フレックス払いとリボルビング払いの支払い方法の違い

「フレックス払い」は少しマシな「リボ払い」?

メリット①フレックス払いならカード利用代金の早期返済が可能


「フレックス払い」という言葉を知っていますか? 「フレックス払い」は「リボルビング払い(リボ払い)」と同じクレジットカードにおける支払方法のひとつで、文字通り「自由の利く支払い」として最近注目されている支払方法です。最近では「JCB EIT(エイト)カード」が人気です。
フレックス払いは、毎月最低限度決められた金額を支払い、お金に余裕のあるときにコンビニや銀行などから多めに返済することができるという支払いシステムです。
フレックス支払いはよく知られるリボ払いと似ていますが、その違いについてご説明します。

メリット②いつでもどこでもコンビニやATMから気軽に返済できる


まず、リボ払いというのは毎月決められた金額を返済していくというシステムです。例えば、10万円までなら毎月5,000円とか、30万円までなら毎月10,000円などカード会社によって決められた金額を毎月定額で返済していけるというシステムです。
一方のフレックス払いは、毎月決められた金額を返済していくという部分ではリボ払いと同じです。しかし、フレックス払いはお金に余裕があったりした場合は多めに入金することができるシステムとなっています。
フレックス払いはリボルビング払いと違い、多めに支払いたいときはコンビニATMや銀行ATMなどからいつでも返済でき、ネットで振込返済も可能です。フレックス払いは返済期間が長く、毎月の負担がリボ払いよりも軽いという利点もあります。

「フレックス払い」と「リボ払い」の違い

違い①フレックス払いはリボ払いよりも返済面でお得


リボ払いとフレックス払いを比較するのによく引き合いに出されるのが、一回目の支払い時に手数料が発生するかしないかという点があります。
リボ払いで支払う場合、支払いの一回目からリボ扱いとなるため初回から利息が加算されます。しかし、フレックス払いでは最初は一括扱いとなるのでリボ払いと違い初回支払い時には利息は発生しません。その点では、フレックス払いの方がリボ払いよりもお得な面があります。
またカード会社の中には、フレックス払いに登録すれば通常よりも高い特典を受けることができるところもあります。

違い②フレックス払いは返済の自由度がリボ払いよりも高い

フレックス払いのように、リボ払いでもお金に余裕があるときに多めに返済することもできますが、リボの場合は早期返済を希望しない限り、支払方法は口座引き落としだけに限られます。一方のフレックス払いでは、引き落としだけでなくATMなどからいつでも返済できる点も強みです。
リボでは一回しか早期支払いのタイミングがありませんが、フレックス払いであればいつでもどこでも返済できるという違いがあります。また、フレックス払いではネットバンキングでの振り込みも可能なのが強みです。
ただしクレジットカード利用者の特典などはリボ払いの方が厚くなっていることが多いようです。

「フレックス払い」の危険性は「リボ払い」と同じ

一見、便利なようなフレックス払いですが注意点もいくつかあります。
リボ払いを利用したことのある人であれば分かるかと思いますが、返済期間が長めにとられていると金利の支払いが膨らみがちです。そのため下記のような注意点が挙げられます。

フレックス払いのデメリット
  • 通常の分割払いなどと比べて若干金利が高めである点、
  • 毎月の支払いは楽でも支払いが長期間になることもある点
  • 支払いが長くなればなるほど利息もかさんでいく点

フレックス払いもリボ払いと同じく注意が必要

そうした点を考慮して計画的利用しなければ、リボルビング払いと同様に支払い方法でかえって損をしてしまうのがデメリットとなります。
とはいえ、リボ払いもフレックス払いも完済の時期が分かりにくく、金利手数料が膨らみやすいという点では共通しています。
計画的な利用を心掛けていかなければ、ただ返済に追われるだけという状況にもなりかねません。メリット・デメリットを把握した上で、賢い利用を心掛けましょう。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP