コンビニのタバコはクレジットカードで買える?ポイントは貯まる?

コンビニでクレジットカード決済
クレジットカードは非常に便利な支払い方法ですが、切手やはがきなど一部商品の支払いは断られることがあります。郵便局で取り扱っている商品はほぼ全てNG。ではタバコはどうなのでしょうか? コンビニのタバコはクレジットカードで買えるのか? 買えたとしてポイントは貯まるのか? 詳しく解説します。

愛煙家必見!コンビニでタバコを買うならクレジットカードがおすすめ!?

コンビニのレジタバコを自動販売機で買おうと思っても、あらかじめタスポを用意しておかなければいけません。タスポの手続きが面倒なので、タバコを買うならコンビニが便利!という人も多いはずです。

コンビニでタバコを買う機会が多い人におすすめしたいのは、クレジットカード払いでタバコを購入する方法です。コンビニでクレジットカードでタバコは買えます。ポイントも貯まります。現金や電子マネーでタバコを買うよりも、クレジットカード決済にした方がお得な理由を詳しく解説します。

コンビニでタバコを買うならクレジットカード払いがお得な理由

煙草の代わりに、電子たばこ(加熱たばこ)を吸っているおじさんコンビニでクレジットカードを使ってタバコを買うとお得な理由は、クレジットカードのポイントが付与されるからです。クレジットカードのポイント還元率は平均すると0.5~1%です。タバコ1カートンは約4,500円なので、クレジットカード払いにすると約22~45円分のポイントが付与されます。

「お得と言っても、たったのこれだけ?」と思うかもしれませんが、『チリも積もれば山となる』もので、日々のお支払いをコツコツとクレジットカード払いにすることで気付かないうちにあっという間にポイントが貯まるものです。

年間120箱たばこを吸う方は1,200円程お得に!トータルだと万単位

ポイントが貯まって嬉しい女性コンビニでタバコを買うだけでなく、スーパーやネット通販のお買い物や、公共料金のお支払いなどを含めて日常生活にかかる費用を全てクレジットカード払いにして、1ヶ月10万円をクレジットカード決済にすると年間の総支払額は120万円になります。

120万円に対してポイント還元が0.5~1%あった場合、6,000~12,000円分のポイントが付与されるのです。クレジットカードでタバコを替えば確実にポイントが貯まる上、ポイント還元率が1%以上の高いものがあるため、場合によっては更に高額なポイントが付与される可能性もあります。

クレジットカードのポイントを効率良く貯めるためには、現金払いをクレジットカード決済にして計画的に活用するのがポイントです。コンビニでタバコを買う機会が多い人は、これを機にクレジットカード決済にすることをおすすめします!

コンビニでタバコを買うとポイントが貯まるのはクレジットカードだけ

コンビニのポイントカードスーパーなどのお店でお買い物をするとポイントカードの提示を求められる場合があります。あらかじめポイントカードを作成しておき、お買い物の度にポイントカードを提示するとお買い物額に応じたポイントが付与されます。最近はコンビニでもポイントサービスが提供されているため、利用している人も多いはずです。

コンビニでタバコを購入してポイントを貯めたい場合、クレジットカードにこだわらなくてもポイントサービスがあれば現金払いでもポイントを貯められるのでは?と考える人もいますが、果たして実際にはどうなのか確認してみましょう。

コンビニに限らずタバコはポイント付与禁止の理由

ポイントを失って手に入れられなかった女性コンビニでタバコだけを現金で購入しようとした場合、「ポイントカードはありますか?」と聞かれた経験がある人も多いはずです。ポイントカードを提示しているので、てっきりタバコもポイントサービスの対象だと思い込んでいる人もいますが、実際にはポイント対象外なのです。この時付与されているポイントは来店ポイントだけで、タバコのお買上げ額に対して付与されたものではありません。

なぜタバコはポイントサービスの対象外になってしまうのかという理由は、タバコの販売に関する法律で決められた価格でしか販売できないことが定められているからです。タバコの定価は定期的に値上げされることがあっても、お店の特売で定価より安く売る行為は禁止されています。

タバコは値引きができない!だから実質値引きのポイントも無し!

実はタバコにポイントが付与されない理由はここに秘密があります。お店が実施しているポイントサービスでポイントを付与する行為は、間接的に値引き行為に該当するとみなされてしまうのです。

消費者としては、実際に現金値引きされているわけではないため納得しにくい部分ですが、これが現金でタバコを購入してもポイントサービスの対象外になる理由です。

クレジットカードは例外?コンビニでタバコを買ってもポイントが付く理由

クレジットカードのイラストタバコはコンビニなどのお店で実施しているポイントサービスは対象外なのに、なぜクレジットカードのポイントサービスは対象になるのか?と疑問を感じるかもしれませんが、これはポイントサービスの対象が商品なのか、利用金額なのかという違いがあります。

コンビニが独自に実施しているポイントサービスは、あくまでも購入した商品に対してポイントという形でお客様に還元されています。タバコの場合は値引き販売ができないため、ポイントが付与できないのです。

これに対してクレジットカードの場合は、あくまでもクレジットカードの利用金額に対してポイントが還元されるため、商品の内容は考慮されません。「コンビニでタバコを購入した」分に対してポイント還元されるのではなく、「コンビニでクレジットカード決済をした」分に対してポイントが付与されています。

コンビニでタバコを電子マネーで買うとポイント対象外?

クレジットカードの電子マネーでショッピングコンビニでお買い物をする時には電子マネーを活用している方も多いですが、電子マネーにもポイントサービスが用意されています。電子マネーを上手に使ってポイントを貯めている方も多いですが、電子マネーでもコンビニでタバコを購入する場合はポイントサービスの対象外になる可能性があります

どの電子マネーならばOKで、どの電子マネーだと駄目なのでしょうか?

コンビニでタバコを買ってもポイント対象になる電子マネーは限られる

Edynew150日本国内で利用できる電子マネーの種類は複数存在しており、各コンビニでも様々な電子マネーを利用できます。コンビニで販売されている商品を電子マネーで支払った場合はポイント還元対象になっても、タバコはポイント対象外になる場合が多いです。

また、同じ電子マネーでもコンビニの店舗によってはタバコでもポイント対象になったり、ポイント対象外の場合もありますし、電子マネーではタバコを購入できない店舗もあるのでわかりにくい面も多いです。

唯一、楽天Edyに関しては一部を除いたほとんどのコンビニでタバコを購入できますし、ポイント対象にもなっていますが、タバコの購入でポイント対象にしたい場合はクレジットカードの方が確実です。

電子マネーは損!?コンビニでタバコをクレジットカード決済するとこんなにお得

コンビニでお買い物をする際に電子マネーとクレジットカードでお支払いした場合を比較してみましょう。

お買上げ商品と金額 電子マネー
(ポイント還元率0.5%・タバコは対象外)
クレジットカード
(ポイント還元率0.5%)
タバコのみ500円 ポイント還元なし ポイント2.5円分
タバコのみ500円×365日 ポイント還元なし ポイント912.5円分
タバコ500円と食品500円 ポイント2.5円分 ポイント5円分
タバコ500円と食品500円×365日 ポイント912.5円分 ポイント1,825円分

このようにタバコはポイント対象外の電子マネーとクレジットカードを1年単位で比較してみるとかなり違いがあります。ポイント還元率が1%や1.5%などのクレジットカードを利用すると、更にお得感が増します。

コンビニでタバコを買うならクレジットカード決済がおススメ

良かった!と笑顔で喜ぶ女性本来であればタバコは定価販売のため、お得に購入するのは難しいものです。でも、コンビニでクレジットカード決済にするだけでクレジットカード会社のポイントが貯まってお得になります。

コンビニでタバコを買う時に現金や電子マネーを使っていたなら、ぜひクレジットカード決済に変えてポイントを上手に貯めてください。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP