本当に「ポイント還元率」の高いクレジットカードとは!?比較の際の注意点

注意点を解説しよう!

ポイント還元率の高いクレジットカードはたくさん発行されています。ただ、それらの全てが本当にお得なカードだとは限りません。少しでもポイントで得をしたいなら、以下の注意点を守ってクレジットカードを選んでください。

ポイント還元率は「端数の切り捨て」に注意!

ポイントの加算方法は、クレジットカードごとに違っています。利用額100円につき1ポイントを付与するカードもあれば、利用額1,000円につき10ポイントを付与するカードもあるのです。一見すると、もらえるポイントはどちらも同じに見えるかもしれませんね。しかし、ポイント計算の際に端数として切り捨てられる金額を考えると、後者の方式は明らかに損です。

1,000円で10ポイントよりも、100円で1ポイントの方が貯まりやすい

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)たとえば、『Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)を例にとって考えてみます。カードの利用額が9,900円だったとします。100円につき1ポイントを付与するカードだと、もらえるポイントは99ポイントになりますね。

一方で1,000円につき10ポイントを付与するカードの場合は、利用金額が同じでも90ポイントしかもらうことができません。900円が端数としてバッサリ切り捨てられてしまうからです。これだと圧倒的に100円ごとの方がお得です。

100円ごとで都度決済よりも、1,000円ごとでまとめて月末計算の方が実は貯まりやすい!?

三井住友VISAデビュープラスカードところが100円につき1ポイントをもらえるカードにも、注意すべき点はあります。ポイントが付与されるタイミングと買い物の質によっては、思わぬ損をする場合があるからです。

1,000円ごとの例として『三井住友VISAデビュープラスカード』(年会費無料/還元率1.0%:1,000円で2ポイント=10円相当)を考えてみます。

100円ごとは「端数切り捨て」が基本。1,000円ごとでまとめてもお得

Orico Card THE POINT」のようにカードを利用するたび100円ごとに1ポイントを付与するカードと、「三井住友VISAデビュープラスカード」のように月末にまとめて1,000円ごとに10ポイントを付与するカードがあるとします。

この2つのカードを実際に使ってみると、ポイントで損をするのは前者だったりします。なぜならば、カードを利用するたびにポイントを付与する方式の場合、ほとんどのカードで利用のたびに端数の切り捨てが発生するからです。

金額とタイミングによってお得度は違う。気にしすぎない方が良いかも

たとえば99円の買い物を25回したとしましょう。100円ごとだと1ポイントも貯まりません。一方で1,000円ごとでまとめてだと20ポイントは貯まります。99円×25回=2,475円に対して、ポイント付与が入るからです。ところがこれが100円の買い物9回だと、100円ごとは10ポイント。1,000円ごとは0ポイントです。圧倒的に100円ごとが得になります。

これらは極端な例ですが、「100円ごとの還元」や「端数の切り捨て」にはこのような罠があります。タイミングと金額によって還元額が変動する点だけ押さえておきましょう。

決済ごとは「切り上げ」!まとめては「100円ごと」がベスト

この都度決済で最もお得なのは「四捨五入」や「切り上げ」を行ってくれるカードです。たとえば、カードを利用するたびにポイント計算が行われ、その都度99円の端数が切り捨てられるとします。端数切り捨てが重なれば、累積利用額に対してもらえるポイントが少なくなることは明白です。

JALカード×ショッピングマイルプレミアムは100円以下が四捨五入!本当に還元率が高い!

JAL普通カード(VISA)一方で「JALカード」の「ショッピングマイルプレミアム」(年会費3,000円+税)のように、100円以下でも四捨五入で切り上げられるシステムもあります。『JAL普通カード(VISA)』(初年度無料、年会費2,000円+税/還元率0.5%:200円ごとに1マイル)を例にとって考えてみましょう。このカードは通常200円以下は切り捨てです。

しかし「ショッピングマイルプレミアム」に入っていれば、100円ごとに1マイルが貯まります。さらに100円以下でも50円以上で1マイルが貯まります。50円の買い物を20回すれば、1,000円で20マイルがもらえるのです。無いところからマイルを生むシステム。同様のカードがあれば、これがベストです。

100円ごとに四捨五入、もしくは月にまとめて100円ごとが最もお得なクレジットカード

ダイナースクラブカード券面他方、月末にまとめてポイントを付与する方式では、端数の切り捨てが行われるのは月に1回です。これが1,000円につき10ポイントならば最大999円分は切り捨てられます。しかし『ダイナースクラブカード』(年会費22,000円+税/還元率1.0%:100円ごとに1ポイント)のように、期末に全額まとめて100円につき1ポイント付与されるカードもあります。これなら、1ヶ月間で切り捨てられる金額は最大で99円。残りの利用額は無駄なくポイント付与の対象となります。

このようにポイントの計算方式の違いは、年間の累積ポイントに大きく影響します。クレジットカードを選ぶ際は、しっかりチェックしてください。

ポイントの「交換レート」が悪いと実質還元率は低くなる!

一見するとポイント還元率が高そうなカードも、ポイントの交換レートが低ければお得に利用できません。仮に利用額1,000円につき100ポイントが付与されたとしても、ポイントの現金交換レートが0.01倍では意味がないのです。

この点をしっかり意識しておかないと、「1万ポイント貯めたのに100円分の共通ポイントにしか交換できなかった…」なんてことになりかねません。こうした悲しい事態に陥りたくないなら、ポイントを現金に換算して考える習慣をつけましょう。

本当の「還元率」は「ポイント還元率」と「ポイント交換率」の掛け合わせ

たとえば利用額1,000円につき2ポイント付与されるカードを見つけたら、1ポイントが実質何円分の価値があるのかをまず計算してください。仮に1ポイントを5円分のTポイントに交換できるとすれば、そのカードのポイントの実質的な価値は5円です。1,000円につき10円分の価値があるポイントがもらえるなら、そのカードのポイント還元率は1.0%ということになります。

『ダイナースクラブカード』は見た目還元率は1.0%!実質0.4%!

ダイナースクラブカード券面一方で『ダイナースクラブカード』(年会費22,000円+税/還元率0.4%:100円ごとに1ポイント)のような例もあります。100円で1ポイントですから還元率は1.0%。でも、5,000ポイントでも2,000円相当のギフト券としか交換できません。交換レートが悪いため実質還元率は0.4%となります。

そのためダイナースクラブカード利用者の多くは、別途お金を払って1ポイント=1マイルに交換する道を選んでいます。基本的なことですが、クレジットカードを選ぶ際は必ずこうした計算を行うようにしましょう。

「年会費無料」=良いカードではない!「有料」でもお得!

「ポイント還元率」を重視して選ぶと、クレジットカードの年会費は無料のものが基本となります。しかしここではその「例外」についてご説明します。というのもクレジットカードの利用状況や利用目的によっては、年会費のかかるカードを選んだほうが得をする場合があるからです。

JALマイルを狙うなら「ショッピングマイルプレミアム」高い年会費で高還元のものを選ぶのも選択肢の1つ

JAL普通カード(VISA)たとえばポイントの代わりにマイルの獲得を狙う場合は、年会費が高いゴールドカードや、還元率がアップする有料サービスを申し込んだ方がよい場合があります。

特に前述の「JALカード」の「ショッピングマイルプレミアム」(年会費3,000円+税)は、JALマイルを貯めたい方には必須のサービスと言えるでしょう。100円以下でも四捨五入で切り上げられてポイントが与えられる上、『JAL普通カード(VISA)』(初年度無料、年会費2,000円+税/還元率0.5%:200円ごとに1マイル)と合わせても費用は毎年5,000円+税。1マイルは2円相当と言われていますから、このカードで100万円使えば、1万マイル=2万円相当が還元されます。

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』はネット通販で還元率2.5%以上!

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアムゴールド)券面さらにゴールドカードの中には、ポイントの還元率に特化したカードがあります。たとえば『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアムゴールド)』(年会費1,805円+税)のように、オリコモールを経由することで、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングで常時2.5%還元となる格安ゴールドカードがあります。

『Orico Card THE POINT』より年間40万円以上の利用でお得

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)券面下位カードの『Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)とのポイント差は0.5%ですが、年間40万円以上ネットショッピングをするヘビーユーザーは年会費を考えてもこちらの方がお得です。

他にもポイントでマイルを貯めたい方には、いくつかの外部サービスを利用することで還元率が1.4%以上になるカードもあり、人気を呼んでいます。

ゴールドカードの年会費を払ってもお得かどうかしっかり計算しましょう

ただゴールドカードの年会費は1万円以上のものがほとんど。年会費を差し引いてもお得感を感じられるほどのマイルを貯めるには、かなりのカード利用額が必要となります。

具体的にいうと、この手法でお得感を感じられるのは年間のクレジットカード利用額が数百万円に達する方だけです。つまり、この手法が有効なのは、かなりのお金持ちだけということになります。

『dカード GOLD』は通信費の10%を還元!スペシャル特典も考えよう

dカード GOLD券面dカード GOLD』(年会費10,000円+税/還元率1.0%:100円で1ポイント)のように、通信費の10%をポイントで還元してくれるカードもあります。毎月10,000円近くドコモ系で通信費を払っている人は年会費は十分にペイします。

多くの方にとって、こうしたカードの使い方は耳慣れないものなのかもしれません。ただ、年会費無料のカードだけが「よいカード」とは限らない、という点だけは覚えておいてください。

利用期限に注意!高還元カードはポイント利用期限が短い!?

クレジットカードを選ぶ際は、ポイントの利用期限に注意しなければなりません。というのも、期限までに使用しなかったポイントは失効してしまう場合があるからです。

ポイントの利用期限は、2年間に設定される場合が多くなっています。ただ、利用期限が1年間で、かつ1,000ポイントからしかキャッシュバックされないといった制限のあるカードもあるので要注意です。

『Orico Card THE POINT』のオリコポイントは有効期限1年間!500ポイントからしか使えない

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)券面Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)は年会費がかからない高還元カードとして人気です。しかしポイントの有効期限は12ヶ月間。500ポイント以上からしか使えません。

オリコモール経由でAmazonで常時2%還元ですから、Amazonのヘビーユーザーには特に支持されていますが、有効期限には注意が必要です。

『楽天カード』のように1ポイント1円から使える方が使いやすい

楽天カードポイント還元を重視してクレジットカードを使っているのに、肝心のポイントが失効してしまっては意味がありません。クレジットカードには、ポイント利用期限の定められていないカードか、『楽天カード』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)のように1ポイントからいつでも使えるカードを選びましょう。

特に「楽天カード」は1ポイントから電子マネー楽天Edyに交換できるので、使う場所を選びません。コンビニでも書店でもどこでも使えます。

本当に「ポイント還元率」の高いクレジットカードまとめ

ポイント還元率の高いクレジットカードには、いろいろなタイプが存在しています。今回紹介したような注意点や落とし穴に気をつければ、自分のカード利用方法にピッタリなカードが見つけられます。クレジットカードを利用するなら、還元率の高いカードを使わない手はありません。ぜひ本文を参考にして、ポイント還元で損をしないようにしてください。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP