Rポイント(楽天スーパーポイント)の楽天カードを持とう!

楽天の共通ポイント「Rポイント」は2014年秋から!

「Rポイント」とは2014年の秋から楽天が「楽天スーパーポイント」を共通ポイント化して付与するポイント制度です。「楽天スーパーポイント」は、既にTポイントに代わってしまったYahoo!ポイントとは対照的に、いまでも楽天市場で非常に多く使われている成功したポイント制度です。
この楽天ポイントを共通ポイントとして、コンビニやガソリンスタンドやスーパーなど楽天市場以外の日常生活でも普及させようというのが、楽天の新たなチャレンジなのです。

楽天市場の楽天スーパーポイントが共通ポイントになる

これまで、共通ポイントといえば「Tポイント」や「Pontaポイント」が有名でしたが、その2大共通ポイントに対して「Rポイント」がどこまで食い込めるかとても注目されてもいます。

共通ポイントというのは、業種を超えて外部の企業同士で相互に利用することができるポイントサービスのことです。Tポイントであれば、コンビニのファミリーマートや、レンタルのTUTAYAをはじめとして、6万店もの加盟店があります。

一方で楽天の「Rポイント」は、通販大手の楽天市場で知られる楽天スーパーポイントを、楽天ブックスや楽天トラベルといった楽天内のサービスだけでなく、外部でも利用できるようにするというものです。

コンビニはサークルKサンクスと提携!全国1万店以上で利用可能!

これまでのところ、Rポイントへ加盟する予定の店舗は、コンビニのサークルKサンクス、ガソリンの出光、ミスタードーナツ、アリさんマークの引越社や日通、エステのミュゼプラチナムなどの名前が挙がっています。
これらの店舗を総合すると、Rポイントの取扱店は全国で1万3000店舗以上となります。

TポイントやPontaの加盟店に比べるとまだまだ少ないという一面はありますが、楽天市場に加盟しているショップなども含めれば相当数に上るという強みもありますし、まだまだ加盟店が増えていくはずです。

「Rポイントカード」は「楽天カード」で貯める!

Rポイントでは、「Rポイントカード」というカードを発行され、それを提示すればポイントが付与されます。貯めたポイントは通常の楽天スーパーポイントと同じく、1ポイント1円として利用することができます。

Rポイントカードは加盟店によって配布されその場ですぐに利用可能となっています。
Rポイントを利用するには、楽天での利用登録が必要となり、配布されたカードに記載されているカード番号とセキュリティコードを入力するだけで登録できます。登録すれば、ネット上での利用も可能になります。

利用登録をしなくてもRポイントは貯められますが、Rポイントを使うことができません。しかも、Rポイントは6ヶ月という期限もあるので、カードを受け取ったら早めに登録することが求められます。

楽天カードでRポイントを二重取り!

Rポイントはこれから開始されるサービスのため、まだまだ明るみになっている部分が少ないのも現状です。楽天にはもともと「楽天カード」というクレジットカードがあります。

もちろん楽天カードでショッピングをすれば楽天スーパーポイントが付与されるのですが、これにRポイントカードを組み合わせて利用することで、さらにお得に楽天スーパーポイントをゲットできるのです。

効率的にポイントを貯められる上、楽天カードは年会費も無料なので、非常に使いやすいカードともいえます。実際、楽天カードの利用者は年々増えている傾向にあるので、Rポイントの開始によってますます人気を集めるはずです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP