SoftBankで貯まる!ソフトバンクポイントとTポイントの違い

ソフトバンク関係のポイントシステムは3種類!?

ソフトバンクポイント、SoftBankマネー、Tポイントがあります

ソフトバンク犬とTポイントカード携帯電話のSoftBankソフトバンク絡みのポイントは、以前は『SoftBankカード』のポイント=「SoftBankマネー」と、携帯電話の利用で貯まる「ソフトバンクポイント」だけでした。しかしソフトバンクが「Tポイント」に参加したことで、関係が複雑になりました。

3つのポイントはどれもまだ利用することが出来ます

「ソフトバンクポイント」は、以前はソフトバンクの携帯電話を契約している人が、毎月の利用額に応じて貯めていくポイントでしたが、現在は「Tポイント」に切り替わっています。どのポイントもまだ現役で使えるポイントプログラムですが、ここではまず「ソフトバンクポイント」と「Tポイント」の違いについて説明します。

「ソフトバンクポイント」と「Tポイント」の違い

ソフトバンクポイント=SoftBankショップで利用できるポイント

「ソフトバンクポイント」は、携帯電話オプション品の購入代金の支払いや機種変更などに使用できるSoftBank携帯電話独自のポイントプログラムです。ソフトバンクポイントの有効期限は最大3年間です。

使い勝手の悪いポイントとして評判は悪かった

ソフトバンクポイントはSoftBankショップで1ポイント=1円で利用できましたが、肝心のケータイ料金の支払いには使えないのがデメリットでした。還元率は1.0%。SoftBankの携帯電話を利用すると、携帯電話料金1,000円につき10ポイント(還元率1.0%)が貯まっていました。

ソフトバンクポイントの使い道
  • 携帯電話の購入・修理に使う
  • 新規の携帯電話機種代金に使う
  • 機種変更の携帯電話代金に使う
  • 携帯電話の修理代金に使う
  • オプション品などの購入に使う
  • お父さんグッズと交換に使う
  • カタログギフトと交換に使う
  • コンテンツと交換に使う
  • 募金に使う

毎月の携帯電話支払いで貯まるポイントは「Tポイント」に変わりました

2014年7月より、毎月のソフトバンク携帯電話のご利用金額に応じて付与されるポイントが、「ソフトバンクポイント」から「Tポイント」に替わりました。これは劇的な変化でした。

もちろんソフトバンクポイントプログラムはそのまま残っているので、これから交換することもできますし、所有し続けることもできます。またソフトバンクポイントはこれまでどおり、ソフトバンクで利用することができます。

ソフトバンクポイントは有効期限内に使い切りましょう!

ただしソフトバンクポイントがTポイントに切り替わったことで、これからソフトバンクポイントの役割はじょじょに縮小していくことになると思います。新規にソフトバンクポイントを手に入れることはほぼありません。有効期限終了に伴い、消滅するものと思われます。

2017年にはソフトバンクポイントは消滅します

ソフトバンクポイント交換には最大3年間の有効期限が設定されています。そのため期限内に利用するようにしましょう。実際、人気のお父さんグッズとの交換にソフトバンクポイントを利用するサービスは、2016年2月29日をもって受付終了しています。

Tポイント=SoftBank携帯電話の利用で貯まる共通ポイント

「Tポイント」は、2014年7月からSoftBankの携帯電話料金の利用額に応じて貯まるようになった共通ポイントです。ソフトバンクもTポイントプログラムに参加したので、毎月の利用料金1,000円(税抜)ごとにTポイントが5ポイント貯まるようになりました(還元率0.5%)。もちろん「ソフトバンクポイント」も従来と同じようにSoftBank携帯電話の機種変更などに使用することができます。

Tポイントは全国の加盟店で貯める・使える共通ポイント

Tポイントは共通ポイントなので、利用方法もソフトバンクに限定されず、加盟店ならどこでも利用できます。SoftBankの携帯電話料金で貯まるだけでなく、TSUTAYAやガスト、ファミリーマート、ENEOSなど、全国のTポイント加盟店で貯めて、使うことができます。そのため、これからソフトバンクの携帯電話を利用する方は、Tポイントを確認する必要があります。

Tポイントを貯めるには「Tカード」が必要ですが、Tカードをお持ちでない方は、オリジナルTカードを発行して、携帯電話番号を登録すれば、関連付けされて連携OKです。

不便な「ソフトバンクポイント」は廃止に!

「ソフトバンクポイント」は「Tポイント」に交換できない

SoftBank携帯電話の利用で貯まる「ソフトバンクポイント」は「Tポイント」に変わりました。しかし「ソフトバンクポイント」は「Tポイント」と交換することはできません。いままで通りソフトバンクでオプション品などを購入するのにしか使えません。

SoftBank携帯電話の機種変更で使い切ることをおすすめします

ソフトバンクポイントは携帯電話料金に充てることもできませんし、使い道が極めて限られているので、早めに携帯電話の機種変更などでソフトバンクショップで利用することをおすすめします。これがソフトバンクの狙いかも知れませんね。

「ソフトバンクポイント」が「Tポイント」に替わって便利に!

逆にTポイントは全国のTポイント加盟店で使用できる分、コンビニやドラッグストア、レストランなど、利用用途が圧倒的に広がります。ただし、Tポイントは1,000円につき5ポイント貯まり、還元率は0.5%となります。利便性がアップした一方、ソフトバンクユーザーからすれば還元率が下がったというデメリットもあります。

有効期限は実質無期限! SoftBankユーザーは大満足!

ただソフトバンクポイントの有効期限は最大3年間でしたが、Tポイントはポイント変動から1年間ですので、SoftBankの携帯電話を使い続けていれば実質無期限と言えます。今まで使い道に困っていたソフトバンクポイントがTポイントに切り替わったことは歓迎すべきコトと言えそうです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP