国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

コンビニで払込取扱票をクレジットカードで支払う方法!公共料金も払えるのでお得!

多くの方が多くの支払いの場面でクレジットカードを使っておりコンビニでのカード決済も当たり前となっていますが、公共料金などの払込取扱票もカード決済が可能なのでしょうか。

公共料金の支払いはコンビニ決済の中では比較的高額な支払いなので、クレジットカード決済が出来るととても便利です。今回の記事はコンビニでの払込取扱票のクレジットカード決済について、メリットや支払い方法なども含めて詳しく解説をしていきます。

コンビニで払込取扱票をクレジットカードで支払える?

払込取扱票 コンビニ クレジットカード 支払い

基本的には使えない

結論から言うと、コンビニでの払込取扱票を支払う際にクレジッカカードは使えません。

クレジットカードはとても便利ですが何でも購入出来る訳ではなく、換金性の高い商品券などは使えない場合が多いです。

(カード会社にもよります)それと同様にコンビニでの払込取扱票の支払いも、現金のみとしているコンビニが多いです。

例外的に使える裏技がある

基本的にはコンビニでの払込取扱票の支払いにはクレジットカードは使えませんが、例外的に使う方法もあります。

代表的なものはセブン・イレブンでnanacoを使って支払う方法です。直接カードで払える訳ではなく、nanacoをカードを使ってチャージをすることで、実質的にカードで支払った事になります。

このようにコンビニによっては様々な方法で例外的に払える場合があります。コンビニ別の詳しい支払い方法については、後ほど詳しく解説をしています。

払込取扱票をコンビニでクレジットカードを使って支払うメリット

払込取扱票 コンビニ クレジットカード メリット

本来は現金でしか払うことの出来ないコンビニでの払込取扱票ですが、例外的にクレジットカードで払う方法もあります。

多少時間や手間がかかったとしても、現金で払うよりもクレジットカードで払う方がメリットが多いです。ここでは払込取扱票をクレジットカードで払った場合のメリットについて見ていきましょう。

ポイントが貯まる

払込取扱票をクレジットカードで払う一番のメリットは、カードを使うことでポイントが貯まることです。

現金で払えばポイントはいっさい貯まらないので、クレジットカードを使って払った方がお得になります。ポイントの還元率はカードによっても違いますが一般的なカードであれば0.5%です。

例えば毎月2万円の水道光熱費をクレジットカードで払ったとすると、2万円×0.5%で100円分のポイントを貯めることが出来ます。そこまで大きな金額ではありませんが、1年間続けると1,200円になります。このようにカードを使って払うことで、効率良くポイントを貯めることが出来ます。

支払いを後払いに出来る

クレジットカードの支払いは、利用した翌月に引き落としになります。そのため払込取扱票をクレジットカードを使って払うことで、実質的に支払いを翌月へと後払いにすることが出来ます。

「公共料金の支払いをすっかり忘れていたけど給料日前で手元にお金がない!」という時などは、とても役に立つメリットです。

コンビニに行かなくても払える

今回の記事のテーマであるコンビニでの払込取扱票を払う際にクレジットカードが使えるか、という内容からは少しずれますが、paypayなどの電子マネーを活用することで払込取扱票をカードで払うことが出来ます。

paypayなどの電子マネーをチャージする際の方法に、クレジットカードを指定することが出来ます。

クレジットカードを使ってチャージした電子マネーを使って払込取扱票の支払いを行うことで、実質クレジットカードで払ったことと同じになります。

またこの方法を使えば、払込取扱票に記載されているバーコードを読み込んで自宅で決済をすることが出来ます。このように電子マネーを上手く活用すれば、自宅にいながらクレジットカードを使って払込取扱票の支払いを行うことが出来ます。

コンビニ別:払込取扱票をクレジットカードで支払う方法

払込取扱票 コンビニ クレジットカード 支払方法

ここからは実際にコンビニで、クレジットカードを使って払込取扱票を支払う方法について紹介をしていきます。

ここで紹介している方法は例外的な方法なので、どこのコンビニでも出来る訳ではありません。またコンビニの種類によってやり方が違ったり、出来ないコンビニもあります。どこのコンビニを利用するかを確認して、支払い方法を参考にして下さい。

セブンイレブンはnanacoとセブンカードの併用

まずはコンビニ最大手のセブンイレブンです。セブンイレブンはコンビニの中でも一番店舗数も多いので良く利用する方も多いでしょう。セブンイレブンでは電子マネーのnanacoを使って払込取扱票の支払いをすることが出来ます。

nanacoを利用するには現金などで事前にチャージをしておく必要がありますが、オートチャージの設定をしておくことでクレジットカードを使ってチャージをすることが出来ます。nanaco+オートチャージの機能を活用することで、クレジットカードを使って貯めたnanacoで払込取扱票の支払いをすることが可能になります。

ただしオートチャージに設定できるクレジットカードは決まっており、下記のカードに限定されているのに注意しましょう。

  • セブンカード
  • セブンカード(ゴールド)
  • ゼブンカード・プラス
  • セブンカード・プラス(ゴールド)

ファミリーマートはファミマTカードがあればOK

続いてはファミリマートでの支払い方法を紹介します。ファミリーマートでの支払い方法は比較的簡単で、レジでクレジットカードを使って払うことが出来ます。しかし使えるカードは限定されており、払込取扱票を支払えるのはファミマTカードのみです。

ファミマTカードをファミリーマートのレジで提示することで、払込取扱票をカード払いすることが出来ます。ファミマTカードは年会費無料のカードとなっているので、ファミリマートを利用する方は入会しておくと良いでしょう。(カードの詳細は後ほど詳しく解説します)

ミニストップはWAON+イオンカードの併用

ミニストップでも払込取扱票のクレジットカード払いが可能です。ミニストップの場合は電子マネーのWAON使うことで、払込取扱票の支払いが可能です。そしてセブンイレブンのnanacoの場合と同様に、WAONのチャージをクレジットカードを使ってチャージすることでカードでの支払いが可能になります。

nanacoにチャージ出来るクレジットカード決まっていたように、WAONにクレジットでチャージ出来るカードも下記のカードに限定されているので注意しましょう。

  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(WAON一体型/G.Gマーク付)
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型)

ローソンとデイリーヤマザキは払えない

他にも大手コンビニチェーンとして有名なものにはローソンやデイリーヤマザキがありますが、残念ながらこの2社では払込取扱票をクレジットカード払いする方法がありません。

払込取扱票の自体は可能ですが、クレジットや電子マネーでの支払いには対応しておらず現金のみとなっています。今後のサービス改定に期待をしましょう。

払込取扱票の支払いに使えるクレジットカード3選

払込取扱票 コンビニ クレジットカード おすすめ

これまでの説明でお分かりの通り、コンビニで払込取扱票をクレジットカード払いする際に、利用出来るクレジットカードが決まっています。これらのカードのどれかを持っていなければコンビニで払込取扱票のカード払いは出来ませんので、それぞれの特徴を理解してどれかのカードを申し込んでおくようにしましょう。

セブンカード・プラス

セブンカードプラス

まず最初に紹介するのがセブンイレブンで払込取扱票をクレジットカード払いをする際に必要なセブンカード・プラスです。

こちらのカードはセブン&アイホールディングスでお得になるnanaco一体型のカードで、年会費は永年無料となっています。nanacoにクレジットチャージが出来るのはこのセブンカード・プラスやセブンカードに限られていますが、セブンカードは現在では新規入会を中止しています。

そのためセブンイレブンで払込取扱票をクレジットカード払いをするためには、このセブンカード・プラスの加入が必須と言えます。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、イトヨーカドーやヨークマート、セブンイレブンなどでは還元率が2倍になります。またクレジットを使ってnanacoにチャージをしてもポイントが貯まるので、お得にnanacoを貯めることの出来るカードです。

イオンカード(waon一体型)

イオンカード

続いてはミニストップでの利用の際に必要なイオンカードで、こちらのカードは年会費が永年無料のイオンでお得なサービスが受けられるwaon一体型のカードとなっています。

waonにクレジットカードを使ってチャージ出来るのは、このイオンカードだけなのでミニストップで払込取扱票をクレジットカード払いするには必須のカードと言えます。

イオングループで利用することでポイント還元率が倍になったり、毎月20日はポイント還元率が2倍になります。またイオンが運営しているイオンシネマでの映画観賞券が割引になるなど、年会費無料のカードとは思えないぐらい特典が充実しているカードです。

ファミマTカード

ファミマTカード

ファミリマートではこのカードを使うことで、電子マネーなどを経由しないで直で払込取扱票の支払いを行うことが出来ます。

このように直接支払いが出来るのはこのカードだけなので、その点ではとても希少なカードと言えます。通常のカード利用では0.5%と一般的な還元率ですが、ファミリマートでの利用では還元率が加算されるお得なカードです。

このカードの特徴はリボルビング払いが初期設定となっているのが特徴で、リボルビング払いが苦手な方は設定を変更する必要があります。また口座振替だけでなく、ファミリマートのレジで返済が出来る点も特徴的なポイントです。

払込取扱票をコンビニでクレジットカードを使って支払う注意点

払込取扱票 コンビニ クレジットカード

これまでの説明のようにコンビニで払込取扱票をクレジット払いすることは可能で、ポイントなどのメリットを得ることが出来ます。そのため賢くカードを活用して払込取扱票をお得に支払うことが重要ですが、コンビニで払込取扱票をカード払いするには注意点もあるので、紹介をしていきます。

払込取扱票によっては払えない場合もある

払込取扱票と言っても税金や公共料金など支払いの種類は様々で、そのため払込取扱票によっては支払いが出来ない場合もあります。

今回の記事で紹介している例外的に支払える方法であっても、コンビニや払込取扱票の種類によっては払えない場合もあるので注意が必要です。支払いが出来るかどうかは、実際に支払う店舗のコンビニ店員に確認するようにしましょう。

わざわざカード持たなければならない

また今回の記事でここまで説明をしてきたように、コンビニで払込取扱票を支払えるクレジットカードは限定されています。

そのためもしこれらのカードを持っていない場合は、わざわざカードに入会をする必要があります。元々別に使っているカードがある場合は、あえてカードを増やす必要があるのが注意点でありデメリットとも言えます。

使えるカードもイオンやセブン&アイ、ファミリーマートに特化したカードとなっているのでこれらの店舗を使わない方にとってメリットの薄いカードです。このように特定のカードに入会する必要があるので、そこまでして払込取扱票をカード払いにする必要があるかどうかは慎重な検討が必要と言えます。

高額な場合は利用出来ない

セブンイレブンやミニストップの場合は、電子マネーを経由して支払う必要があります。しかしnanacoやwaonなどの電子マネーは一度にチャージ出来る金額が決まっています。そのため高額な払込取扱票であれば、電子マネーでは利用できない場合もあります。

nanacoもwaonもチャージ出来る金額の上限は5万円となっています。そのため一度の支払いで5万円を超えるような払込取扱票は支払い出来ない点には注意が必要と言えます。

サービス自体を終了する可能性がある

セブンイレブン・ファミリマート・ミニストップで例外的にクレジットカード払いが出来ますが、どの支払い方法もコンビニ側のサービスの一環で行っている施作の恩恵です。

そのためコンビニの営業方針などによっては、サービス自体を終了する可能性がある点には注意が必要です。あくまでコンビニでの払込取扱票の支払いは、現金払いが原則という点は理解をしておきましょう。

まとめ|コンビニ限定で払込取扱票のカード払いが出来る

払込取扱票 コンビニ クレジットカード まとめ

今回の記事で説明してきたように、本来はコンビニで払込取扱票をクレジットカードで払うことは出来ません。

しかし例外的に電子マネーなどを経由することで、クレジットカード払いをすることが出来ます。本来現金で払う払込取扱票をクレジットカードで払うことで、ポイントが貯まるなどのメリットがあります。

しかしどのクレジットカードでも使える訳ではなく、使えるクレジットカードの種類は限られています。

そのためコンビニで払込取扱票をカード払いするためには、新しくカードに入会をする必要がある場合が多いです。新しくカードに入会をしてまでコンビニで払込取扱票をカード払いをする必要があるかどうかは、慎重な判断が必要と言えます。

また記事でも紹介したように高額な場合は利用出来なかったり、そもそものサービスは終わる場合もあるなども注意点もあります。このようにコンビニで払込取扱票をクレジットカード払いするには、様々な手間と注意点が必要です。コンビニで払込取扱票のカード払いを検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points