国内最大級399枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

JR東日本ビューカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

JR東日本ビューカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

JR東日本ビューカードを比較

JREカード

JR東日本の駅ビルで3.5%還元!Suicaチャージもお得
JRE POINT優待店の駅ビルはその場で3%還元!加盟店は1%還元

詳細を見る

「ビュー・スイカ」カード

還元率最大1.5%のビューカード!実質年会費無料で定期券付き
Suica利用でポイント還元率1.5%!オートチャージでポイント3倍!

詳細を見る

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラはSuica払いで還元率11.5%!年会費も実質無料
ビックカメラでSuica払いならポイント還元率11.5%!コジマ・ソフマップもお得

詳細を見る

ルミネカード

ルミネで常に5%割引き!セールで10%オフのビューカード
ルミネでいつも5%OFF!LUMINEならユニクロも無印良品も本屋もスタバも5%オフ

詳細を見る

JR東日本ビューカードの種類

「JR東日本ビューカード」は、東日本旅客鉄道株式会社株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英称: East Japan Railway Company、略称: JR東日本)の子会社、株式会社ビューカード(Viewcard Co.,Ltd.)が発行する一連のクレジットカードです。

公式サイトに寄れば、ラインナップは株式会社ビューカードが発行するプロパーカードと、提携他社が発行する提携カードの「Typeⅱカード(タイプツーカード、iiマークのあるカード)」に大きく分けられており、法人カードの「ビュー法人カード」を合わせても合計25種類ほどしかありません。

なお発行カードの見直しは随時行われており、近年では2014年末に「めぐり姫ビューカード」「のんびり小町ビューカード」などの一部カードが新規発行の受付を終了しています。

ビューカードのプロパーカードと「iiマークのあるカード」の違い

「JR東日本ビューカード」のプロパーカードは株式会社ビューカードが発行するクレジットカードのため、Suica機能搭載の有る無しは別として、基本的にビューカードのサービスをフルに利用できます。

一方で提携他社が発行する「Typeⅱカード」は他社提携の便利なサービスや独自ポイント、マイルが貯まるものの、株式会社ビューカードが発行するプロパーのビューカードとは一部サービス内容が異なります。

貯まるポイントや利用できるサービスが違います

クレジットカード利用で貯まるポイントは、提携先の各カード発行会社(および銀行など)の独自ポイントやマイレージとなります。ビューカードの「ビューサンクスポイント」は貯まりません。Suica機能付きのカードは多くの場合、手数料無料でクレジットカードからチャージできますが、問い合わせ先も異なるため、注意が必要です。

JR東日本ビューカードの特典

プロパーカードは電子マネーSuica(スイカ)で3つのメリット

「JR東日本ビューカード」のプロパーカードは、Suicaオートチャージが可能であったり、定期券機能を付帯できたり、ビューサンクスポイントが貯まるなどの特徴があります。

しかしカードごとに特徴が異なり、可能となるサービスが違うため、注意が必要です。基本のメリットとしては、改札での「Suicaオートチャージが使える」こと、「Suicaオートチャージでポイントが貯まる」こと、「貯まったポイントがSuicaに交換できる」ことです。

モバイルSuicaの年会費が当面無料!(期限未定)

「JR東日本ビューカード」は携帯電話やスマートフォンに搭載されている「モバイルSuica」アプリと連動して利用することができます。モバイルSuicaを利用するにはクレジットカードの登録と年会費が必要ですが、ビューカードで登録することで、モバイルSuicaの年会費が当面無料になります。当面というのは、本来は年会費が必要なものが期限未定で必要ないと言うこと。将来、設定される可能性はありますが、ビューカードを選択する大きなメリットとなっているため、ここ数年ではその可能性は低いでしょう。

モバイルSuicaもオートチャージ!

ビューカードを登録したモバイルSuica利用者は、モバイルSuicaでもJR東日本の自動改札機にタッチして入場するだけで、Suicaへの入金(チャージ)ができる「オートチャージ」や、モバイルバンキングを用いた「銀行チャージ」も利用できるのようになります。

いつでもどこでもケータイからチャージが可能となり、新幹線もグリーン車も割引き&チケットレスで利用できます。またビューカードでモバイルSuica特急券の購入などVIEWプラス対象商品を利用すると、ボーナスポイントが付き、1,000円につき6ポイント(15円相当)が貯まります。還元率は1.5%です。

会員専用サービス「VIEW’s NET」が使える!

ビューカード会員は、会員専用インターネットサービス「VIEW’s NET」が利用できます。インターネットからご利用明細やポイントの確認、交換ができるほか、支払い方法や暗証番号、登録情報の変更や、キャンペーン応募なども行うことができます。スマートフォンからも簡単にアクセスできるため、非常に便利にお使いいただけます。

JR東日本グループのホテルで会員特典有り

会員は「JR東日本ホテルズ」(メトロポリタンホテルズ、ホテルメッツ、ホテルニューグランドなど)で、ビューカードを利用すると、様々な割引特典を利用することができます。

カード決済で宿泊料金が最大20%も割引きとなったり、直営レストラン・バーの基本料金を最大10%オフにできます。またチェックアウトを12時まで無料で延長可能なため、出張や旅行で利用する際にも便利に利用できます。その他、「JR東日本ホテルズ」の宿泊および直営レストラン・バーの年間利用額が10万円を超えると、10万円ごとに、5,000円分のホテル利用券がプレゼントされます。

ポイントプログラム「ビューサンクスポイント」

還元率0.5%!利用金額1,000円ごとに2ポイントを付与
「JR東日本ビューカード」のプロパーカードが採用しているポイントプログラムは「ビューサンクスポイント」です。一部カードでJMBマイルやビックポイントが貯まるなど例外はありますが、基本的に全てのカードに「ビューサンクスポイント」機能が付いています。

「ビューサンクスポイント」はショッピングや公共料金など通常のカード利用で1,000円につき2ポイントが貯まります。還元率は0.5%です。

JR東日本で使えばポイント3倍!還元率1.5%!

「ビューサンクスポイント」は1ポイント=2.5円相当でSuica・モバイルSuicaにチャージして利用することができます。そのため基本となる還元率は0.5%です。しかしJR東日本で切符や定期券の購入・Suicaへの入金などに使用すると、1,000円につき3倍の6ポイントが貯まります。還元率は1.5%。切符や定期券だけではなく、回数券やびゅう国内旅行商品などの購入もビューサンクスポイントの対象となるため、JR東日本を頻繁に利用する方はビューカードは非常にオススメです。

オートチャージでもポイント付与!有効期限は最長2年

「JR東日本ビューカード」の利用で貯めた「ビューサンクスポイント」の有効期限は、ポイントを獲得した年度の翌年度3月末までです。そのため最短で13ヶ月、最長で24ヶ月となります。「ビューサンクスポイント」は400ポイントから1,000円相当のSuicaに交換できるため、それほど貯めるのは難しくありません。こまめな交換がおすすめです。

「ビューサンクスポイント」のおすすめ利用方法

「ビューサンクスポイント」のおすすめの利用方法は、Suicaに早めに交換してしまうことです。ビューサンクスポイントは、400ポイントから1ポイント=1円相当でSuica電子マネーに交換可能です。これにより還元率は、0.5%となります。ビューサンクスポイントは有効期限が短めなので、早めに交換して利用するのがおすすめです。