国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ライフカード ゴールドビジネス(法人カード)

ライフカード ゴールドビジネス(法人カード)
年会費 初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
還元率 0.5%
発行日数 -
年会費 初年度 無料
2年目以降 2,200円(税込)
家族カード 無料
旅行保険 海外 最高2,000万円
国内 最高1,000万円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー nanacoidsuicaedy
国際ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行会社 ライフカード
発行期間 -
  1. point1年会費は初年度0円で2年目からも2000円!お手軽な法人向けゴールドカード
  2. point2ETCカードも安く入手可能!運転者のためのシートベルト保険つき
  3. point3ラウンジや旅行をサポートするサービス、旅行保険もアリ!

ライフカードゴールドビジネスは信販会社のライフが発行する、ビジネス用のゴールドカードです。ライフには同じく法人カードのビジネスライトというカードがありますが、最大限度額が200万円のビジネスライトと違って、こちらは500万円まで設定可能な本格法人カードとなっています。

今回の記事ではライフカードゴールドビジネスについて、メリット・デメリットなども含めて詳しく解説していきますので、このカードへの入会を検討している方はぜひ参考にして下さい。

ライフカード ゴールドビジネスのメリット

ライフカードゴールドビジネス メリット

まずはカードの特徴とも言えるメリットから紹介していきます。

限度額200万円以下なら決算書の提出が不要

ライフカードゴールドビジネスの一番の特徴と言えるのが独自の基準で行う審査で、限度額が200万円以下の場合は決算書を提出する必要がありません。

通常、法人カードの場合は決算書や確定申告書などを確認して、事業の安定性などを見ながら審査を行います。

しかしライフカードゴールドビジネスの場合は代表者個人の信用力など、他社とは違う視点で審査を行っています。

そのため大量の決算書や確定申告書を準備する必要もなく、申込の手間も省略出来ます。ただし限度額が200万円を超える場合は、決算書の提出が必要になるので注意しましょう。

カードの利用額に応じて還元率が最大2倍になる

ライフカードゴールドビジネスは利用額に応じてポイントが貯まりますが、基本の還元率は0.5%とそこまで高くありません。

しかし下記のように年間の利用額に応じて還元率を上げる事が出来ます。

  1. 年間利用額50万円以上・・・還元率1.5倍
  2. 年間利用額100万円以上・・・還元率1.8倍
  3. 年間利用額200万円以上・・・還元率2倍

最大で基本の還元率を倍の1.0%まで高くする事が出来ます

このように基本の還元率は低くても、使い方次第で還元率をアップ出来るのもライフカードビジネスゴールドのメリットの一つです。

新規入会や誕生月の利用で還元率が最大3倍になる

ライフカードゴールドビジネスには、他にもたくさんのボーナスポイントが貰える特典が付帯します。

新規入会キャンペーンでは1年間還元率が1.5倍になりますし、誕生月にカードを使うと還元率は何と3倍になります。

更にスペシャルボーナスとして、年間のカード利用額が50万円を超えると300ポイントが貰えるなど、基本の還元以外にも様々なシーンでボーナスポイントが貰えるのも大きなメリットと言えるでしょう。

福利厚生サービスが優待価格で利用出来る

ライフカードゴールドビジネスには、ビジネスに役立つ多彩なサービスを優待価格で利用できる特典が付帯します。

例えば福利厚生サービスで最大のベネフィットステーションが利用出来るほか、クラウド会計サービスの「free」も優待価格で利用出来ます。

また無料弁護士相談サービスも利用ができるので、気軽に法務相談する事も出来ます。ビジネスでの法務相談が出来る特典の付帯したカードは、他にはそう多くはありません。このようにビジネスに役立つ特典が多彩に付帯しているのも、このカードのメリットです。

空港ラウンジが利用出来る

ライフカードゴールドビジネスにはゴールドカードらしい特典もしっかりと付帯しています。代表的なのが空港ラウンジの利用で、国内主要空港だけでなくハワイ・ホノルル空港のラウンジが無料で利用出来ます。更に年会費2,200円(税込)という安い年会費であるにもかかわらず、海外・国内旅行保険やシートベルト保険もするなど、ゴールドクラスの特典が付帯するのも、このカードのメリットの一つと言えるでしょう。

ライフカード ゴールドビジネスのデメリット

ライフカードゴールドビジネス デメリット

メリットの次は、ライフカードゴールドビジネスのデメリットについて紹介します。入会した後で後悔しないためにもデメリットは事前に必ずチェックしておきましょう。

付帯保険の金額は2,000万円と高くない

2,200円(税込)という格安年会費にもかかわらず、空港ラウンジや旅行保険が付帯するライフカードゴールドビジネスですが、旅行保険の金額は最大2,000万円とそこまで高くありません。ゴールドクラスのカードの旅行保険は5,000万円~1億円程度の場合が多いので、このカードの旅行保険は一般カードと同等のスペックと言えるでしょう。

基本の還元率が0.5%と低い

メリットで紹介したように、ライフカードゴールドビジネスには様々なボーナスポイントが貰える仕組みが豊富ですが、基本の還元率は0.5%と高くありません。高還元と言われるカードには年会費が無料でも1.0%を超えるカードもあるので、還元率だけを見ると他のカードよりも劣っています。ライフカードゴールドビジネスを利用する際には、ボーナスポイントなどを上手に活用しましょう。

ライフカード ゴールドビジネスの国際ブランドの違い

ライフカードゴールドビジネス デメリット 違い

ライフカードゴールドビジネスは国際ブランドをVISA・Mastercard・JCBの3種類から選べますが、選んだブランドによって付帯するサービスに違いがあります。どのブランドにどのようなサービスがあるか、入会する前にきちんと押さえておきましょう。

Mastercardはビジネス・アシストが付帯する

Mastercardを選んだ場合は、Mastercardが提供しているビジネス・アシストを利用することが出来ます。

ビジネス・アシストは決済機能だけでなく、会員が成長出来るサポートを目指してMastercardが運営をしており、下記のような特典が付帯します。

  1. 会議室などの手配が出来るJTBリアル&オンラインサポートでカード決済が出来る
  2. 複利厚生サービスのえらべる倶楽部が優待価格で利用出来る
  3. 経費の効率化が出来る「経費BankⅡ」が優待価格で利用出来る
  4. 出張に便利なじゃらんコーポレートサービス

VISAはグルメオファーが利用出来る

VISAを選んだ場合は、接待などに役立つ飲食店を簡単に予約出来て、更に特典も付帯するグルメオファーが利用出来ます。

またグルメオファーに加えて、ビジネスオファーというサービスも利用出来るのがVISAの特徴で、下記のようなサービスが付帯します。

  1. フレキシブルなオフィススペースが利用出来るエグゼクティブセンターが優待価格で利用出来る
  2. レンタルオフィスのサーブコーブが優待価格で利用出来る
  3. 高品質な印刷が利用出来るスプリントが優待価格で利用出来る

ライフカード ゴールドビジネスの審査基準・難易度

ライフカードビジネスゴールド 審査

メリットやデメリットの次は、審査基準を見ていきましょう。

設立間もないスタートアップでも発行可能

ライフカードゴールドビジネスの審査の特徴は、独自の基準で行う点です。限度額が200万円以下であれば決算書の提出が不要なので、赤字の会社や業績が安定していないスタートアップでも審査に通過する可能性があります。

また決算書の提出が必要になりますが、最大で500万円という高額な限度額を設定出来るのもこのカードの魅力です。

実際の審査の際には法人の業績よりも、代表個人の信用力が重要になります。

そのため代表者のクレジットヒストリーがポイントになりますが、過去に延滞や金融事故などがあると審査に悪影響があります。

また他社での借り入れが多かったり、同時にいくつものカードを申し込んでいるのも審査上良くありませんので注意しましょう。

審査期間は約1週間

ライフカードゴールドビジネスの審査期間は法人カードにしては早く、約1週間となっています。

そのため急いでカードが欲しい方にはおすすめですが、更に早くカードが欲しい方にはライフカードビジネスライトもおすすめです。

限度額はライフカードゴールドビジネスほど高くはありませんが、最短4営業日と審査が早いのが特徴です。

ライフカード ゴールドビジネスの口コミ・評判

ライフカードゴールドビジネス 口コミ

最後にライフカードゴールドビジネスの口コミ情報を紹介します。

ポイント有効期限が5年と長いのが嬉しい

口コミライフビジネス1

おーと/男性/30代/自営業/500万円

ライフカードのポイントは通常2年ですが、繰越手続きをすることで最大5年まで延長出来ます。

ポイントの有効期限は2年程度の会社が多いので、じっくりポイントを貯めたい方にはおすすめです。

限度額が高いので利用しやすい

口コミライフビジネス2

naaau/男性/40代/会社役員/600万円

ライフカードゴールドビジネスの最大限度額は500万円と高額なのもメリットの一つです。

ビジネスでは大きな支払いをするケースも多いので、ライフカードゴールドビジネスの使い勝手の良さが役立ちます。

年会費の割には特典が充実している

口コミライフビジネス3

ema/女性/30代/会社役員/400万円

年会費が2,200円(税込)と格安ですが、空港ラウンジの利用などが付帯するのは魅力です。

このような特典だけでもライフカードビジネスゴールドに入会する価値があると言えるでしょう。

まとめ|発行しやすい特典豊富なビジネスゴールド

ライフカードビジネスゴールド まとめ

ライフカードビジネスゴールドは信販会社のライフが発行する、ビジネス用のゴールドカードです。

同じくライフが発行するビジネスライトと比べると、最大の限度額が大きいことが特徴です。

ライフは独自の基準で審査を行うので、このカードも限度額が200万円以下であれば決算書などの書類を提出する必要はありません。

そのため法人の業績が赤字であったり、設立間もないスタートアップ企業でも入会することが可能です。

審査の際には代表個人の信用も重要になるので、クレジットヒストリーなどには注意するようにしましょう。ライフカードビジネスゴールドへの入会を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

基本情報

入会資格 法人または個人事業主
発行会社 ライフカード
本社所在地 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20
創業 1952年10月27日
発行可能ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行期間 -
年会費 1年目 無料
2年目以降 2,200円(税込)
家族カード 1年目 無料
2年目以降 2,200円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム LIFEサンクスプレゼント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 5年間
最低交換単位 100ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANA
マイレージ還元率 1pt = 3.0マイル
最低交換単位 300ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー nanacoidsuicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病 最高200万円
携行品損害 最高20万円
国内旅行傷害保険 最高1,000万円
ショッピング保険 年間200万円(免責1事故3,000円)
備考 シートベルト傷害保険