Tポイントが貯まる!ファミマTカードを持つべき理由

Tポイントが日本で最も普及した共通ポイント


ここ最近、クレジットカードの活用方法で外すことができない話題が共通ポイントです。
有名なのが、TポイントとPontaポイントでしょう。
限られた店舗だけに限らず、業種をまたいで利用できるのが共通ポイントの大きな特徴となっています。
コンビニをはじめファミレスやレンタルショップなど、利用範囲は多岐に渡ります。

Tポイントは使い勝手が良いので人気

共通ポイントでは、TポイントとPontaポイントの2つが今のところ2大共通ポイントともいえます。
これに2014年秋からは楽天の運営するRポイントが加わり、共通ポイント合戦もますます過熱していく様相を呈しています。
この中で、提携店舗数などでもっとも大きく展開しているのがTポイントです。
コンビニ大手のファミリーマートやレンタル大手のTUTAYAなどで利用でき、知名度も高い共通ポイントです。
共通ポイントというのはよく分からなくても、Tポイントなら知っているという人も多いのではないでしょうか。

Tポイントにソフトバンク・Yahoo!グループも参加


ツタヤの会員証として始まったこのTポイントカードですが、今でもTポイントの加盟店舗は拡大を続けています。
最近ではインターネット大手のYahoo!や大手携帯キャリアのSoftbankなどもTポイントへ参入しています。
ソフトバンクグループのYahoo!はすでに「Yahoo!ポイント」を廃止して、順次「Tポイント」へ変更しています。
またSoftbankも2014年7月に「ソフトバンクポイント」から「Tポイント」への移行が決定しています。
とはいえ、やはりTポイントといえば「ファミマTカード」に代表されるように、ファミリーマートというイメージが強いかもしれません。

ファミリーマート利用者にはファミマTカードがおすすめ


ファミリーマートでは、毎月「カードの日」を設け、その日にTポイントカードを提示すればTポイントをお得にゲットできるシステムを設けています。
毎週火曜と土曜をカードの日として設定し、通常の2倍のTポイントが付与されます。
同じクレジットカードでも、ファミマTカード以外のカードではTポイントは倍にはなりません。
またファミマTカードのクレジット払いなら、ファミリーマートでもTポイント加盟店でもTポイントが通常の1.5倍貯まります。
しかも最近ではこのファミマTカードも、TSUTAYAのレンタル機能が追加可能だったり、Tモールでお買い物が出来たり、公共料金の引き落としでもポイントが貯まったり、その他のメリットが大きくなっています。

Tポイントを貯める、ビデオを借りるなどサブカードとしても便利

このファミマTカードの特徴は、無理に決済に使用しなくても良いという点です。
提示してTポイントをゲットするだけの目的で持っているだけでもいいのです。
つまり通常のTポイントカードとして利用するということです。
ファミマTポイントカードはあくまでもファミリーマートなどでTポイントをゲットするためだけに使用し、さらに別のカードを使用することも可能と言うことです。
ただ他のクレジットカードとの組み合わせも良いのですが、別途Tカードを持たなければならないので、それがデメリットとなります。
いくつもカードを持つのは大変ですし、ファミリーマートだとファミマTカード会員限定でお得なポイント還元キャンペーンなども行っています。
コンビニの内、ファミリーマートを主に利用されている方は手に入れておいて損はないカードとなっています。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP