クレジットカードの繰り上げ返済のやり方・方法は3種類 ~口座引き落としの増額・銀行振込・ATM

ATMで繰り上げ返済

クレジットカードの代金を口座引き落とし前に返済する方法を、繰り上げ返済(早期返済)と言います。先に払うことでキャッシングやリボ払いの金利が圧縮でき、金銭的なメリットがあります。繰り上げ返済には、口座引き落としでのお支払い金額の臨時増額の申し込みや、銀行振込み・ATMでの臨時支払いの3つの方法があります。

クレジットカードの繰り上げ返済の方法

クレジットカードの繰り上げ返済のやり方は3種類

クレジットカードは当然、早期返済・繰り上げ返済もできます。やり方は主に3種類です。

  • 口座引落の金額を、大きい金額に変更する
  • 指定された口座に、振込返済する
  • ATMで返済する

という方法があります。

ATMでの繰り上げ返済の特徴とメリット

一番簡単な繰り上げ返済の方法は「ATM」です。

  • コンビニATM・銀行ATMにクレジットカードを挿入し、
  • 「ご返済」を選び、返済したい金額を入力し、
  • そのお金を投入口に入れて、返済する

というやり方です。「振込返済と何が違うの?」と思われるかも知れませんが、

  • 振込返済は「自分で振り込み先の口座などを、入力する」→面倒
  • ATM返済は「返済」というボタンを押すだけ」→簡単

という風です。ハッキリ言ってATM返済にしない理由がないくらい、こちらの方が簡単です。この方法は主にキャッシングリボ、リボ払いの繰り上げ返済の際に、使われます。

リボ払いでは無いクレジットカードの繰り上げ返済だと、ATM返済は使えないこともあるので、カード会社にご確認ください。

銀行振込での繰り上げ返済の特徴とメリット

じゃあ銀行振込での振込返済は何のためにあるのかというと、海外キャッシングやリボ払い以外のクレジットカードの代金支払いに使うんですね。

その他のメリットとしては、「海外にいても、臨時返済できる」ということですね。これは私もよくやります。海外以外ではカードを無くしてしまって、ATMを使えないというケースもあります。

長期の海外旅行で海外キャッシングの利用分を早めに払ってしまいたいときもメリットがあります。

本当はこれだと連絡が必要なのですが、

  • 出てくるかも知れない
  • 再発行の手数料を払いたくない

などというケースでは、連絡しないこともあるでしょう。ちなみに、私が多重債務者だった頃は「もうクレジットカードで買い物できないように」という理由で、わざとカードを破棄しました。それで振り込みで返済していましたね。こういう例外もあります(笑)。

口座引き落としの金額を増額する繰り上げ返済の特徴とメリット

最後に口座引き落としの金額を、通常よりも大きい金額に変更する方法です。これは主にリボ払いの特典を利用するために返済額をコントロールするときに活用します。

毎月のお支払い時に、いつもより増額して引き落しすることで、リボ払いの利息分を残し、ポイント倍増などのメリットを享受する方法です。MUFGカードの楽Payなどが典型的ですね。詳しくは下記の記事をどうぞ。

ATMでの繰り上げ返済のやり方・手順

ATMを使ったクレジットカードの繰り上げ返済のやり方

主だった繰り上げ返済のメリットや特徴をまとめてきましたが、以下、詳しい補足もしていきましょう。

三井住友カードのCD(キャッシングディスペンサー)、ATMを使ったキャッシングリボ、リボルビング払いの繰り上げ返済の方法をベースに、繰り上げ返済の方法を解説していきます。

  1. 提携金融機関ATMで「お預け入れ」ボタンを選択する
  2. 「クレジットカード」を入れる
  3. クレジットカードの「暗証番号」を入力する
  4. キャッシングリボ、リボルビング払いなど返済するサービスを選ぶ
  5. 利用残高の範囲内で返済する金額を指定する
  6. 返済金額を確認して、現金を入れて繰り上げ返済の手続き完了
  7. クレジットカード、利用明細、おつりを受け取る

あくまでもこれはクレジットカードを使ったキャッシングリボ、リボルビング払いの代金の繰り上げ返済方法です。同じ三井住友カードでも、海外キャッシングの返済だとATM手数料がかかったり、違う制約があります。詳しくはカード会社にお問い合わせください。

海外キャッシングの利息分の返済はATM手数料がかかったり振込のみだったりします

リボルビング払い以外の支払い方法で繰り上げ返済を利用する方のほとんどは、海外キャッシング利用分の返済だと思います。この海外キャッシングの返済についてはATM手数料が有料になることがあります。また銀行振込のみ対応というカード会社も少なくありません。

カード会社の専用ATMであれば無料になる、提携金融機関やコンビニATMは有料、などカード会社によっても対応が違うので、こちらもカード会社にお問い合わせください。海外キャッシングについて詳しくは下記の記事をどうぞ。

ATMでの繰り上げ返済の手数料は?

クレジットカードのリボルビング払いの繰り上げ返済はATM手数料がほぼ無料です

クレジットカードのキャッシングリボ、リボルビング払いのATM返済の手数料は、ほぼ無料です。少なくともコンビニATMはだいたい無料…と思ってOKです。

たとえば日本最大のクレジットカード会社の1つである三井住友カード。こちらは三井住友銀行など提携金融機関のATMやコンビニエンスストアで繰り上げ返済ができます。もちろん三井住友カードではお支払いにかかるATM手数料は無料です

クレジットカードと暗証番号さえわかれば(そして現金があれば)、誰でも簡単に繰り上げ返済ができてしまいます。

しかしここで大きな疑問が出てきます。なぜATMを利用しているのに、クレジットカードのキャッシングリボやリボルビング払いの繰り上げ返済は手数料無料でできるのでしょうか?

消費者金融の繰り上げ返済はATM手数料が有料!同じキャッシングでもなぜ違う?

消費者金融の場合、コンビニATMはほとんど手数料がかかるのですが(借入・返済とも)、なぜクレジットカードは無料になるのでしょうか? この理由を箇条書きすると、

  • コンビニとしては、手数料をもらわないといけない
  • ということは、消費者金融やクレジット会社が負担することになる

私たちが負担しなければ、誰かが負担しなければならないというわけですね。

  • つまり、クレジット会社は「ATM手数料を負担」していて、
  • 消費者金融は「負担していない」

立場の違いがあるような気がします。

  • それはクレジット会社にとって、
  • コンビニで借入・返済してもらうことは、利益があるから

ということです。なぜかというと、

  • 短期的には「損」も大きい
  • しかし、消費者金融と違ってクレジットカードは、
  • 「全額返済した後」でも、まだ利用するものである
  • 人によっては「一生」使う

顧客の繋ぎ止めが重要なのです。

  • つまり、多少ATM手数料を負担してでも、
  • 「○○カードは最高だ」と思ってもらった方が、
  • 長期的にはクレジット会社にとって、利益になる

特に他のクレジットカード会社が負担してくれている場合、比較されるとピンチですからね。

  • 一方、消費者金融はどれだけ「最高だ」と思ってもらっても、
  • 「一生使う」人はまずいないし、
  • 消費者金融の側も、それは良いこととは思っていない
  • (ご利用は計画的に、というのは要するにそういう意味である)

しかも消費者金融では借り続けてくれた方が確実にメリットが大きいわけです。

ということで顧客と、長期で付き合えるかどうかということなんですね。

よくこの比較を見て「やっぱり、消費者金融っていうのは消費者を食い物にする焼畑農業なんだな」などという人がいますが、とんでもない勘違いです。じゃあ、

  • 大きな手術は「一生やるものではない」けど高い、
  • 「大きな手術を受ける人は焼畑農業の犠牲者」なのか?

ということが言えるのでは無いでしょうか? 消費者金融は緊急回避のためと考えれば良いんですね(ハマって抜けられない人がいますけど)。他にも、

  • ダイエット商品は、その人が痩せたら不要になるが、これはどうか
  • 世の人がみんな幸せになったら、精神科医は要らないが、これはどうか

…となるわけです。「すべてのビジネスが、顧客と長期で付き合わなければいけない」なんてことは、まったくないんですね。「一期一会」でいいビジネスモデルもあるのです。

もちろんハマってしまえばずぶずぶです。それを暗に喜んでる節もありますね。

  • 必要だから、出会った
  • 不要になったから、別れた

それで何が悪いのか、という話ですね。人間関係とビジネスは、実は同じなのです。消費者と企業の付き合いというのは、人間関係そのものなのです。

消費者金融とクレジットカードではビジネスモデルが違う!だから返済手数料が違う

消費者金融のようなサービス、あるいはクレジットカードのキャッシングというのは、すべて「緊急措置」です。医療でいうなら「手術」です。

  • 何度もしない方がいいのは当たり前
  • 長期で使わない方がいいのは当たり前
  • しかし、だからといって「悪いもの」ではない

ということです。それは確かに「手術を一生しないですむ人生」が理想なのは、当然です。しかし、人間や社会というのは、そう単純なものではないでしょう。金子みすゞではないですが「みんな違って、みんないい」のです。

…と、ポエムチックな話題になったところで話を戻すと、

  • クレジットカードのATM返済は、コンビニなら大抵無料である
  • それは、クレジット会社が負担しているからである
  • 負担しているのは、顧客と「長期にわたって付き合う」ためである

ということです。で、これで消費者金融と比較すると「消費者金融がダメなビジネスをしている」と勘違いする人が多いので、こういう解説をしたわけですね。

(日本人の貸金業に対する見方は偏見に満ちています。そして、それは「貸金業に対する見方」が間違っているのではなく、人生や社会に対する見方が間違っている(というか浅い)というのは、上の説明でわかっていただけると思います。要はみんな「イメージ」だけで決めつけをしているのです)

口座引き落としの金額を大きくする繰り上げ返済のメリット

リボ払い専用クレジットカードで利息金額をコントロールできる

ややのんびりした繰り上げ返済の方法として、「毎月の口座引落の金額を、大きい金額に変更する」というものがあります。実は、私もこれで何度か臨時返済をしました。

何でこんな悠長な方法を使うのかというと、これだとリボルビング払いで特典があるクレジットカードの返済金額のコントロールがしやすいんですね。口座引き落としの金額を大きくする繰り上げ返済方法は、リボ払い専用のクレジットカードを利用している方に人気の早期返済方法です

口座引き落とし金額を大きくすることで、リボルビング払いの金利手数料が極限まで0円に近くなります。さらに利息の支払いがリボ払い専用カードの特典(例:ポイント3倍など)に必要な場合、極限まで利息1円に近づけることができます。

海外に在住しながらクレジットカードの早期返済ができる

またちょっと特殊なものとして私のケースですが、

  • 海外にいた
  • ATMが使えない
  • 振込返済をしようと思ったが、
  • 振込返済だと、事前の電話連絡が必要だったので、
  • 面倒だから、口座引落の金額だけ変えた

ということです。口座引落の金額を変えるのは、会員ページからワンタッチでできますからね。

私の場合、少々特殊なお仕事をいただいているので、普段電話をすることが全く無いのです。(というか、会話すらない。笑)

なので、国内の電話すら面倒なのに、まして国際電話とかスカイプとかしたくないんですね。なので、利息を払ってでも、この方法で繰り上げ返済をしたわけです。

…というのが私のケースですが、他にも人それぞれで「口座引落の限度額だけ変える方がいい」ということも多いでしょう。

忙しい人は口座引き落としを大きくする繰り上げ返済方法がおすすめ

基本的に忙しい人、時給(というか分給)が高い人などは、この方法で臨時返済するのがおすすめです。

  • ATM返済にしても、振込返済にしても、
  • ある程度「作業時間」があるので、
  • 忙しい人は避けた方がいい

ということですね。「いや、ATMだったら5分じゃん」と思うかも知れませんが、

  • フルで一日中何かに集中している人は、
  • それすら大きなロスになる

わけです。

  • 時間の問題ではなく、集中力の問題である
  • マラソンランナーが、レース中に「5秒だけ」止まったら、
  • その人のタイムロスは「5秒」では済まない
  • 最低でも「数分」は遅れるし、
  • ヘタすると、完走すらできなくなる

というのはわかるでしょう。人間はこの「集中力」の力を、まったくわかっていません。わかっていないから「5分だけ時間をください」などという、どうでもいい人々の話に、耳を傾けてしまうわけですね。

(もちろん、その人が本当に人として大切な何かをしているなら、耳を傾けるべきでしょう。しかし、そうでないなら、彼のために失った5分は、「マラソン選手が、レース中に止まる5分である」と思うべきです。そのくらい、時間のロスを徹底して嫌う必要があります)

…というような超絶集中モードの仕事に取り組んでいる方であれば、クレジットカードの早期返済の方法も「限度額変更一択」でしょう。仕事で必要な買い物をガンガンして、借入枠いっぱいになってしまったという時のみ、初めてATM返済などで、枠を空ける…という感じではないでしょうか。

(余談ですが、HIPHOPグループのKICK THE CAN CREWが最初のアルバムを作る時は、機材の電源をつけっぱなしにしてスタジオで眠り、起きたらすぐ(文字通りのすぐ)、作業を再開していたそうです。お風呂は3日に1回しか入らなかったそうです。KREVA氏が雑誌のインタビューで答えていた話ですが、人間が何かを成し遂げようと思ったら、このくらいの没頭が必要なんですね)

銀行振込による繰り上げ返済のメリット

振込手数料はかかるがネットバンキング経由なら繰り上げ返済は簡単

最後に銀行振込による繰り上げ返済の方法についてです。銀行振込の場合、振込手数料がかかりますが、毎月一定回数、振込手数料無料という方も多いと思います。そのメリットを活用すれば、最もお得な返済方法の1つとなります。ポイントは、

  • 事前に電話連絡が必要
  • 電話連絡は不要(ネットバンキングで、ただ振り込むだけ)

という2種類があります。

私のクレジットカードの場合は前者なので、正直面倒です(なので、海外にいる時は返済日まで利息を払ってまっています)。

しかし、後者のクレジットカードの場合は、海外にいても繰上支払いがしやすいですね。「返済日まで待つ」場合でも「会員ページから、支払い金額の変更」はしますが、それと同程度の労力で、ネット振り込みによって返済できるわけですから。

カード会社に電話連絡して振込口座と返済金額を教えてもらおう

ちなみに、前者の場合でも、振り込み自体はもちろんネットバンキングからできます。しかし、

  • 事前の電話連絡が必要かどうか
  • 振り込み先の銀行名・支店名・口座番号などの入力が必要かどうか

という点が違うわけですね。クレジット会社にもよりますが、後者のパターンだと、「オンラインバンキング経由で、その返済システムを利用すると、ATM返済と同じ要領で、カンタンに返済できる」ようになっているようです。(会社によってシステムが違うので、一概には言えませんが)。

クレジットカードの繰り上げ返済・早期返済のまとめ

クレジットカードの繰り上げ返済は3種類!都合に合わせて選べる

以上クレジットカードの早期返済や繰上支払いについてまときました。最後に要点を整理すると、

  • 口座引落の増額
  • 銀行振込
  • ATM

の3通りの方法がある。

  • 一番簡単なのは「ATM返済」である(ただし利用できるサービスは限られる)
  • ATM返済ができない人が「銀行振込」をする
  • それが面倒な人(あるいはできない人)などは、
  • 口座引落の増額によって、返済日までの間、利息を払って待つ

となります。もちろん、「利息を払って」というのは「リボ払い」の場合であり一括払いだったら、返済日までの間も利息は発生しないという点は理解しておいてください。

(なので、一括払いというのは本当に得なんですね。1ヶ月支払いを待ってもらって、なんの利息も払わないのですから。で、リボ払いの人たちが、一括払いの人たちの利息まで払っている…というわけです。お金がない人たちが、お金のある人の分まで)

翌月一括払いでリボ払い手数料無料のクレジットカードなら繰り上げ返済を活用しよう

また初回のリボ払い手数料無料というクレジットカードも多くあるので、うまく活用しましょう。本ホームページで紹介しているクレジットカードの多くが初回手数料無料でリボ払い特典が多い人気クレジットカードです。

その他、「早期返済・繰上支払い」の別の呼び方も一覧にすると、

  • 臨時返済
  • 任意返済
  • 追加返済
  • 一部繰り上げ返済

などがあります。ちなみに、繰り上げ返済というのは一般に「全額返済」することなので、一部だけ返済する場合は「一部繰り上げ返済」といいます。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP