クレジットカードのポイントって何?お買い物でポイントが貯まる仕組みを解説

ポイントを貯める主婦

クレジットカードはポイントをためることができるのが魅力です。ショッピングはもちろん生活費の支払いでもポイントを獲得できるのはご存じでしたか?しかし、ポイントのたまりやすいカード、たまりにくいカードがあるので、十分にサービスを比較するようにしましょう。

クレジットカードでポイントがつく仕組み

ポイントは加盟店の手数料を会員に還元したもの

そもそもなぜ、クレジットカードで買い物をするだけで、手数料無用でポイントだけつくのか疑問に思う人もいるかもしれません。これは、クレジットカード加盟店からの手数料がポイントとして会員に還元されているからです。

通常、顧客がクレジットカードをお店で使用すると、お店からクレジットカード会社に加盟店手数料が支払われます。その一部を、クレジットカード会社が顧客にポイントとして還元しているというわけなのです。

カード会社もお店もお客さんもWin-Win-Winの関係

クレジットカード会社は多くの人によりたくさんカードを使用してもらうことで利益を得ています。加盟店手数料をポイントに回すことで損をしたとしても、それによる販促効果、得られる利益の方がはるかに大きいということでしょう。

もちろん、得をしているのはクレジットカード会社だけではありません。クレジットカードが使えるということで加盟店は顧客が増え、顧客にもポイントが還元されるというように、各方面にメリットが大きいシステムなのです。

クレジットカードでポイントが貯まる割合=ポイント還元率

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%

一般的にクレジットカードのポイント還元率は0.5%程度です。つまり、1,000円のショッピングをすれば5円相当のポイントがたまるというわけです。正直「たったそれだけ」と、思う人もいるでしょう。

しかし、ポイントは「塵も積もれば山となる」ものです。クレジットカードは年間50万円程度使用するという人も結構いますし、それ以上というケースも少なくありません。

たとえば、年間利用額が200万円あれば、平均的なポイント還元率0.5%だったとしても10,000円相当のポイントがたまります。まして、ポイント還元率が0.5%以上ならば……。

クレジットカードを使う人ほどポイント還元率1%の差は年間で大きな違いが出る!

クレジットカードの平均的なポイント還元率は0.5%ですが、1.0~1.25%という高還元率を誇るものもあります。なかには1.5%というものも!

では、同じ三井住友VISAカードでもポイント還元率が0.5%と1.5%では、年間利用額に応じてどれぐらい違いがあるのか比較してみましょう。

三井住友VISAエブリプラスとクラシックカードの還元率比較
クレジットカード名 三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAエブリプラス
券面画像 三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAカード「エブリプラス」券面
還元率 還元率0.5% 還元率1.5%
年間利用額50万円 2,500円 7,500円
年間利用額100万円 5,000円 15,000円
年間利用額200万円 10,000円 30,000円

もし、年間利用額が200万円ならば年間で20,000円の差が発生しています。それは3年で60,000円、5年で100,000円、10年で200,000円もの差に拡大していきます!

年間利用額が大きいほど、また、クレジットカードを所有している期間が長くなるほど、ポイント還元率の差はますます見逃せなくなります。確かに、ポイント還元率が高いカードを持つ方がメリットはありそうです。しかし、はたしてポイント還元率が高いことによるデメリットはないのでしょうか?

ポイントがたくさん貯まる高還元率カード3選

還元率1.5%!リボ払いだが手数料は①円にできる

還元率1.25%!ポイントの有効期限に注意

還元率1.2%!ポイントはPontaやdポイントに交換

ポイント還元率の高いクレジットカードのデメリットとは?

クレジットカードを選ぶ時、ポイント還元率を参考にするのは当然のことです。しかし、ポイント還元率が高いというだけで飛びつくのはやめましょう。

ポイント還元率の高いクレジットカードはリボ払いに注意

高還元率をうたうクレジットカードの中には、リボ専用というものもあります。これは、毎月のカードの支払いが自動的にリボルビング払いになるというものです。前述の『三井住友VISAカード「エブリプラス」』(年会費無料/還元率1.5%:1,000円で3ポイント=15円相当)もご多分に漏れず、リボ払い専用クレジットカードです。

リボルビング払いとは、いくらショッピングをしても毎月の支払額が一定に設定されているという返済方法です。たとえば月々の支払額を4万円に決めていたとしましょう。ある月に20万円のものを購入しても、次の支払日には4万円だけが引き落とされるわけですから、一見、負担が少なく思えるかもしれません。

リボ払い手数料の方がポイント還元率よりも遙かに高くつく

しかし、リボルビング払いは毎月の負担は少ないものの、返済期間は長くなるということです。その分、利息もかさみますし「なかなか返済が終わらない」ということも。リボ払い手数料をほぼほぼ0円にできるテクニックもありますが、これは几帳面な人で無いと大やけどする可能性もある諸刃の剣です。

やはり、一般的にはクレジットカードはリボルビング払い専用ではなく、普通のタイプがおすすめです。カードの種類をよくチェックして、その上で、ポイント還元率の高いものを選択するようにしましょう。

ポイント交換率の高いクレジットカードの選び方

ポイント還元率の高いクレジットカードにもさまざまな種類があります。どのような点に注意して選べば良いのでしょうか。

ポイントを何と交換できるのか?交換先と交換レートをチェック

クレジットカードのポイントは、次のような商品、サービスと交換することができます。カードによって提供しているもの、していないものがあるので入会前に公式サイトなどでしっかりとチェックするようにしましょう。

食料品や家電製品などの商品

どのクレジットカードでもだいたい提供しているのが、食料品、家電製品、雑貨などの商品との交換です。食料品はカタログギフトから選択するようになっていることもあります。

ギフトカード・商品券・割引券

ポイントをどの商品と交換するか迷ったら、とりあえずギフトカード・商品券・割引券などと交換しておくというのもひとつの方法です。ギフトカード・商品券・割引券は交換レートが1ポイント1円で設定されていることも多く、お得といえるでしょう。

キャッシュバックや利用料金割引

電話料金支払いなど特定サービスの利用料金の割引や、キャッシュバックなどの特典を受けられることもあります。その他、ポイントを電子マネーやプリペイドカードにチャージする、他社のポイントプログラムのポイントとして移行するといったサービスもあります。

ポイントの有効期限に注意!

クレジットカードのポイントは、有効期限が設定されていることもあります。「気づかないうちに失効していた」ということのないようにしましょう。

しかし、一方でアメックス・ゴールドのメンバーシップ・リワード・プラスやセゾンカードの永久不滅ポイントのように、有効期限がないポイントサービスもあります。じっくりとポイントをためたい人はこういったカードがおすすめです。

ポイント還元率の高いクレジットカードを入手したら

以上のような点に注意して、ポイント還元率の高いクレジットカードを厳選して入手したとしましょう。しかし、使い方次第ではせっかくのメリットを台無しにしてしまうこともあります。

ポイント交換としておすすめできない方法

せっかくクレジットカード利用でためたポイントなので、できるだけお得な交換をしたいところです。次のような方法でポイントを消化してしまうのはできれば避けた方が賢いといえます。

ポイント還元率の高いクレジットカードをさらにお得に利用するには、次のような使い方をしないように気をつけましょう。

定価の商品と交換しない!

ポイントはいろいろな商品と交換できるようになってはいますが、そこで提示されている価格は基本的に定価です。セールなどで「自分で購入した方がずっと安かった」というケースも少なくありません。

もし、商品と交換するならば、独自開発された会員限定商品にするなど、値段以外の価値があるものがおすすめです。ポイントはコツコツためた貯金を使う感覚で、けっして損をしないように注意してください。

新しいポイントを獲得するチャンスを逃さない!

楽天カードを楽天市場で使えばポイント交換率3.0%の楽天スーパーポイントが付与されます。しかし、楽天市場でポイントで買い物をした場合には、楽天スーパーポイントは付きません。

ポイントでの支払いをするならば、楽天トラベル、楽天モバイルなどのサービスにしましょう。これらはポイント還元率がそこまで高くはないので相対的にお得です。

キャンペーンのポイントに注意

どのクレジットカードでもポイント還元率がアップするキャンペーンを実施していることがあります。不定期で実施されることも多いので、見かけたらぜひ利用してみましょう。

しかし、キャンペーンでためたポイントはショッピングにしか利用できない設定になっているケースも少なくありません。電子マネーやプリペイドカードにチャージしたいと考えている人などはよく注意するようにしてください。

生活費でポイントを貯める!

クレジットカードはショッピングだけに利用するものと考えている人も多いかもしれません。しかし、じつは毎日の生活の中でキャッシュ感覚で使うこともできます。そのようにすれば、ポイントを加速度的にためることもできるでしょう。

クレジットカードで公共料金支払い

毎月の公共料金、スマホ使用料などは合わせてかなりの金額になっているという状況ならば、ぜひクレジットカード支払いにすることをおすすめします。とくにショッピングをしなくても、どんどんポイントがたまるでしょう。「なるべく無駄遣いはしたくない。でも、ポイントはためたい」という人におすすめです。

ただし、一部のクレジットカードでは公共料金の支払いではポイントをためることができません。契約前に必ずチェックするようにしましょう。

スーパーでの買い物もクレジットカードで

毎月の食費も何万円とかかるものですが、これもクレジットカードで支払うようにしてはいかがでしょうか。最近では、だいたいのスーパーでクレジットカードをサインレスで使うこともできます。

生活費をクレジットカードで支払うメリット

生活費をすべてクレジットカードで支払えば、家計簿をつける手間も省けます。毎月、クレジットカードから発行される利用明細書に金額、利用場所が明記されているので、家計簿かわりにすることもできるでしょう。

また、これまで家計簿をつける習慣がなかった人でも、利用明細書で家計を見直すことができます。無駄遣いをチェックするきかっけにもできるのではないでしょうか。

クレジットカードはポイント還元率が決め手!

ポイントはクレジットカードの最大の魅力!リボ払いには注意!

クレジットカードのポイントは、各社還元率なども異なるので十分比較する必要があります。ただ、ポイント還元率が高くても、リボ専用カードだったり、特定のサービスだけに有効というケースもあるので注意しなければいけません。

また、年会費とポイント還元率のバランスも気になるところです。年会費無料というのは確かに魅力的ではありますが、いくらか年会費を支払っても充実したポイントサービスを受けられることもあります。トータルではどちらがお得なのか、注意深く比較したいところです。

さらに、せっかくポイント還元率の高いクレジットカードを入手したら、メリットを倍増させる使い方があるのも事実です。何と交換したらお得か、しっかりと選びましょう。

クレジットカード払いはお得!交換率や使い道もチェック

また、生活費全般の支払いにクレジットカードを利用すれば、想像以上のスピードでポイントがたまるのを実感できるでしょう!「クレジットカード払いばかりしていると無駄遣いしそう」と、心配する人もいますが、むしろ逆ともいえます。なぜならば、家計費の見直しにもなるからです。

クレジットカードをお財布かわりに。そして、みるみるたまるポイント!そんな毎日を体験してみたい人は、ぜひ、信頼できる1枚を作ってみてはいかがでしょうか。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP