クレジットカードの利用限度額とは?~残高の回復方法と利用可能額との違い

友人と派手にショッピング

クレジットカードには、買い物できる限度額(利用限度額)があります。またクレジットカードに設定されている利用限度額から買い物して未だ支払いの済んでない金額を差し引いたものが現在の利用可能残高です。キャッシング枠と同じく申請すれば審査後に増額・増枠も可能です。クレジットカードは利用限度額と利用可能額(残高)のバランスが大切です

新規発行で限度額回復!即日発行可能なおすすめクレジットカード3種

近くに西友・セゾンカウンターがある

近くにマルイ・エポスカードセンターがある

近くにアコムのキャッシュディスペンサーがある

クレジットカードには利用限度額が設定されています

クレジットカードには利用限度額が設定されています。これはどんなクレジットカードでも共通して設定されており、限度なくいくらでも使えるというものではありません(大富豪のブラックカードは天井無しのように見えますが、100億円の絵画をクレジットカードで買おうとすれば、さすがに電話連絡が来ると思われます)。

利用限度額はその金額の範囲内であれば、いくらでも自由に利用できますというリミットです。もちろん、利用限度額をオーバーすればそのクレジットカードは利用できなくなります。

利用限度額を目一杯に使うとトラブルの元です

カードで買える代金は、支払日に口座から利用額が引き落とされれば、また利用限度額まで戻ります。たとえば利用限度額100万円で1ヶ月20万円のお買い物をした場合、残りの利用限度額は80万円となります。そして引き落とし日が来ると自然と100万円まで使えるようになります。
しかし、引き落とされた瞬間に戻るかといえばそうではなく、数日後に戻るという場合も多いようです。「今日は支払日だから大丈夫」と思い込んでいたらまだ100万円に戻っていなかったということも考えられますので、そこは少し余裕をもっておいた方が賢明です。

クレジットカードの利用限度額とキャッシング枠は共通です

利用限度額について、注意しなければならないことは、ショッピングだけでなくキャッシングに関しても利用限度額は共通に適用されるという点です。
つまり、利用限度額100万円として、ショッピングで30万円、キャッシングで20万円利用していれば残りの利用限度額は50万円ということになります。仮に、支払限度額に達してしまった場合は次の支払日後まで待たなければなりません。
一括返済であればすぐに全額復活しますが、分割払いの場合は分割で支払った分しか復活しないので要注意です。

クレジットカードの利用限度額は増額できる


それでも支払日まで待てないという場合には、利用限度額を増枠して増やしてもらうという方法もあります。
利用限度額を増額するのは手続き上は簡単です。カード会社の会員専用webサイトを見てみると、利用限度額をアップするために申請できるところもあります。
増額・増枠の手続き方法はカード会社によって様々ですが、クレジットカードは信用に基づくため利用限度額の増枠の前に審査があります

申請をすれば利用限度額の増枠審査をしてもらえる

利用限度額の増額申請をした場合は、審査を経て後日連絡されます。
すぐにでもアップしたいと思うのであれば、直接電話する方法がいいでしょう。
ですがここでも審査が必要となります。
webサイトで申請するよりは早いかもしれませんが、それでもある程度の時間が必要になります。

利用限度額を増枠する手続き方法
  • 直接クレジットカード会社へ電話する方法
  • クレジットカード会社の会員専用webサイトで申請する方法
  • クレジットカード会社の方で自動的にアップしてくれる方法

クレジットカード会社が利用履歴を見て自動で増やす場合もある

そして、もっとも確実なのがカード会社の方で自動的にアップしてくれるというものです。
この場合はある程度の期間、優良な会員である必要があります。
つまり、支払いの滞納や遅延も全く無く、カード会社の方で実績の良否を判断して限度額をアップしてくれるのです。
この場合、特に連絡があるわけでもなく、明細などを見て気付く場合がほとんどです。
さらに、海外旅行などで一定期間だけ利用限度額をアップさせてもらうということもできます。
特に海外ではクレジットカードは必須ですから、通常の限度額アップの申請よりは審査も通りやすいという特徴があります。
どのような方法で利用限度額をアップしてもらうにしても、使った後には当然支払いがあることは重々承知しておきましょう。
計画的に利用してこそ、賢いクレジットカード利用法なのです。

買い物しすぎて後悔する女性

「利用限度額」と「利用可能額(残枠)」の違いを理解しよう

クレジットカードに設定されている「利用限度額」と、それに伴う「利用可能額(残枠)」。そして「キャッシング枠」はすべて別物です。特に「利用限度額」と「利用可能額(残枠)」の違いに戸惑う人も少なくないようです。

たとえ一括払いでも、利用限度額は利用から1ヶ月では回復しません。だいたい2ヶ月前後かかります。この点に注意しながら、クレジットカードをご活用下さい。

「利用可能額(残枠)」は「利用限度額」の枠内で使える残高

買いすぎで後悔利用限度額というのは、その範囲内であれば自由にクレジットカードでお買い物ができる金額です。利用可能額は(利用限度額の枠内で)現時点であとどのくらいお買い物ができるのかを示す残高のことです。

キャッシング枠はこの利用限度額と共通のため、借り入れを行っている場合、利用可能額は少なくなります。キャッシング希望者はご注意下さい。

利用限度額-利用代金=利用可能額(お買い物できる残枠)

カードショッピングの戦利品単純に説明しますと、利用限度額50万円に対して10万円のショッピングをすれば、利用可能な金額の残高は40万円となります。

利用限度額は、支払い日に口座から引き落とされることで復活します。それまでは利用可能額である40万円の残枠の範囲内でショッピングやキャッシングを利用できるわけです。

締日を過ぎれば利用限度額がリセットされると思っている人もいるようですが、これは大きな間違いです。利用限度額と利用可能残枠のバランスを考えて利用していかなければ、いざカードを利用したいときに利用できないということもあり得ます。利用限度額の落とし穴については下記も参照下さい。

利用可能額は支払日まで回復しないので注意!

期日まで日にちがあるけど大丈夫なの!?特にクレジットカード初心者に多い勘違いでもありますが、利用限度額というのはあくまでもカード自体の利用可能額であり、1ヶ月の利用可能額ではありません。

すなわち7月頭に買い物をして、締日が7月末、支払いが9月10日だとすると、引き落としが行われるまでの約2ヶ月間、利用可能残枠は減ったままとなるのです。

この利用可能額と利用限度額の違いには注意が必要です。特に残枠がないと公共料金の自動引き落としなどのカード支払いもできなくなることが考えられます。

支払いが行われても限度額の回復まではズレが生じる

もしカードの利用限度額がいっぱいに達してしまった場合は次の支払日まで待つ必要がありますし、支払日になったからといってすぐに利用限度額が復活するというわけでもありません。回復するまでにはタイムラグがあり、これが致命的なダメージになったりします。

利用限度額がオーバーしていることに気付かずにカードを利用しようとすると、お店などでそのカードが利用できないという旨を伝えられます。そうなったら、別のカードを利用するか購入を諦めるしか方法はありません。カード会社によっては回復まで数日かかることもありますので、余裕を持った利用が大切です。

クレジットカードの利用可能額を回復する方法は3つだけ!

繰り上げ返済:利用可能額をすぐに回復する

1つ目の回復方法は「繰り上げ返済」です。すぐに利用限度額を復活させたい場合は、特に有効です。文字通り繰り上げ返済とは支払日よりも早く返済することで、利用限度額の復活を早めるということです。

繰り上げ返済をしたい場合には、カード会社へその旨を電話で伝える形となります。基本的には指定された口座へ振り込みをする方法がとられます。繰り上げ返済であれば、早い段階で利用可能残枠を広げることができます。

増額・増枠申請:利用限度額そのものを増やす

2つ目の回復方法は「増額・増枠申請」です。利用可能残高を回復するのではなく、利用可能額そのものを拡大することで、残枠を増やそうということです。枠を増やす方法としては、カードの利用限度額自体をアップしてもらう方法があります。

利用限度額の増額は、カード会社へ電話するかカード会社の会員専用webサイトなどから申請することができます。ただし増額・増枠申請から増枠までには審査があり時間がかかるので、すぐにアップすることはちょっと厳しいかもしれません。

新規発行:新しいカードを作る

3つ目の回復方法は、即日審査・即日発行が可能なクレジットカードを申し込んでしまうことです。これまできちんとお金を返済してきて、自分のクレジットカードヒストリーに傷が付いていなければ、高い確率でクレジットカードの発行が可能です。

ゴールドカードが届く

最後の解決策は別のカードを即日発行してもらうこと!

繰り上げ返済は手持ち資金が無ければ行うことが出来ません。またクレジットカードの増額・増枠申請は保証会社の審査が間に入るため、なかなか即時反映とはいきません。

ところがクレジットカードの発行の方は、すでに審査から発行までの流れがルーチンとして確立しています。そのため申し込みから受け取りまでが非常にスムーズ。当日すぐにクレジットカードを使いたい場合には、即日発行を謳うクレジットカードを利用するのも1つの方法です。

おすすめはその場で即日発行してくれるクレジットカード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードポイントは審査が柔軟なことで、即日発行であることです。おすすめは朝に申し込んで、審査通過後、午後にはセゾンカウンターで受け取れる『セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード』(年1回の利用で年会費無料)や、マルイのセールでも活躍する『エポスカード(EPOS CARD)』(年会費無料)などです。

当日、セゾンカウンターやマルイで受け取れるのが嬉しい!

エポスカード即日発行可能なクレジットカードの多くは、キャッシング機能が付いてくるため、発行枚数を競っています。そのため、審査通過の可能性は高いです。ただし同じ会社のカードを複数発行しても、限度額は増えないので注意して下さい。

非常事態には最短30分の即日発行で、審査が最も柔軟な『アコムACマスターカード』(年会費無料)がおすすめです。こちらはアコムのクレジットカードのため、独自の審査基準を設けています。

困ったらACマスターカード!ほぼ確実に発行!

ACマスターカードただし支払い方法はリボルビング払いのみで、ポイントも付きません。通常のクレジットカードとは少し違うと考えて下さい。ただしこちらで資金を一時的に借りることで、繰り上げ返済に回すことも出来ます。すべては使い方次第というところでしょうか。

即日発行のクレジットカードについて詳しくは、特集記事「即日発行のクレジットカード比較 」をご覧ください。

利用限度額まとめ:クレヒスを傷つけるのが最悪のパターン

クレジットカードにはキャッシング枠と共通の利用限度額が設定されています。限度額の増額・増枠も可能ですが利用限度額をオーバーするとカードが利用できなくなります。利用限度額を超えてしまうと、次の支払日まで借り入れもできません。ただし審査を通過すれば増額・増枠も可能です。

利用限度額がいっぱいになってしまった場合でも、特殊な理由で利用できる場合もあります。例えば公共料金などは利用残枠がゼロでも決済されることもありますし、ETCもいきなり利用不可能になると接触等の事故の恐れがあるため、利用できる可能性があります。

緊急事態にはカード会社が柔軟に対応してくれる場合もあります

このようにもしかしたらカード会社が対処してくれる可能性も無いというわけでありません。とはいえ利用残額が無くなって引き落としに失敗してしまったら、クレジットカードヒストリーに傷が付く可能性は高いです。

iPhoneの月賦払いが1回落ちなかっただけで、その後のクレジットカード利用に重大な制限が加わる、なんてことも多いんです。

クレヒス(信用情報)を傷つけると被害は何年も及ぶ

クレヒスを傷つけないためにも利用可能残枠がゼロならば利用しないほうが安全です。またクレヒスを傷つけるぐらいならば、一時的にカードを作り、1年以内に解約する方が賢明とも言えます。

一番健全なのはカード会社に先に電話をかけて、必要な金額を伝え、その分だけでも繰り上げ返済してしまうこと。必要な分だけ回復させてしまえば、問題は起きません。

何も手を打たないのが一番の問題なので、上記3つの回避方法を全力で試してみて下さい。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP