国内最大級399枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

Tポイントカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

Tポイントカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

Tポイントカードを比較

ファミマTカード

Tポイント還元率最大5倍!ファミマTカード会員価格もお得
ファミリーマートで火曜土曜はカードの日!Tポイント最大5倍のチャンス!

詳細を見る

Tカードプラス (SMBCモビットnext)

一枚三役!SMBCモビット会員専用のクレジットカード
カードローンとクレジットカード、Tカードの機能が一つになった多機能カード

詳細を見る

マジカルクラブTカードJCB

常にポイント還元率2倍も可能!掲示だけでTポイント
毎月3万円以上使えばどこでもポイント2倍!1.0%の高還元率カード!

詳細を見る

「Tポイントカード」は「Tポイント」が貯まる「Tカード」一体型クレジットカード

「Tポイントカード」は、クレジットカードの利用でカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の共通ポイント「Tポイント」が貯まる「Tカード」機能一体型のクレジットカードです。

クレジットカード利用で貯まる「Tポイント」は、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど加盟店が多く、リアルな実店舗でも使いやすい最大手の共通ポイントです。

「Tポイント」は日本で最も普及した共通ポイント!現金代わりに使えます

「Tポイントカード」に付帯する「Tカード」機能は、全国にあるTポイントの提携先で現金の代わりに使えます。貯めるだけで無く、リアル店舗で使えるのがポイント。Tポイントカードを1枚持っていれば、各店舗共通の会員証としても利用できます。さまざまなお店やインターネットのサイトを会員として利用できるのでお得です。

現在はYahoo! JAPANとも連携した『Yahoo! JAPANカード』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)も誕生しています。Yahoo!ショッピングでも使えるようになりました。いまやTポイントはインターネット通販と実店舗共通の国内最大級のポイントシステムとなっています。

ネット通販は『Yahoo! JAPANカード』!コンビニは『ファミマTカード』

『Yahoo! JAPANカード』は、Tポイントが貯まるクレジットカードとして2015年4月に満を持して登場しました。Yahoo!ショッピングで活躍するこのカードがデビューしたことで、「Tポイントカード」はネット通販系も完全にカバーしました。

リアルなコンビニエンスストア網をカバーする『ファミマTカード(クレジットカード)』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)と補完しあうことで、「Tポイントカード」はネットでもリアルでも活躍するクレジットカードとなりました。

Tポイントカードのクレジットカードの種類

クレジットカードのTポイントカードは10種類程。Tカードは180種類以上

会員数は2012年時点で4000万人以上。コンビニでは「ファミリーマート」「スリーエフ」、スーパーマーケットは「マルエツ」、もちろん本家の「蔦谷書店」やレンタルの「TSUTAYA」でもポイントが使えます。“クレジット機能付き”のTポイントカードはそれほど多くなく、10種類ほどしかありません。色違いやブランド違いのバリエーションを加えても30種類ほどです。

しかし“クレジット機能なし”のTポイントカードは提携するコンビニ、スーパーなどの多さから、180種類以上が発行されています。

クレジットカードの国際ブランドは「JCB」がおすすめ!nanacoチャージでポイントが貯まる!

クレジットカード機能付きは複数の国際ブランドが選択できるものもあります。しかし、おすすめの国際ブランドは、「nanaco」や「Suica」への電子マネーチャージでもポイントが貯まる「JCB」ブランドです。

というのもJCBが国際ブランドのクレジットカードのみ、nanacoチャージにもTポイントが付くからです。セブンイレブンブランドですが、『ファミマTカード』(還元率0.5%)でも、nanacoチャージでTポイントが貯まります。

nanacoの税金支払いで1%節税できるのはJCBのクレジットカード『Yahoo! JAPANカード』だけ!

nanacoは税金の支払いにも使える日本で唯一の電子マネーです。この税金支払い用途でも、おすすめは還元率1.0%の『Yahoo! JAPANカード』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)です。活用すれば国民年金や国民健康保険料、住民税などの支払いが1.0%お得になります。すべてのクレジットカードを合わせてもトップ3に入る還元率。住民税が20万円なら2,000円相当のTポイントが貯まります。使わない手はありません。

その他のTポイントカードのクレジットカードの選び方

Tカードは豊富な種類が特徴です。クレジットカード機能抜きのTカードの種類は180種類以上。期間限定のTカードやタイアップカードもたくさん発行されていて、アニメからミュージシャン、ゲームや映画、マスコットキャラクターなど、種類も豊富です。ところが実際にクレジット機能付きTカードを選ぶとなると、その種類はぐっと少なくなります。

『Yahoo! JAPANカード』は常に1%の還元率!Yahoo!ショッピングでポイント3倍!

『Yahoo! JAPANカード』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)は年会費が永年無料のTポイントカードです。それでいながら還元率はどこでつかっても1%。近所のスーパーでも、コンビニでも、百貨店でもどこでも1%還元です。Yahoo! JAPANグループのメインカードとなります。さらにスマートフォンのYahoo!ショッピングアプリと組み合わせれば、3%以上の還元率となります。

TSUTAYAではレンタル会員証にもなります!キャンペーンもお得

Tポイントカードの良いところは、Tポイント加盟店では会員証として利用できることです。実際にレンタルショップのTSUTAYAでは、『Yahoo! JAPANカード』を登録するとお店の会員証として使えます。『Tカードプラスα(TSUTAYA)』のようにお店で特別なキャンペーンはありませんが、レンタルはできますし、クレジットカードの期限までは有効です。更新手数料もかかりません。お店で単に会員になるよりも遙かにお得です。

しかも『Yahoo! JAPANカード』は常にボーナスポイントをもらえるキャンペーンを行っているので、すべてのTポイントカードと比べても最もお得なクレジットカードとしておすすめできます。

『ファミマTカード(クレジットカード)』はファミリーマート利用者におすすめ

『ファミマTカード(クレジットカード)』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)はその名の通り、ファミリーマートユーザーにおすすめのクレジットカードです。還元率はそれほど高くありませんが、ファミリーマートを多く使うユーザーほどお得になるステージ制度が採用されています。

『ファミマTカード(クレジットカード)』払いでだけ10円~数十円引きになるキャンペーン商品が常時、用意されています。「ファミマTカード会員特別価格」としてグリーンのポップで強調されているので、実際にご覧になられた方も多いと思います。これだけで選ぶメリットは大きいと言えるでしょう。

なお『ファミマTカード』も『Yahoo! JAPANカード』と同じようにTSUTAYAレンタルの会員証として使えます

『ファミマTカード』の欠点はリボルビング払い専用クレジットカードだということ

『ファミマTカード』を申し込む方に注意していただきたいのが、本カードはリボルビング払い専用のクレジットカードだと言うこと。申し込む際の初期設定がリボ払いになっているため、申込後にリボ払い設定を解除=翌月一括払いにしなければ、高い金利のリボ払い手数料だけでメリットが吹き飛んでしまいます。

電話でもインターネットのサイトからでも一括払いにはできるので、この点だけは注意して下さい。

『Tカードプラスα(TSUTAYA)』はツタヤのレンタル派におすすめ!

まず最初に候補となるのがTUTAYAのクレジットカード『Tカードプラスα(TSUTAYA)』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)です。

Tポイントを生み出したもともとのツタヤのTカードは、レンタルビデオ店のTSUTAYAの会員証も兼ねています。『Tカードプラスα』でお支払いいただくと、TSUTAYAでポイントが3倍になります。毎週、割引きの日が設けられていたり、レンタル派の人にお薦めです。

『Tカードプラス(カメラのキタムラ・冨士シティオ)』は対象店舗でお得

対象店舗を利用する方であれば、『Tカードプラス(冨士シティオ)』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)や、『Tカードプラス(カメラのキタムラ)』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)も選択肢に入ります。

冨士シティオはTポイントカードの提示で無条件に1ポイント。さらにフジ各店、デリド各店、フルハウス、フジツアーでTポイントカードでショッピングすると、ポイントが2倍。さらに1,000円(税込)以上の買い物1回につき5ポイントのボーナスポイントが貯まります。

カメラのキタムラも同じシステムのサービスを提供しており、系列のスタジオマリオでもポイント2倍になります。お子さんの記念写真の撮影や、現像でカメラのキタムラグループをよく利用する方におすすめです。さらにこの2つのカードは入会後5ヶ月間、ポイント3倍になる特典があります。

Tポイントカードは甘い審査の基準となるクレジットカード

「Tポイントカード」は、個人事業主、専業主婦(主夫)、フリーターでも申し込めるクレジットカードとして人気です。必ず審査に通る保証はありませんが、他のカードよりも審査に通りやすいと評判です。そのため審査に落ちて自信がない人が、まず申し込むべき基準カードの1つとなっています。

「Tポイントカード」は新しくなって、新規会員を増やそうとしているところなので、審査はそこまで厳しくないとされています。年会費無料、海外旅行保険やショッピング保険も付帯しない提携カードは、さらに審査に落ちる基準が低く設定されていると考えられます。

主婦でも作りやすい『マジカルクラブTカード』は審査が甘い!?

「Tポイントカード」の中でも審査の通りやすさで特におすすめになっているのが、『マジカルクラブTカードJCB』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)です。公式でうたっていることですが、特に主婦が非常に作りやすいカードになっています。

これは『マジカルクラブTカードJCB』がカタログ通販のニッセンが発行するクレジットカードだから。メインターゲット層の主婦の顧客獲得のため、特に主婦層の属性の方に有利に発行が行われているようです。

提携Tポイントカードがおすすめ!審査落ちの方はチャレンジすべき

その他のクレジットカードも通常の利用者であれば問題なく審査に通るクレジットカードと言えそうです。しかし口コミでの評判を見てみると利用限度額が3万円という方もいました。そのため、審査には通っても利用限度額の枠が小さい…ということはありそうです。

使っていくうちにクレヒスが積み上げられ、利用限度額は上がっていきます。そのため、まずは審査に通ることを目指しましょう! Tポイントカードの多くは、お申し込み後、2週間~3週間程で届いているようです。

Tポイントカードのクレジットカードポイントが共通ポイントの「Tポイント」

「Tポイントカード」のポイントプログラムは「Tポイント」です。元々はレンタル大手のTSUTAYAのポイント制度でしたが、じょじょに提携店舗を増やし、利用を拡大。2014年にはインターネット大手のYahoo!や、携帯電話のSoftBankとも連携し、国内最大級の共通ポイントシステムとなっています。

Tカードの提示だけで貯まるTポイント! 貯め方は2種類!

(1)【ショッピングポイント】Tポイントカードを見せるだけで貯まるTカードのTポイント

「Tポイント」の貯め方には2種類あります。1つ目が実店舗へ来店し、購入する際にカード掲示だけで貯まる“ショッピングポイント”です。見せるだけで良いので、こちらはクレジット機能無しの「Tポイントカード」でも貯まる「Tポイント」です。支払い方法が現金払い、電子マネー払いでも貯まります。クレジットカードで支払う必要はありません。

Tポイント加盟店でお買い物をする時に、「Tポイント」マークがあるカードを見せるだけで、そのカードのIDに、現金払いでも200円ごとに「Tポイント」が1ポイント貯まります(還元率0.5%)。そのためクレジットカードの「Tポイントカード」は見せる(提示する)だけ。支払いは他の高還元カードで、という剛の者もいます。

(2)【クレジットポイント】Tポイントカードの支払いで貯まるクレジットカードのTポイント

2つ目が、クレジット利用で貯まるTポイントです。クレジット機能付き「Tポイントカード」の場合は、公共料金の支払いやショッピングなどの利用で、200円ごとに“クレジットポイント”の「Tポイント」が1ポイント貯まります(還元率0.5%)。

そのためTポイント加盟店で、クレジットカード払いをすれば、①ショッピングポイントのTポイントと、②クレジットポイントのTポイントの、2種類のTポイントを2重取りできるのです。

見せて貯まる「Tポイント」+クレジットカードの「Tポイント」で2重取り

「Tポイントカード」は提示だけでショッピングポイントの還元が受けられる上、クレジット払いでクレジットカードの独自ポイントが貯まります。そのため、Tポイントカードはショッピングポイントの獲得だけに使い、決済は他の高還元率カードを利用する方法があります。この方法だと最大還元率を常に2.0%以上にすることも容易です。

見せて0.5%+クレジットカードで0.5%=1.0%以上の還元率!加盟店だとさらにTポイントが貯まる

Tポイントカードは、Tポイント加盟店では掲示だけで0.5%還元され、クレジット利用で更に0.5%還元されます。Tポイントは加盟店で1ポイント=1円で、1円から利用できるため、加盟店での還元率は1.0%となります。

有効期限は1年ですが、最後にポイントを獲得した月から1年以内に、ポイントを獲得したり使用すれば、自動でまた1年間延長されます。そのためTポイントの有効期限は、利用している限り実質無期限となります。

電子マネーnanacoのクレジットカードチャージでTポイントを2重取り

「Tポイントカード(JCB)」は電子マネー「nanaco」へのチャージでポイントの2重取りが可能です。この2重取りができる「Tポイントカード」は、国際ブランド“JCB”です。特殊なカードを除き、VISA/マスターカードではこの裏技は利用できません。ご注意下さい。

「Tポイントカード(JCB)」は、電子マネー「nanaco」チャージでTポイントが200円につき1ポイント貯まります(還元率0.5%)。さらに「nanaco」は利用時に「nanacoポイント」が100円につき1ポイント貯まります(還元率1%)。そのためチャージの際の0.5%と、nanaco利用時の1%を合わせて、合計で1.5%のポイント2重取りが可能です(還元率1.5%)。

電子マネーnanacoのクレジットカードチャージで税金を1%安くする!

電子マネーnanacoは、実は税金を支払うことができる日本で唯一の電子マネーとして有名です。税金や公共料金の支払いではnanacoポイントは貯まりませんが、もちろんnanacoにチャージした時のクレジットカードポイントは貯まります。

すなわちJCBの『ファミマTカード』でチャージすれば、0.5%の節税になります。もちろんおすすめはJCBの『Yahoo! JAPANカード』。還元率は1%なので、節税になるのも税金の1%です。

クレジットカードの「Tポイント」は街でもネットでも利用可能!

「Tポイント」は、2014年からSoftBankとYahoo! JAPANのポイントにもなりました。提携店舗数は2013年末で65,000店を超えています。まさに国内最大級の共通ポイントです。

またずっと待ち望まれているアプリのTカードですが、実は似たようなサービスは既に開始されています。それがケータイやスマートフォンで使える「モバイルTカード」です。iPhoneでは「TSUTAYA携帯会員証」と呼ばれています。

「モバイルTカード」(Android)「TSUTAYA携帯会員証」(iPhone)は使える店舗が限られる

「モバイルTカード」はTカードを登録したスマホ・携帯電話をお店の専用端末にかざすだけで、プラスチックのTカード同様にTSUTAYAでレンタルしたり、Tポイントが貯まる、使えるというサービス。おサイフケータイ対応端末ならアプリの「Tポイントカード」として利用できます。

ただしこの理想的なサービスは利用用途が極めて限定されています。利用可能なのは本家TUTAYAとカメラのキタムラだけ。その他の店舗では利用できないのです。利用店舗の拡張が望まれます。

主なTポイント加盟店リスト
  • コンビニ ファミリーマート/スリーエフ
  • ガソリンスタンド エネオス
  • 飲食店 ガスト/すかいらーく/バーミヤン/牛角
  • ファストフード ロッテリア
  • 喫茶店 エクセルシオールカフェ/ドトールコーヒーショップ
  • 書店 蔦谷書店
  • レンタル TSUTAYA
  • スーパーマーケット マルエツ/冨士シティオ/マミーマート/ヤオマサ
  • 専門店 オートバックス/カメラのキタムラ/ニッポンレンタカー