国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

マイレージプラス(MileagePlus) UCカード

マイレージプラス(MileagePlus) UCカード
年会費 初年度:1,650円(税込)
2年目以降:1,650円(税込)
還元率 0.5%
発行日数 公式サイト参照
年会費 初年度 1,650円(税込)
2年目以降 1,650円(税込)
家族カード 440円(税込)
旅行保険 海外 最高2,000万円
国内 最高1,000万円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー nanacoidsuicaedy
国際ブランド VISAカードマスターカード
発行会社 クレディセゾン
発行期間 公式サイト参照
  1. point1還元率0.5%!200円でマイレージプラス1マイル!フライトでも貯まる!
  2. point2最高2,000万円の海外旅行傷害保険は家族特約付き!国内旅行傷害保険も
  3. point3貯まったマイレージプラスマイルは実質無期限!ANAでも利用可能!

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードはユナイテッド航空とUCカードが提携して発行しており、ユナイテッド航空のマイルを貯められるのが特徴です。

ユナイテッド航空のマイルが貯まるカードはセゾンやJCBなど複数ありますが、このカードはUCブランドの中でもオーソドックスな一般カードの位置づけです。

今回の記事ではマイレージプラス(MileagePlus) UCカードについて、メリット・デメリットなどを含めながら詳しく解説していきます。

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードのメリット

マイレージプラス(MileagePlus) UCカード メリット

今回の記事ではマイレージプラス(MileagePlus) UCカードについて詳しく解説していきますが、まずはカードの特徴でもあるメリットから見ていきましょう。

有効期限の無いマイルが貯まる

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードは利用額に応じてマイルが溜まりますが、ユナイテッド航空のマイルには有効期限がありません

マイルの有効期限は航空会社によっても違いますが、国内の航空会社であれば36ヶ月としている場合が多いです。

せっかく貯めたマイルを有効期限切れで失効してしまう事もなく、また期限切れ直前に慌てて交換する必要もありません。マイルをじっくりと貯めて、海外旅行などに使いたい方には嬉しいメリットと言えます。

ANAでもマイルを使える

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードで貯めたマイルは、ユナイテッド航空だけでなくANAなどのスターアライアンス加盟の航空会社でも利用出来ます。

スターアライアンスは世界に3つある航空会社連合の中でも、一番規模が大きく加盟する航空会社の数が多いです。

そのためマイルを相互利用出来る航空会社も多く、マイルの使い勝手は良いと言えるでしょう。ちなみにANAでは使えますが、JALはワンワールドという別の航空連合に加盟しており、マイルは使えないので注意が必要です。

特典航空券をプレゼント出来る

貯めたマイルを使って特典航空券を購入する場合、自分名義か家族名義に限定されている場合が多いです。

しかしマイレージプラス(MileagePlus) UCカードで貯めたマイルであれば、誰の名義であっても購入が可能です。

そのため友人やお世話になった方などに対して、特典航空券をプレゼントして感謝の気持ちを伝える事が出来ます。

ツアーやイベントチケットが優待価格で購入出来る

UCカードでは、会員限定で国内や海外のツアーが優待価格で購入出来る「セゾントラベル」を利用する事が出来ます。

最大で8%OFFというお得な価格でツアーを購入することが出来るだけでなく、イベントやライブ、演劇・舞台などのチケットも優待価格で購入できたり先行予約が出来ます。

カードの利用でマイルを貯めるだけでなく、様々なエンタメシーンでも優待が受けられのがマイレージプラス(MileagePlus) UCカードのメリットの一つです。

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードのデメリット

マイレージプラス(MileagePlus) UCカード デメリット

マイレージプラス(MileagePlus) UCにはこれまでの説明のようにたくさんのメリットがありますが、このカードにはデメリットもあるので入会の際にはここで紹介するデメリットについても良く理解しておきましょう。

マイレージプラスセゾンの方が還元率が高い

ユナイテット空港のマイルの貯まるカードは今回紹介しているUC以外にも複数の種類があり、JCBやダイナース・三菱UFJニコスなどがあります。

その中でも同じ1,650円(税込)という年会費で発行出来るカードでは、マイレージプラス(MileagePlus) セゾンカードがあります。

UCとセゾンどちらも基本の還元率は0.5%と同じですが、セゾンカードの場合はマイルアップメンバーズに加入することで還元率を1.5%に高めることが出来ます。

マイルアップメンバーズに加入するには5,500円(税込)の年会費が必要になるので、カードの利用額を慎重に見極める必要はありますが還元率の高さだけをみればセゾンブランドのカードには勝てません。

電子マネーチャージでマイルが貯まらない

最近では様々な種類の電子マネーが普及しており、それに伴ってカードで電子マネーにチャージする機会も増えています。

電子マネーは決済でポイントが貯まる事に加えて、カードのチャージでもポイントが貯まる二重取りが出来るのがメリットです。

しかしマイレージプラス(MileagePlus) UCカードの場合は、電子マネーチャージではマイルが貯まりません。楽天Edyやnanacoへのチャージは利用可能ですが、ポイントが貯まらずお得な二重取りは出来ないので、電子マネーチャージでもカードを使いたい方は楽天カードなどをサブカードで持っておくと良いでしょう。

入会キャンペーンなどのイベントが少ない

マイレージプラス(MileagePlus)UCカードでは、入会キャンペーンなどのお得なイベントがあまり開催されません。

クレジットカードでは期間限定でキャンペーンを開催することが良くあり、利用条件などをクリアすれば大きくポイントを貰う事が出来ます。

例えば同じマイレージプラス(MileagePlus) の貯まるセゾンカードであれば、2021年12月31日までの期間にふるさと納税をカードを使って行うと1,000円毎に45マイル貯まるキャンペーンを行っています。

他にもマイレージプラス(MileagePlus) JCBカードの場合は、入会するだけで最大3,000マイルがもらえる入会キャンペーンを開催しています。

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードの場合は、他のカードのようなお得なキャンペーンが少ないのがデメリットと言えるでしょう。

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードの審査基準・難易度

マイレージプラス(MileagePlus) UCカード 審査

メリット・デメリットでカードの特徴が理解出来たら、次に気になるのが審査基準でしょう。ここからはマイレージプラス(MileagePlus) UCカードの審査基準を紹介していきます。

主婦や学生でも入会出来るカード

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードは、ベーシックな一般カードの位置づけなのでそこまで審査は厳しくありません。

実際にこのカードの申し込み基準を見てみると、下記のようになっています。

  • 専業主婦の方・学生の方もお申し込み可能
  • 満18歳以上の方(高校生は除きます)

18歳以上で高校生でなければ、安定収入のない主婦や学生の方でも申し込みが出来る入会基準の幅広いカードす。

入会基準に年収要件がないので、審査の際には個人信用情報期間のデータや過去の返済実績が重視されます。

そのため過去に大きな延滞や、金融事故などの履歴があると審査に悪い影響があり審査に通過しないかもしれません。特に気を付けたいのがスマホの分割払いやアパートなどの家賃です。

最近ではこれらの支払いもクレジット払いとなっているケースも多く、知らない内に延滞履歴が残っている場合もあります。

また他社での消費性借入が多いのも審査上良くないので、借入の多い方は注意しましょう。

審査期間は一週間

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードの審査期間は約一週間となっており、一般的なカードの審査期間と比べると早めの水準です。

しかし実際にカードが手元に届いて利用出来るまでは、郵送の期間もあるので2週間程度はかかります。このカードに申込する際は、時間に余裕をもって申込をするようにしましょう。

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードの口コミ・評判

マイレージプラス(MileagePlus) UCカード 口コミ

最後にマイレージプラス(MileagePlus) UCカードの口コミ情報を見ていきましょう。実際にカードを使っているユーザーからの口コミ情報は、とても役立ちます。

マイルの有効期限が無いのが嬉しい

口コミマイレージUC①

ななまる/女性/30代/400万円

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードで貯まるユナイテッド航空のマイルは、有効期限の無いのが特徴です。有効期限のある国内航空会社のマイルと違って時間をかけてじっくりと貯められるので、陸マイラーの方にも向いています。

セゾンと違って家族カードが発行出来る

口コミマイレージUC②

tetu/男性/40代/500万円

ユナイテッド航空のマイルの貯まるカードは複数ありますが、中でも同じ年会費で発行出来るのがマイレージプラス(MileagePlus) セゾンカードです。セゾンカードはマイルアップメンバーに加入すれば還元率がアップするというメリットがある一方で、家族カードを発行する事は出来ません。

足りないマイルは購入出来る

口コミマイレージUC③

tabi好き/女性/30代/400万円

ユナイテッド航空のマイルを使って特典航空券を購入する際、不足分のマイルを購入する事が出来ます。購入したい航空券にあとちょっとマイルが足りない時など、マイルを購入出来るのは嬉しい仕組みです。

まとめ|使いやすいユナイテッド空港のマイルが貯まるカード

マイレージプラス(MileagePlus) UCカード まとめ

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードはユナイテッド航空のマイルが貯まる、ベーシックな一般カードです。マイルに有効期限が無く、他人名義の特典航空券が購入出来るなど使いやすいマイルが貯まるのが特徴のカードです。

他のマイレージプラスが貯まるカードに比べるとキャンペーンが少ないなどのデメリットはありますが、家族カードが発行出来て、ポイントを合算出来るのがこのカードのメリットです。

マイレージプラス(MileagePlus) UCカードへの加入を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

基本情報

入会資格 満18歳以上の方(高校生は除きます)
専業主婦の方・学生の方もお申し込み可能
発行会社 クレディセゾン
本社所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
創業 1951年5月1日
発行可能ブランド VISAカードマスターカード
発行期間 公式サイト参照
年会費 1年目 1,650円(税込)
2年目以降 1,650円(税込)
家族カード 1年目 440円(税込)
2年目以降 440円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム ユナイテッド航空マイレージプログラム
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 18ヵ月
最低交換単位 1ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ
マイレージ還元率 1pt = 1マイル
最低交換単位 1マイル
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー nanacoidsuicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病 最高150万円
携行品損害 20万円限度
国内旅行傷害保険 最高1,000万円
ショッピング保険 100万円限度
備考 家族特約付き