クレジットカードの支払方法の種類 ~一括払い・分割払い・リボ払い~

支払い

クレジットカードの支払い方法は3通り

クレジットカードの支払い(返済)の方法は、3通りです。

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

…の3つですね。それぞれの内容は、

  • 一括払い…翌月全額払う
  • 分割払い…数回に分けて払う
  • リボ払い…毎月「最低金額」だけを払う

…という風です。以下、それぞれまとめていきます。

一括払い…翌月かボーナスで、全額払う

一括払いは「一番健全」な払い方。2種類ありますが、

  • 翌月一括払い
  • ボーナス払い

となります。ボーナス払いは「要するに借金」なので、「翌月一括払い」の方が健全です。ただ、ボーナス払いは、利息がつかないのが基本なので、分割払い・リボ払いなどよりは、有利な支払い方法といえます。

ボーナス払いも、2通りに分かれる

さらに、この「ボーナス払い」も、2通りに分かれます。

  • ボーナス1回払い
  • ボーナス2回払い

の2通りです。文字通り、

  • 「1回」のボーナスで、全部払うか、
  • 「2回」のボーナスに、分けて払うか

ということですね。いわば、

  • ボーナス「一括」
  • ボーナス「分割」

といっていいでしょう。(分割の回数が2回までなのは、当然ボーナスが「年2回」しかないからです)

ボーナス払いの利息・手数料はかかる?

ボーナス払いの利息(金利・手数料)は、原則下のようになっています。

  • 1回払い…かからない
  • 2回払い…3~4%程度の手数料

…という風です。「ボーナス2回払い」の方ですが、

  • 1回目のボーナスまでは、手数料なしで、
  • 2回目までの間だけ、手数料が発生する

…という仕組みのクレジットカードもあれば、

  • 1回目までの間も、2回目までの間も、
  • 全期間、手数料がかかる

というクレジットカードも、両方あります。基本的には後者が多いようです。

もし前者のクレジットカードで借りることができたら、1回目のボーナスまでに、できるだけたくさん返済するのがいいでしょう。言うまでもなく、そうすれば「金利が発生する2回目までの期間、低利息になる」からです。

ボーナス2回払いは、適用できないこともある

当然ですが、ボーナス2回払いというのは、

  • クレジットカード会社にとっては面倒
  • 各加盟店にとっても、やや面倒

な支払い方法です。言うまでもなく1年間も待たされるわけですからね。(ボーナスは基本的に、年2回なので)

なので、「ボーナス払いOK」と書かれている店舗やサイトでも、

  • あくまで「1回払い」だけであり、
  • 「2回払い」はできない

という店舗・ショッピングサイトも多くあります。また、

  • カード会社が「ボーナス2回払い」をOKしていても、
  • 加盟店がOKしていない場合、使えない

ということも、注意しておきましょう。また、最初から、クレジットカード会社自体が「2回払いに対応していない」ということもあります。

(同じクレジットカードでも、その利用者の信用度によって変わる…ということもあるようです。当然ですが、信用できない人に対しては、こういうサービスはしませんからね)

…というように、ボーナス2回払いは、ボーナス一括払いと比較すると少々ハードルが高くなっていますが、適用さえできれば「お金がない時でも、高額の決済がしやすくなる」という利点があります。

なので、そうした買い物をしたい(でも、お金がない)という時にはボーナス2回払いで払う方法はないかを探ってみる、というのも一つの手でしょう。

分割払い…借入残高が膨れ上がらない

続いて、2つ目の支払方法の「分割払い」。これも身近な支払方法なので、内容は言うまでもないでしょう。

分割の回数ですが、2回~24回の中で選ぶというのが基本です。「2回」については、分割払いとは別に「2回払い」という呼び方をすることも多く、「分割払いにはカウントしない」というクレジット会社もあります。

(この辺は、クレジット会社のルールや、利用者の感覚によっても変わります)

で、2回~24回の分割回数の中でどれを選ぶかですが、

  • カード会社によって指定・制限がある
  • 加盟店によって、指定・制限がある
  • 一切なく、自由に選べる

という、3通りがあります。また、これもボーナス払いの時と同じですが同じクレジット会社・加盟店でも「その利用者の信用度によって変わる」ということもあります。信用度だけでなく、

  • 購入する商品・サービスの内容
  • 利用する金額

等によっても変わるので、この辺は完全に「ケースバイケース」と考えてください。

分割払いは手数料・金利がかかる?

クレジットカードの分割払いで手数料がかかるかは、

  • 「カード会社」によって違う
  • 「分割回数」によって違う
  • 「その人のグレード」によって違う

…など、これも諸条件によって変わります。「グレード」というのは、これまでの利用実績に応じて「ランク」が上がったり下がったりするものですね。

(会員ページを見れば、自分の今のランクがわかる、というクレジットカードもあります)

というように、分割払いの手数料は、

  • かかるかどうかは、状況・条件による
  • かからないことも多くある

ということです。なので、もし分割払いしても、手数料がかからない状況・条件だったら、お金がギリギリの時は、一括払いでなく分割払いを選ぶ…というのもいいでしょう。

(そうして「余裕」を作っておけば、何かトラブルがあった時でも、お金に困ることがないですからね)

「2回分割払い」とは?

一括払いに限りなく近い払い方として「2回分割払い」というのもあります。「2回払い」とも呼ばれます。これは一括払いと同様、手数料・金利がほとんどかからないというメリットがあります。

「ほとんど」というのは「ごく一部、手数料がかかるクレジットカードもある」からです。これもやはり「その人のクレジットスコアのランク」によって変わる場合もあるので、どのクレジットカードなら手数料がかかる、…というようなことは言えませんが。

何はともあれ「利息が発生しないことが多い」ので、人によっては「2回払い」はかなり便利な方法です。

  • 支払いを猶予してもらって、
  • それで手数料も払わずに済む

ということですから。何らかの理由で資金繰りが苦しくなっている時など、この「2回払い」を有効に活用するといいでしょう。

「2回払い」は使えない加盟店もある

これは「ボーナス2回払い」の時とまったく同じですが、

  • 「一括払い」は対応していても、
  • 「2回払い」は対応していない

という店舗やショッピングサイトは、いくつかあります。また、

  • 2回「分割」はOKでも、
  • 2回「一括」はダメ

ということもあります。両者の違いは何かというと、

  • 2回「分割」…手数料がかかる
  • 2回「一括」…手数料がかからない

…ということですね。「2回一括」というのも、日本語が少々変ですが、わかりやすくするために、あえてこう書いています。

「2回払い」は、知らない人も多いくらいマイナーな支払い方法なので、一括払いや分割払いはできても「2回払い」はできないという店舗もあります。なので、使える場面がやや限られているかも知れませんが、使えるようであれば、ぜひ使いたい便利な支払方法です。

リボ払い…毎月最低金額だけを支払う

最後が、クレジットカードの支払いで一番なじみがある「リボ払い」です。(本当は、あまり馴染んでいてはいけないのですが…)

リボ払いは分割払いと似ているのですが、両者の違いは何かというと、

  • 分割払い…「何回で返済」という「回数」が決まっている
  • リボ払い…「回数」が決まっていない

ということです。回数が決まっていないのに、どうやって返済していくのか、と言うと、

  • 毎月「最低いくら」返済すると決める
  • 追加の借り入れをしようとしまいと、
  • 毎月その「最低返済金額」だけを払っていればOK

…ということ。つまり、たとえば、

  • 借入枠…10万円
  • 毎月の最低返済金額…1万円

というルールだったとしましょう。そうすると、

  • 今月「1万円」返済した
  • 借入残高は「9万円」になった
  • あと「1万円」借りられる
  • 借りた→借入残高が「10万円」になった
  • また翌月「1万円返済する」

…という風になるわけですね。見ての通り「全然借入残高が減っていない」のですが、自分では「毎月1万円払っている」ので、「返済している気分」になってしまうんですね。

なので、長年クレジットカードでリボ払いを使っている人というのは、

  • 自分ではしっかり返済して「前に進んでいる」つもりでも、
  • 実際には、全然返済が進んでいない

ということがよくあるのです。なので、リボ払いは、うまく使えば便利な方法なのですが、借入残高を増やし過ぎないよう注意しましょう。

(わかっていても、ついつい借りすぎてしまうのが人間というものですが…)

リボ払いの返済方式の違い

リボ払いというのは、支払方法の「大分類」で、さらにリボ払いの中でも「小さな分類」がいくつかあります。最初に一覧にすると、

  • 元金定額
  • 元金定率
  • 元利定額
  • 元利定率
  • 残高スライド元金定額
  • 残高スライド元金定率
  • 残高スライド元利定額
  • 残高スライド元利定率

という8種類になります。(全部「返済方式」が最後につきます)

簡単に言うと、下の「3種類」の分岐点があるのです。

  • 「元金」か「元利」か
  • 「定額」か「定率」か
  • 「普通(無印)」か「残高スライド」か

という分岐点です。「2×2×2=8」ということで、全部で「8種類」の返済方式が生まれるわけですね。で、それぞれの意味を説明していきます。

「元利」と「元金」の意味は?

女子高生も一緒に考えてます。

  • 元利…先に「利息」を払う
  • 元金…先に「元金」(元本)を払う

ということです。で、何が違うのか箇条書きすると、

  • 返済では「利息+元金」を払う
  • しかし「絶対に払わないといけない」のは「利息」だけ
  • なので「まず利息だけ先に払う」というのが「元利」

…ということです。で、「元利」だと、

  • たとえば「1万円」払うなら、
  • まずそれで「利息の2000円」を払って、
  • 余った「8000円」だけを元金の返済に回す

…という風です。つまり、

  • 「利息」のことだけ考えていて、
  • 「元金」を減らすことは、特に考えていない

わけですね。ということは、

  • 月々の支払いは「少なく」なる(利息しか考えてないので)
  • 支払いは楽になるが、代わりに「返済期間」が伸びる
  • 結果、最終的な利子総額は多くなる

ということです。で、「元金」にしたらどうなるか。

「元金」返済方式の場合

こちらは逆に「利息を無視」して「元本」を先に払います。同じように「毎月1万円払う」なら、「この1万円、全部を元本に当てる!」と、先に決めて払ってしまうわけですね。

でも、キャッシングでは「利息」も払わないといけません。というより「利息の方こそ、絶対に払わないと」いけません。

なので、この人は、

  • 「元本を1万円減らした」後で、
  • 業者から「元本を減らすのはいいけどさ、利息はどうなったわけ?」

…と言われるわけです(あくまでイメージです)。

で、当然「利息もまた別に」払うことになります。つまり「1万円+利息」を払うわけですね。

そうなれば当然、「月々の支払い」は、先ほどの「元利」の人よりも多くなります。代わりに、

  • 「早く完済」できるので、
  • 「利子総額」は小さくなる

ということなんですね。なので、できるだけ早期完済したい、という人は「元利」より「元金」の方がいいわけです。

「定額」と「定率」の意味は?

簡単に書くと、

  • 定額…「毎月1万円」など「決まった金額」
  • 定率…毎月「借入残高の10%」など「決まったパーセント」

ということです。

先の「元利・元金」の説明では、どちらも「毎月1万円払う」という例え話をしていました。この「1万円払う」と決まっているのが、「定額」です。これはわかりやすいですね。

で、「定率」の方は「借入残高」によって変わります。「毎月、借入残高の10%を払う」という条件だったら、

  • 残高100万円…「10万円」払う
  • 残高10万円…「1万円」払う

ということ。もしこれが「定額」だったら、

  • 残高100万円…1万円
  • 残高10万円…1万円

…というように、どちらでも、月々の支払い金額が変わらないのです。つまり「わかりやすい」のは、「定額」の方ですね。

「定額」は、実態に合わない?

上の比較を見ると「定額」は実態に合わない…と思う人もいるでしょう。確かに「そういう時」もあります。しかし、実は、「定率」もまた、実態に合わないことがあるんですね。

たとえば、

  • 残高「1000万円」
  • 残高「1万円」

の2通りがあったとしましょう。で、どちらも「残高の10%」を払うので、

  • 1000万円の方…月100万円払う
  • 1万円の方…月1000円払う

となるわけです。「100万円」と「1000円」です。天と地の差になる…というのがわかるでしょう。

それぞれ「どんな時に、変になる」か?

「定額」「定率」、それぞれが「変になる」のは、

  • 定額…残高が「大きい」時
  • 定率…残高が「小さい」時

です。理由は、

  • 定額…莫大な借金があるのに、少額しか払わない
  • 定率…「すぐ完済できる少額」なのに、じわじわと払っている

ということです。具体的な例を書くと、

  • 定額…残高「100万円」なのに「月々1万円」しか払わない
  • 定率…残高「1万円」なのに「月々1000円」しか払わない

ということですね。なので、定額でも定率でも、残高に合わせて、「金額」「パーセント」を、それぞれ変える必要があるわけです。これが「残高スライド」です。

「残高スライド」と「普通」の違い

簡単に言うと、

  • 残高スライド…正しい
  • 普通…間違う

ということです。「普通」が間違うというのは、上に書いた「定額」「定率」の「変なバージョン」ですね。

で、これはどちらも「残高スライド」にすれば解決するわけです。

  • 定額…「残高が大きい」ので、「毎月の返済金額も大きく」する
  • 定率…「残高が小さい」ので、「毎月のパーセントを大きく」する
  • ↑(じゃないと、定率は全然とどめを刺せないので)

ということです。「残高スライド以外、いらなくね?」と思った人もいるでしょう。その通りで、

  • 元金定額
  • 元金定率
  • 元利定額
  • 元利定率

という4種類のすべてで「残高スライド」でないと、意味がないわけです。(意味が無いことはないですが、上に書いた通り「変な風」になります)

なので、リボ払いで「通常」用いられる種類は、

  • 残高スライド元金定額
  • 残高スライド元金定率
  • 残高スライド元利定額
  • 残高スライド元利定率

という「4種類」になるわけですね。上に書いた「普通の4種類」も、理論上は存在するのですが実際には、ほとんど使われないわけです。

4種類の支払方法を整理すると?

で、この「生き残った」4種類の支払方法を、もう一度整理しましょう。1つずつ書いていくと、

 残高スライド「元金定額」

  • 「残高」に合わせて、
  • 毎月「一定の金額」を、
  • まず「元本から」払う
  • で、利息も後で払う

 残高スライド「元金定率」

  • 「残高」に合わせて、
  • 毎月「一定のパーセント」を、
  • まず「元本から」払う
  • で、利息も後で払う

 残高スライド「元利定額」

  • 「残高」に合わせて、
  • 毎月「一定の金額」を、
  • まず「利息から」払う
  • 元本の返済は「余った分で」する

 残高スライド「元利定率」

  • 「残高」に合わせて、
  • 毎月「一定のパーセント」を、
  • まず「利息から」払う
  • 元本の返済は「余った分で」する

…ということです。(重複部分が多く、間違い探しのようになっていますが…。笑)

どの返済方式が、一番早いのか?

「普通の4種類」は無視して、残高スライドの4種類のみで比較しましょう。これは早い順から、

  1. 元金定額
  2. 元金定率
  3. 元利定額
  4. 元利定率

…と「大体の場合」なります。ただ、絶対確かなことは、「元金」の方が「元利」より早いということだけ。後の「定額」と「定率」については、どっちが早いかは、わかりません。(大体、定額の方が早いことが多めですが)

なぜ、どちらが早いかわからないのか?

これは「設定」によるからです。つまり、

  • 定額…どれだけ「高額」返済の設定にするか
  • 定率…どれだけ「高率」返済の設定にするか

ということ。つまり、

  • 「定額」だけど「毎月少額しか払わない」というより、
  • 「定率」で「毎月、残高の50%払う」という方が、圧倒的に早く返済できる

ということですね。なので、最終的には「設定」によるのです、どちらでも。

ただ、上の「50%」というのが、かなり極端なを見ても分かる通り、

  • 「定率」の方が、相当「高率」でない限り、
  • ギリギリで「定額」の方が、早く返済できることが多い

といえます。

クレジットカード会社はどちらを好むか?

これは何ともいえません。かなりバラバラです。ただ、「元金」よりは「元利」の方が多いです。先に書いた通り「元利」の方が返済が長引くからですね。

  • 返済が長引くと、利子総額が多くなる
  • また「そのクレジットカードを使う習慣」がついてくれる

という2つのメリットによって「クレジット会社にとって、都合がいい」わけです。

  • 利子総額(が増える)
  • そのクレカに慣れる

という2つの理由ですね。実際、特にネットショッピングなど「一度使ったクレジットカードだと、次回以降の支払いが非常にカンタン」なので、「使ってもらう期間が長くなればなるほど、クレジットカード会社にとって、チャンスが増える」ということなのです。

なので、基本的にはリボ払いの中でも、「元利」の返済方式が設定されています。(もちろん「残高スライド」が基本です)

で、「元利」の後が「定額」か「定率」かは、そのクレジット会社による…という風です。

リボ払いの返済方式・まとめ

もう一度、「リボ払いの返済方式の種類」をまとめましょう。一覧にすると、

  • 元金定額
  • 元金定率
  • 元利定額
  • 元利定率
  • 残高スライド元金定額
  • 残高スライド元金定率
  • 残高スライド元利定額
  • 残高スライド元利定率

…の8通り。で、「分岐点」(違い)は、

  • 元金・元利
  • 定額・定率
  • 残高スライド・普通

の3つ。「2×2×2」で「8種類になる」わけです。で、

  • 「残高スライド~」以外は、あまり使われない
  • 借入残高によって、「変な風」になるので
  • なので「残高スライド~」の4種類が基本

ということ。で、返済のスピードは、

  • 「元利」より「元金」が早い
  • 「定率」と「定額」では、どちらとも言えない
  • ↑(しかし、若干「定額」が早いことが多い)

ということです。以下、これらの「返済方式の説明」について、間違っている情報も書いておきます。

「リボ払いは3種類」は間違い

クレジットカードの情報サイトで、かなり広く拡散されている間違いが「リボ払いの種類は、3種類」というもの。しかし、これがまったく違うことは、ここまで書いた通りです。(4種類、だったらまだわかりますが)

で、「3種類」と説明する人は、

  • 定額
  • 定率
  • 残高スライド

というように分けているんですね。(人によって違いますが、主に)

しかし、ここまでの説明を読んでくださった方なら「この分け方は、絶対にあり得ない」とわかるでしょう。やるんだったら、

  • 「元利」か「元金」か
  • 「定率」か「定額」か
  • 「残高スライド」か

で、分けなくてはいけません。これだったら「3種類」ではありませんが「3通りの分岐点がある」という点では正解です。

この「リボ払いの種類」は、理解するのも大変ですし、説明するのはもっと大変です。なので、多くのクレジットカードの情報サイトで「適当にお茶をにごしている」わけですね。

(そもそも、ライターさんが全く理解せずに書いている、というパターンが多いです)

なので、「正確な分類」は、先に書いたまとめを読んでください。(人に説明する時も、これでほぼOKです)

リボ払いは「最後の手段」と考える

リボ払いは、クレジットカード会社にとって「貴重な収入源」です。なので、こう書くのもなんですが、率直に言うと、

  • 基本的に「一括払い」で、
  • どうしても払えない時は「分割払い」
  • それでもダメなら「リボ払い」

…と考えてください。リボ払いは基本的にお金がない時に「借金」できるというメリットしかないのです。(そして、これがメリットというのかどうかも怪しい)

過去に多重債務者で、クレジットカードの強制解約になった私の経験から書かせていただくと、「どんな理由であっても、借金はしない方がいい」と断言できます。これは私の言葉だけではなく、長年各国で語り継がれてきた「借金に関する格言」で、下のようなものがあります。

「今日、借金して食べる」より「何も食べずに寝る」方がいい

…という名言です。表現はいろいろですが、これと同じ内容が、古今東西、各地で伝わっています。要は「今日が苦しくても、とりあえず借金はするな」ということですね。

(中国古典でいうなら「先憂後楽…先に苦労して、後で楽する」という言葉も同じ意味です)

その他にも、似たような言葉として、

  • 苦あれば楽あり(日本のことわざ)
  • 狭き門より入れ。滅びに至る門は、広く大きい(聖書)

というように、「借金」でなく「苦楽」に言及したものでいえば、もう枚挙に暇がありません。

「普通の人」は、借金はしない方がいい

確かに「今を楽しむ」ということも大事なのですが、多くの人はそれでは後で泣くことを、小学校の夏休みの宿題で痛感しているでしょう。夏休みにそういう体験をした人は、結局「勝負師を目指す」よりも「地道に、ノンストレスの生活を目指した方がいい」ので、できるだけ借金はしない方がいいのです。

逆に、夏休みに宿題が全然できていなくても、「それがどうした」と平然としていた人は、堂々と借金しまくってもいいでしょう。最悪自己破産しても、それでまた立ち直って一発当てて、経済をガンガン回せば、自己破産の迷惑などトータルでは返せるのです。

(個別の業者・銀行に対しての不義理は消えませんが)

なので、必ずしも借金が悪いわけではないのですが、「肝っ玉の小さい人は、やめておいた方がい」ということですね。

自分の身の丈にあった借り入れですか?

日本の歴代のシングルで最も売れた名曲「およげ!たいやきくん」の歌詞では、下の有名なフレーズがあります。

「やっぱり僕はタイ焼きさ。少し焦げあるタイ焼きさ」

「毎日同じ鉄板」の上から脱出し、「大海」に飛び出して喜んでいたタイ焼きくんが、「釣りのおじさん」に釣られて、「やっぱり所詮、タイ焼きだったんだなあ」と、実感するシーンです。

中年以上の方で、何かに挑戦して失敗したことがある方なら、何かしら感じるものがあるでしょう。これと同じように「しょせんタイ焼き」の人は、「借金をしてでも、大胆な夢を見る」ということは、やめた方がいいのです。夢を見ることはいいことですが、

  • 「本物の鯛」が見る夢と、
  • 「タイ焼きくん」が見る夢は違う

ということですね。こう書くと「結局、才能の差なのか」と思うかも知れませんが、そうではありません。そうではないから、この歌が日本の音楽史上、もっとも売れた曲になっているのです。

つまり、「凡人の方が、世の大多数の凡人を、感動させることができる」こともあるわけですね。もちろん、「天才が感動させる」こともあるのですが、要は「感動のタイプが違う」ということです。

自分らしくお金を使う!コントロールが大切です

だから、事業などで夢を追うのは非常にいいことですし、モテるためにガンガンお金を使う…というのも、悪くはないでしょう。ただ、

  • それは「自分の身の丈」に合っているか?
  • 自分にとって「自然な生き方」か?

ということを考えつつ、使った方がいいでしょう。やみくもに「借金が悪い」と考えるのではなく「自分らしい、お金の使い方か」ということです。(自分らしければ、借金でも自己破産でもガンガンすればいいと、歴史は語っています)


以上、クレジットカードの返済方法・支払い方法についてまとめてきました。最後に書いた通り「基本的に一括払いがよく、リボ払いはしない方がいい」のですが、どうしても必要な時はしてもいいでしょう。

(その時は、ここに書いたようなことも意識していただけたら、嬉しいです)

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP