカードを一覧にします。これらが使える路線・お店を利用している方は、ANA VISA Suicaカードには、その交通系ICカードがセットになっていると考えてください。たとえば、

  • ANA VISA はやかけん
  • ANA VISA マナカ

みたいなものですね。機能としては。正式にこういうネーミングのものが出たら、地元愛の強い人なら申し込みしそうですね(笑)。

(以下、交通系ICカードの一覧です)

  • Suica…JR東日本
  • Kitaca…JR北海道
  • TOICA…JR東海
  • ICOCA…JR西日本
  • SUGOCA…JR九州
  • PASMO…首都圏の私鉄各社
  • manaca…名古屋鉄道・名古屋市交通局
  • PiTaPa…関西圏の私鉄各社
  • はやかけん…福岡市交通局
  • nimoca…西日本鉄道

ちなみに、時代が進んで「自宅で3Dプリンタで、クレジットカードを発行できる」となったら、多分これらでもANA VISA/Masterカードが作れるでしょう。つまり、

  • 現在の「ANA VISA Suicaカード」の審査に通ったら、
  • 「Suicaでも、Kitacaでも、お好きなデザインを選べます」と言われ、
  • デザインの3Dデータをダウンロードし、
  • 自宅の3Dプリンタで、「ANA VISA パスモ」を作ってしまう

…という感じですね。あと10年くらいかかるかも知れませんが、クレジットカードの世界もそうやって「趣味性」がどんどん高まっていくはずです。(3Dプリンタがあれば、カード会社は「データ」を提供するだけで、マイナーなデザインを採用しても、コストがかかりませんからね)

 参考ページ

  • ITmedia「全国交通系ICカード相互利用が始まる」(2013年3月)
  • http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1303/22/news075.html

以上、ANA VISA/Masterカードとの違いである「Suica」(交通系ICカード)の部分について、重点的に紹介してきました。残りの点について詳しくは、ANA VISA Suicaカードの記事でまとめているので、こちらをご覧ください。

JAL普通カードSuica(JCB)

JAL普通カードSuica(JCB)は「Suica機能がついている」という点では、先に書いた「ANA VISA Suicaカード」と同じです。で、違いは、

  • VISAでなく「JCB」
  • ANAでなく「JAL」

ということ。「JCBとVISA、どちらがいいか」と言われたら、私は断然「VISA」を推します。

  • ヨーロッパ・アフリカ・北米・南米などは、JCBが使えないことが多い
  • VISAやMASTERは、どこに行っても使える

という理由です。海外の旅行先がアジアだけだったらJCBでもいいのですが、そうでない時も今後あると思うので、個人的には「VISA」をおすすめします。

(海外旅行だけでなく「ネットショッピング」でも、VISA・Masterしか対応していないものは多いですからね)

ということで、国際ブランドの違いで考えると、ここまで書いてきた2つのクレジットカード、

の方が個人的にはおすすめです。ただ、「JAL」という点にこだわりを持つなら、この「JAL普通カード」の方がいいかも知れません。

JALのマイル還元率はどのくらいなのか?

JALとANAのマイル還元率は、どちらも同程度です。一つ違いをあげるなら、

  • JAL…「国内線」に強い
  • ANA…「国際線」に強い

となります。それぞれの「1マイルあたり、何円の価値があるか」を見ると、下のようになっているからです。

 JAL

  • 国内線…1.5円~6.8円
  • 国際線…1.75円~9.4円

 ANA

  • 国内線…1.5円~5.7円
  • 国際線…2.15円~15.6円

という風です。

 参考ページ

  • BENRISTA「1マイルの価値はいくらなのか?についてのまとめ」
  • http://card.benrista.com/mile-kachi-matome/#matome

見やすく「国内・国際」に分けて書くと、

 国内線

  • JAL…1.5円~6.8円
  • ANA…1.5円~5.7円

となります。ここでは「JAL」が上ですね。で、

 国際線

  • JAL…1.75円~9.4円
  • ANA…2.15円~15.6円

となります。こちらは「断然、ANAが得」です。国際線の方の差がずいぶん大きいですが、実際にはここまでの差はないと思います。というのは、

  • 国際線の「一番高いもの」は、
  • アメリカ・ブラジルなど「地球の反対側」に行く便で、
  • しかも「ファーストクラス」

というパターンだからです。なので、「比較するときの便によっては、とんでもない値段」になるわけです。たまたま調査した時に、そういう便にあたったのかも知れません。

この調査は複雑なので、ひとまずBENRISTAさんのデータを参考にさせていただきました。ただ、個人的には「JALの国際線も、もっと還元率が高くなるはず」と思います。経営破綻した直後だったらともかく、今はもう回復していますしね。

国内線の利用が多い人、JALが好きな人におすすめ

まとめると、

  • 「ANA VISA Suicaカード」より、
  • 「JAL普通カード(JCB)」

を選ぶ理由があるとしたら、

  • 「国内線」の利用が多い
  • 「JAL」が好き

という2点になります。長年JALを使ってきた…という人の場合、「出張がJALの方が、違和感がない」ということも多いでしょう。逆に、そこまでこだわりのない人だったら、ANAでもJALでも同じです。

(航空会社の違いがあるとしたら、「ANA&JAL」か、「LCC」かの違いでしょう。この2つのグループは、歴然と違います)

個人的には、ANAの方が、JALよりおすすめです。理由は後半の「JAL派・ANA派、それぞれのメリットは?」の部分で書いています。

ただ、それほど大きな違いではないので、特にこだわりがなければ、個人的にはここまで紹介してきた2つのクレジットカード、

のどちらかでいいと思います。(両方ANAですが。Suica機能が欲しい人だったら、2つ目の「ANA VISA Suicaカード」の方ですね)

JAL普通カード(アメリカン・エキスプレス・カード)

JAL普通カード(アメリカン・エキスプレス・カード)は、上に書いた「JAL普通カード(JCB)」の、

  • 「JCB」が、
  • 「AMEX」に変わった

というもの。その他の点は同じです。なので、「アメリカン・エキスプレス」の部分に絞って、メリットを説明します。メリットを一言でいうと海外旅行・出張で有利となります。具体的には、

  • 「海外航空便・遅延費用」の保証がある
  • つまり、飛行機が遅れても安心

  • 国内主要空港のラウンジサービスが無料
  • 同行者も1名まで無料
  • ↑(一見「国内旅行」のようだが、海外に行く時も、出発時に当然国内のラウンジを使う)

  • 海外でのショッピング補償がある
  • 他の「JAL普通カード」にはついていない

  • 国内・海外旅行の保険が、自動で付帯する
  • 「家族特約」もセット
  • 他の「JAL普通カード」では、家族特約はない

  • 中国に行く場合には「銀聯」を発行できる
  • 中国では普通のクレジットカードは使いにくいので、
  • 「銀聯カード」があると非常に便利

…というのがアメリカン・エキスプレスのメリットです。簡単にキーワードだけ一覧にすると、

  • 航空便遅延補償
  • 空港ラウンジ
  • 海外ショッピング補償
  • 保険家族特約
  • 銀聯カード

ということですね。これらはすべて、他のカードだと(JAL普通カードの、アメックス以外の国際ブランドだと)、「ない」か「難しい」ものになっています。これらのメリットが揃っているという点で、特に海外によく行く人におすすめです。

正規のアメックスカードが、最安で手に入る

もう一つ、「JAL普通カード」へのこだわりはなくても「アメックスカード」へのこだわりがある人にも、この「JAL普通カード(アメリカン・エキスプレス・カード)」はおすすめです。理由は、

  • 年会費6000円で、正規のアメックスカードが手に入る
  • アメックスが直接発行するカードだと、
  • 一番安い「グリーン」でも、年会費1万2000円

    JALでなく、ANAも「アメリカン・エキスプレス・カード」を発行しているが、
  • その「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の場合
  • 年会費は「7000円」(JALより1000円高い)

となっています。「1000円くらいいんじゃね?」と思う人もいるでしょう。私も思います。要は、

  • アメックスが「直接発行」するカードより、
  • JAL・ANAが発行するアメックスカードの方が、年会費が半分程度になる

ということです。もちろん、年会費が半分でも「正規」のカードなので、アメックスのサービスはすべて受けられます。

上に書いた通り、アメックスを使うメリットがある人(つまり、よく海外に行く人)にとって「年会費1000円」の違いは大したことないので、

  • JALが好きか、ANAが好きかで決める
  • どちらでもいいなら、年会費が安いJALにする

という決め方でいいでしょう。

JAL派・ANA派、それぞれのメリットは?

JAL・ANAの違いは、強いていうなら、

  • JAL…ラウンジなどの「上位サービス」を受けたい人向け
  • ANA…そういうサービスなしで、「飛行機自体」の、安さと質を求める人向け

となります。つまりANAの方が、無駄がないということ。大体のイメージとしては、年収1000万円以下だったら、みんなANAの方がいい…となるのではないでしょうか。

(曖昧な言い方をしたのは、好みもあるし、年収の線を引くのも難しいからです)

個人的には、ANAがおすすめ

理由を箇条書きしていくと、

  • ANA・JALで明確に違うのは、
  • 「手荷物預かり」である

  • JALの方が、個数もサイズも多い
  • だから、荷物が多い人は、JALがいい

  • 逆に言うと、荷物がない人は、
  • JALだと「荷物が多い人の分まで、自分が料金を払っている」
  • …ということになる

  • さらにJALは「上位サービス」が受けやすくなっている
  • つまり「多くの人が、上位サービス」を使っている

  • ということは、「上位サービス」を使わない人だと、
  • やはり「余計な費用を払っている」ことになる

つまり、下の2種類の人は、ANAの方がいいわけです。

  • 荷物が少ない人
  • 上位サービスを使わない人(普通の人)

ということですね。で、これだけ見ると、

  • お金持ち…JAL
  • 普通の人…ANA

という分類になりそうですが、お金持ちの人は多分「違う」と言うでしょう。

お金持ちでも、ANAの方がいい?

理由は、

  • お金持ちほど、荷物がない
  • だから、JALの「荷物のサービス」が要らない

  • 「上位サービス」についても、
  • まず「荷物」の優遇は不要
  • 「ラウンジ」も「クレジットカード」のサービスがあるから不要
  • 役立つのは主に「優先搭乗」のみ

  • しかし、この「優先搭乗」も、
  • お金持ちは「ビジネスクラス」や「クラスJ」(JALの上位シート)を買うことが多く、
  • チケット自体で、優先搭乗できるようになっている

…ということです。つまり、ANA・JAL、それぞれで得する人をまとめると、

  • 荷物が多い、普通の人…JAL
  • 荷物がない、普通の人…ANA
  • 荷物が多い、お金持ち…JAL
  • 荷物がない、お金持ち…ANA

となります。(やや大雑把な分け方ですが)

これだと「互角」に見えますが、3つめの「荷物が多いお金持ち」というのは、基本的にいません。(お金持ちは、全部現地で買うか、別便で送っているからです)

なので、上の比較結果はこうなるわけですね。↓

  • 荷物が多い、普通の人…JAL
  • 荷物がない、普通の人…ANA
  • 荷物がない、お金持ち…ANA

荷物が多い、普通の人のみ、JALがおすすめ…ということです。

ANA・JALの違い、詳細比較

上に書いた「荷物」なども含めて、JAL・ANAの詳細な比較をしていきましょう。下の参考ページを元に、まとめさせていただきます。

  • 「JAL派、ANA派どっちがいいか“ザックリ比較!!”」
  • http://yoshisuke.seesaa.net/article/405046083.html

 手荷物預かり・許容数

  • ANA…スーツケース1個
  • JAL…スーツケース2個

ということで、これは「完全にJAL」です。それぞれ「上位ステータス」は個数が増えますが、

  • ANA…2個
  • JAL…3個

ということで、やはりJALが上です。さらに「サイズ」ですが、縦横奥行きの「3辺合計」のサイズが、

  • ANA…158cm
  • JAL…203cm

ということで、JALの方が一回り大きくなっています。重量も、

  • ANA…20kg
  • JAL…23kg

と、JALの方が重くてもOKです。(サイズが大きいのだから当然ですが)

このように「個数・サイズ・重量」ともに「JALが明確に有利」なので、この点ではANAよりJALをおすすめします。

(ちなみに、私は必ず「機内持ち込みの小さいリュック一つ」なので、預ける荷物は無関係です。その点、余計な料金がかかっていないだろう、ANAを選びます。*これだけサービスしているということは、JALの料金には、それだけ上乗せされているはずですからね)

 エリートステータス

  • ANA…「ゴールド」(一番上)から
  • JAL…「サファイア」(上から2番目)から

となります。ちなみに、エリートステータスになると、

  • ラウンジが使える
  • 荷物の許容量が増える
  • 優先搭乗できる

などのメリットがあります。このステータスが「早く獲得できる」という点で、JALの方が有利ということですね。

(逆に言えば、多くの人がこのサービスを利用しているということ。その分の料金が「関係ない人」にも含まれている可能性があります。なので、「上のステータスとかいらない」という人だったら、やはりANAの方がいいでしょう。)

 料金

  • ANA…直前予約がしやすい
  • JAL…直前だと高い

つまり、料金だと「若干、ANAが有利かも」ということですね。特に直前に出張などが決まることが多い人の場合。

 機内食(アイス)

機内食はほぼ互角ですが、アイスだけが違うらしく、

  • ANA…普通
  • JAL…ハーゲンダッツ

となっています。これは断然、JALの方がいいですね。しかし、

  • アイスを食べない人には関係ない
  • 特に健康や外見に気を使う人々は、
  • アイスのような嗜好品は、年々食べなくなっている

という点から、これは個人的には「JALが上でも、関係ない」と思います。余談ですが、アーティストのGACKTさんは、

  • 炭水化物
  • 肉・魚
  • お酒
  • 果物
  • 砂糖

は、一切摂取しないそうです。(ごくたまに、一部解禁する程度で)

何を食べてるかと言ったら「ほとんど野菜」なんですね。にわかには信じがたいと思いますが、特に「砂糖・炭水化物」は、極力摂取しない方がいいようです。

 参考ページ

  • 不調の原因「グルコーススパイク」(大塚製薬)
  • https://www.otsuka.co.jp/health_illness/snack/page_01_02.html

「グルコース」は「ブドウ糖」ですが、

  • 糖質の摂取で、血液のブドウ糖の量(血糖値)が急激に高まる
  • それを「下げよう」とする働きが強まる
  • 結果「血糖値が、食べる前より下がる」
  • だから、眠くなる

ということです。ちなみに、この「上下動」自体を、少なくした方が健康にいいので、砂糖や炭水化物自体を、減らした方がいいようです(なかなか難しいですが)。

大塚製薬は「甘い味がする健康ドリンク」もたくさん出してるので、彼らにとって、これは必ずしも有利な学説ではありません。(もちろん、これに合わせて新しい商品を開発していくのでしょうが)

…と、このように「アイス自体が、そもそも健康には不要」なので、「そういう所にお金を使っていない、ANAの方がいい」と、個人的には思います。

(全体的に、ANAの方が「無駄に使われるお金がない」という印象です)

ANA VISA/Master学生カード

ANA VISA/Master学生カードは、ANA VISA/Master 一般カードの「学生版」です。

  • 「マイレージが貯まりやすい」というメリットは同じ
  • 違いは「在学中、年会費無料」ということ
  • 22才以下だと「スカイメイト割引」があること(学割)

ということです。つまり、

  • 年会費無料
  • 学割

という2点ですね。当然ですが「一般カードより、総合的に有利」ということです。不利な点は、「限度額30万円と、一般カードより小さい」ということですが、学生ならこれだけあれば十分でしょう。

(むしろ、これ以上使うのは非常に危険です。私はこの3倍借金していましたが)

一般カードだと2000円の年会費が、無料になる

まず「年会費」についてですが、「一般カード」(ANA VISA/Master 一般カード)だと、「2000円」かかります。これが「学生カード」だと無料になるということですね(在学中は。退学したらダメです)

「年会費無料」の何がいいのかというと、

  • 金額自体は問題ではなく、
  • 「サブで何枚かクレジットカードを持つ」

という時に有利なんですね。一枚だけだったら、年間2000円程度、別に痛くないでしょう。しかし、

  • 買い物する先、ポイントを使う先によって、
  • 「お得なクレジットカード」はだいぶ変わるので、
  • それぞれの用途に合わせて、複数枚持つ

というのは合理的です。そして、複数枚のクレジットカードを持つとなると、「年会費」は重要になるのです。なので、主にそういう方にとって、大きなメリットですね。

そうでなければ、2000円という金額自体は、それほど強調するようなものでもないと思います。

(学生で複数枚のクレジットカードを持つ人が、どのくらいいるかはわかりませんが…)

スカイメイト割引について

もう一つのメリットである「スカイメイト割引」ですが、これは、

  • 22才以下で適用
  • 料金が6割程度まで安くなる

  • たとえば「東京・羽田」→「札幌・新千歳」なら、
  • 通常「3万7000円」が「2万円」になる
  • (金額は便によって違うので、概算)

ということです。ちなみに、東京―札幌間は、もっと安い便も当然あります。最安値は1万6000円くらいだったと思います(時期にもよりますが)。

スカイメイト割引を使わなくても、最初からそれだけ安い便もあるわけですが、それだと割り引かれないかも知れません。下の参考ページで、「スカイメイト割引」の金額例が一覧にされていますが、やはり全部「2万4000円」以上のものになっています。

 参考ページ

  • ANAのスカイメイト割引(12歳以上〜22歳未満)で飛行機に安く乗る
  • http://kakuyasu-ryoko.com/airplane/スカイメイト割引/

  • 東京―札幌…37790円→20140円
  • 東京―福岡…41390円→21840円
  • 東京―沖縄…46090円→23990円
  • 東京―大阪…25490円→12990円
  • 大阪―福岡…24600円→11850円
  • 大阪―札幌…46300円→24000円
  • 大阪―沖縄…38400円→20350円

つまり「高いチケット」しか割引が適用されないかも知れませんが、「24600円」が「11850円」になる…というのはかなりお得でしょう。私は先日(2016年5月)、「羽田―札幌」で「1万4000円」程度の最安値の便に乗りましたが、十分快適でした。ガラガラだったというのもありますが。

1万4000円で十分なクオリティだったので、「2万4000円」だったらかなり良いだろう…と思います(国内線は、激安しか乗ったことがないのでわかりませんが)。

何はともあれ、スカイメイト割引が、かなりお得なのは確かです。もちろん、これを活用するために旅行を増やす…というのは本末転倒ですが、「もともと旅行をする予定だった」という場合には、いいでしょう。

マイレージカード・まとめ

以上、「マイレージカード」(マイルが貯まりやすいクレジットカード)についてまとめてきました。最後に要点を整理すると、

  • マイレージカードは、
  • 「普通の還元率」は「0.5%」程度である

  • つまり「電子マネー」などに交換する場合、
  • 「1万円買い物して、50円」程度になる

  • しかし「マイル」に交換すると、
  • 「マイル還元率」が「1%~2%」程度なので、
  • 「1万円買い物して、1~2マイル」になる

  • この「マイルの価値」は、
  • 「どんな航空券」を買うか」で変わる
  • 目安としては、

  • エコノミー…1マイル…2円
  • ビジネス…1マイル…7円
  • ファースト…1マイル15円

程度の価値を持つ。これを還元率に直すと、

  • エコノミー…2%
  • ビジネス…7%
  • ファースト…15%

となる。普通「高還元率のクレジットカード」と言われるのは「1%」なので、エコノミーですら、その2倍になる。

(すべて概算であり、多少前後する)

  • マイルも電子マネー同様
  • 「普通の買い物」に使うこともできる
  • ただ、その場合は「普通の還元率」になってしまう

  • この記事で紹介したクレジットカードでも、
  • 大体「0.5%」の還元率になる

  • だから「マイレージカード」は、
  • 旅行や出張で「航空券を必ず買うとわかっている」人のためのもの

  • そうでない人は、何でも買えるAmazonで2%の還元率になる、
  • Orico Card THE POINTなどの方がいい

  • ANA・JALでいうなら、
  • 「JALが好きな人」「荷物が多い人」はJALがおすすめだが、
  • それ以外の人は、ANAの方がいい
  • (全体的に無駄なサービスが少ない印象)

ということです。マイルが貯まりやすいマイレージカードを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP