国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

東急カードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)

    東急百貨店でお得かつPASMO機能つき!とりあえず発行して損なし

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~10.5%
    無料 1,100円(税込)
    発行期間 ブランド
    最短10日間
    • 東急百貨店で最大10%還元!東急ホテルズでは常に5%還元!
    • PASMO定期券が毎年初回3%引き!チャージでも1%還元!
    • 国内/海外旅行保険が利用付帯!JALマイルも貯められる
  • TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)

    一般カードの機能に加えてラウンジや保険、各種特典が追加の上位カード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~10.5%
    6,600円(税込) 6,600円(税込)
    発行期間 ブランド
    約3週間 マスターカード
    • 東急ホテルズで5%還元!コンフォートメンバーサービス付き
    • 国内主要空港ラウンジ無料!東急百貨店で最大10%還元
    • 国内/海外旅行保険が最高1億円!ショッピング保険付き
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

    東急も飛行機を利用するならこのカード一択。マイルがお得に貯まる

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~2.39%
    無料 2,200円(税込)
    発行期間 ブランド
    約2週間 マスターカード
    • 還元率最大1.39%!ANAカードマイルプラス加盟店で還元率合計2.39%!
    • 東急系列でTOKYU POINTが最大10%貯まる!ANAマイルとWで貯まる!
    • 初年度年会費無料!定期券機能付き!PASMOチャージや定期購入もポイント対象!

東急カードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

東急カードは東急グループのひとつである東急カード株式会社が発行しているクレジットカードで、正式名称は「TOKYU CARD」です。

鉄道やバスの利用でTOKYU POINTが付与されるほか、東急グループの店舗などでもポイントが付与されるため、東急沿線にお住まいの人に人気があります。

このページでは東急カードの中でも特に人気が高い3種類について特徴や内容を比較して、あなたにぴったりのカードをご紹介します。

東急カードとは

まず、東急カードの特徴をご紹介します。東急カードには、次の共通する特徴があります。

  • ポイントが貯まりやすい
  • 貯まったポイントはPASMOにチャージできる
  • コンフォートメンバーズ機能付きカードなら東急ホテルズのポイントも付与される

ポイントが貯まりやすい

東急カードは電車やバスの利用のほか、ショッピングなどさまざまな場面でポイントがたまります。

東急ポイント_貯まる場所

さらに東急カード(TOKYU CARD)とクレジット機能がない「TOKYU POINT CARD」では下記のようにポイントの還元率が異なります。

カード名 TOKYU POINT CARD
(クレジット機能なし)
TOKYU CARD
(クレジット機能あり)
券面画像 東急ポイント_一般ポイントカード 東急カード(クレジットカード)のポイント
電車の定期購入 購入額の0.5% 購入額の1%
PASMOのオートチャージ 購入額の1%
東急百貨店 利用金額(税抜)の1% 利用金額(税抜)の3%~10%
東急ストア 200円(税抜)につき1ポイント 200円(税抜)につき3ポイント
東急グループ加盟店 200円(税抜)につき1ポイント 200円(税抜)につき3ポイント
TOKYU POINTモールでのネットショッピング 0.5% 利用金額(税抜)の0.5%~19%
+クレジット利用額(税込)の1%

クレジット機能がついていない「TOKYU POINT CARD」の還元率は0.5%~1%ですが、クレジット機能がついた「TOKYU CARD」は最大で20%の還元率です。

ポイント還元率が大きく異なるため、どうせならクレジット機能がついた「YOKYU CARD」を持っておく方がお得です!

東急百貨店や東急ストアでは利用額に応じてボーナスポイントを付与

TOKYU CARD ClubQ JMB(PASMOありを含む)とTOKYU CARDゴールドカードをお持ちの人には、東急百貨店での年間のお買い上げ額に応じて下記のように翌年のポイント還元率がUPします。
(ただし食品、セール品は一律1%です)

年間お買い上げ額 翌年のポイント還元率
10万円未満 3%
10万円~50万円未満 5%
50万円~100万円未満 7%
100万円以上 10%

また、東急ストアやプレッセでは月間のお買い上げ金額に応じて下記のようなボーナスポイントが付与されます。

月間お買い上げ額 ボーナスポイント
3万円以上~5万円未満 250ポイント
5万円以上~7万円未満 500ポイント
7万円以上~10万円未満 1,250ポイント
10万円以上 2,500ポイント

TOKYU CARDだけでもお得な点が多いのですが、TOKYU CARD ClubQ JMB(PASMOありを含む)とTOKYU CARDゴールドカードはこのように東急百貨店や東急ストアでのポイント付与があるため東急カードの中でも特に人気があります。

貯まったポイントはPASMOにチャージできる

貯まったTOKYU POINTは1ポイント=1円としてPASMOにチャージできます。PASMOは電子マネーとしても使えるICカード乗車券で乗車券や定期券の購入、ショッピングでの支払いに利用できます。

また、「コンフォートメンバーズ機能付きカード」なら東急ホテルズのポイントも付与されるというメリットがあります。

東急カード主要3種類の特徴を比較

ここからは東急カードの中でも特に人気が高い主要3種類の特徴を比較してみます。

カードの種類 特徴
 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)_券面画像
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード
・クレジットカードとPASMO、定期券が1枚になった便利なカード
・PASMOの残高が少なくなったら自動的にチャージできる「PASMOオートチャージ」が可能
・東急ホテルズの宿泊やレストランの利用でポイントが貯まる「コンフォートメンバーズ」機能付き
・JMB機能搭載で JALマイルが貯まる
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)_券面画像
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード
・国内の空港ラウンジの利用が可能
・ショッピング補償や海外旅行傷害保険が充実
・東急ホテルズの宿泊やレストランの利用でポイントが貯まる「コンフォートメンバーズ」機能付き
・JMB機能搭載で JALマイルが貯まる
 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード_券面画像
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 
・三井住友カードが発行
・PASMO、定期券、クレジットカードが一体化した便利なカード
・PASMOオートチャージが可能
・TOKYUポイントとANAのマイルが貯まる

JALマイレージバンク(JMB)機能付きでJALマイルも貯まる!

東急カードが独自発行しているプロパーカードには全てJALマイレージバンク(JMB)の会員カード機能が付帯しています。「JALマイレージバンク(JMB)」とは、日本航空(JAL)とJMB提携会社の利用でJALのマイルが貯まるサービスのことです。

JALグループ航空会社やJMB提携航空会社の航空機に搭乗するほか国内外の12,000軒以上のJMB提携ホテルやレンタカー、宅配サービス、JALグループのパッケージツアーなどを利用することでもJALマイルが貯まります。

貯まったマイルと東急ポイントの交換が可能な点もおすすめです!

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは三井住友カードが発行

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は東急カード株式会社ではなく三井住友カードが発行しています。

三井住友カードのVポイントやANAのマイルが貯まりやすいということで人気があります。

東急カードを年会費・付帯カードで比較

東急カード主要3種類を年会費や付帯カードで比較してみました。
(税込)

カードの種類 年会費 家族カード
(年会費)
ETCカード プラスEX
 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)_券面画像
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード
1,100円
(初年度は無料)
330円
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)_券面画像
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード
6,600円 1,100円
 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード_券面画像
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
2,200円
(初年度は無料)
1,100円
(初年度は無料)
×

ETCカードの年会費は無料ですが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは1年間に1度もETCカードの利用がない場合は翌年の年会費が550円かかります。

また、ETCカードの利用に対してもポイント(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは三井住友カードのVポイント)が付与されます。

東急カード主要3種類をマイルで比較

次に東急カード主要3種類でマイルの貯まり方やTOKYU POINTへの交換について比較してみましょう。

カードの種類 対象マイル TOKYU POINTからマイルに交換 マイルからTOKYU POINTに交換
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード
(コンフォートメンバーズ機能付)
JAL 2,000ポイント→1,000マイル
(交換比率50%)
10,000マイル→10,000ポイント
(交換比率100%)
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード
(コンフォートメンバーズ機能付)
JAL 2,000ポイント→1,000マイル
(交換比率50%)
10,000マイル→10,000ポイント
(交換比率100%)
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード ANA 1,000ポイント→750マイル
(交換比率75%)
10,000マイル→10,000ポイント
(交換比率100%)

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの方がマイルへの交換比率が高い

上の表でもわかる通り、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードはTOKYU POINTをマイルに交換する際の比率が75%でそれ以外の2種類のカードよりも高くなっています。

ANAマイルを貯めたい人はANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードでTOKYU POINTを貯めてマイルに交換する方法がおすすめです。

東急カード主要3種類を選べる国際ブランドで比較

クレジットカードにはJCBやVISA、Masterといった国際ブランドを選べるようになっています。
東急カードを国際ブランドの観点で比較してみました。

カードの種類 国際ブランド
 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)_券面画像
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード
Mastercardのみ
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)_券面画像
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード
Mastercardのみ
 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード_券面画像
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
Mastercardのみ

このように当記事でご紹介している東急カードの主要3種類はマスターカード (MasterCard)のみとなります。

マスターカードは日本国内はもちろんのこと海外でも広く使われているので、どこに行っても困ることはないでしょう。

東急カード主要3種類をショッピング補償や旅行保険で比較

東急カードの海外旅行保険

東急カードは鉄道・バスの利用でポイントが貯まるクレジットカードですが、JALやANAと提携して多くの特典を受けることができます。

そんなときに気になるのが「補償」の問題です。買い物をした商品が盗難・破損したときの補償や旅行先での事故やケガ・病気時の保険などは付いているのでしょうか。
詳しく調べてみました。

カードの種類 ショッピングの補償 国内旅行 海外旅行
 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)_券面画像
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード
なし 最高1,000万円 最高1,000万円
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)_券面画像
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード
購入から90日以内の盗難や破損に対して300万円まで
(自己負担額は1回につき10,000円)
3,000万円 最高1億円
 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード_券面画像
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
最高100万円まで 最高1,000万円 最高1,000万円

旅行中はさまざまな事故や病気、トラブルなどが発生するリスクがあります。そんなときにクレジットカードを持っているだけで補償が付くのはありがたいですね。

特に「TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)」は補償が厚いのでおすすめです。

東急カードを審査基準で比較

東急カード_審査
東急カードは以前は審査が厳しいと言われていて、特にゴールドカードは「30歳以上で勤続年数が10年以上」「年収700万円以上」などの条件が設けられていた時期がありました。

しかし、近年はかなり緩和されているということですが、カードの種類によってどれくらい異なるのでしょうか。

それぞれのカードの申し込み条件と実際に審査に通った人の口コミをご紹介します。

カードの種類 申し込み条件 口コミの評価
 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)_券面画像
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード
18歳以上(高校生不可) ・他社カード複数所有でも審査に通った
・自営業・自由業でも利用可能枠は70~80万円獲得例あり
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)_券面画像
TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード
記載なし ・30代、40代会社員で審査通過のケースが多いが20代でも審査に通った例がある
・申し込みからカード発行までは1ヶ月ほどかかる
 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード_券面画像
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
18歳以上(高校生不可) ・30代~50代の申し込み者が多い
・正社員は利用可能枠が多いが派遣社員など非正規雇用の人は枠が少ない傾向
・申し込みからカード発行までは10日~20日ほど

口コミなどから判断すると「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)」は審査が比較的ゆるく、逆に「TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)」は厳しいことがうかがえます。カード発行までに時間がかかる点も審査の厳しさを物語っています。

以前ほどではないにしても、やはり東急カードの「ゴールドカード」は審査が厳しいと言えます。

まずは「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)」のような一般カードを作って少しずつ実績を積んでからゴールドカードにチャレンジするといいでしょう。

東急カードの人気3種類の上手な使い方

東急電鉄

ここまででご説明してきたように東急カードの人気3種類にはそれぞれに特徴があります。
そこで、各カードの上手な使い方をご紹介します。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)

PASMO一体型の東急カード!4つの機能を全部盛り!
東急百貨店で最大10%還元!東急ホテルズでは常に5%還元!

年会費初年度:無料
2年目以降:1,100円(税込)
還元率0.5%~10.5%
発行日数最短10日間
詳細を見る

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカードはPASMOが搭載されているので、東急だけでなく京王や京急、東部などの路線の定期券として使えます。もちろん乗車券や定期券の購入に対してTOKYU POINTが貯まり、貯まったポイントはPASMOにチャージできます。

さらに東急線の定期券を1年分PASMOで購入すると、「東急線いちねん定期」としてポイントが3%も付与されます。
1・3・6ヶ月の定期券のポイントは1%なので、1年分をまとめて購入する方がお得です。

また、2021年3月15日までは購入した1年分の定期券代をあとから分割手数料が無料で12回払いに変更できるキャンペーンを打っていた実績もあります。定期的にこのようなお得なキャンペーンを開催しているので、ぜひ利用してみてください。

TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード

TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)

東急ホテルズで5%還元!保険&空港ラウンジも付帯
東急ホテルズで5%還元!コンフォートメンバーサービス付き

年会費初年度:6,600円(税込)
2年目以降:6,600円(税込)
還元率0.5%~10.5%
発行日数約3週間
詳細を見る

「TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード」にはPASMO機能はついていませんが、ゴールドカードならではの特典としてショッピング補償や国内外の旅行保険がついています。

また、東急ホテルズのコンフォートメンバーズ機能がついているのでホテル内のレストラン・バーの利用や宿泊料金に対して100円(サービス料込・税抜)ごとにコンフォートメンバーズポイントが5ポイント付与されるほか、各種割引などの特典も受けられます。

JMB(JAL マイレージバンク)機能を活用してフライトやホテル、レンタカーの利用でJALマイルが貯まり、貯まったマイルはTOKYU POINTに交換できます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

東急百貨店で最大10%還元!PASMO定期券付きANAカード
還元率最大1.39%!ANAカードマイルプラス加盟店で還元率合計2.39%!

年会費初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
還元率0.5%~2.39%
発行日数約2週間
詳細を見る

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」はTOKYU POINTとANAマイルが貯まりやすいのがメリットです。

特にANAのマイルを貯めたい人はこまめに「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を使ってTOKYU POINTを貯めてみましょう。PASMO機能がついているので定期券や乗車券の購入に使うほか、東急グループの店舗でも使うことでポイントが貯まります。

貯まったTOKYU POINTは1,000ポイントを750マイルに交換できるので陸マイラーが注目する魅力あるカードです。

あなたにピッタリの東急カードはコレ!

最後にあなたにピッタリの東急カードをご紹介します。

PASMOをよく使う人はTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカードがおすすめ

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)

PASMO一体型の東急カード!4つの機能を全部盛り!
東急百貨店で最大10%還元!東急ホテルズでは常に5%還元!

年会費初年度:無料
2年目以降:1,100円(税込)
還元率0.5%~10.5%
発行日数最短10日間
詳細を見る

通勤や通学でPASMOをよく使う人には東急カードのクレジット機能とポイントカード、PASMO機能が一体化したTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付) がおすすめです。

定期券や乗車券の購入でTOKYU POINTが貯まり、貯まったポイントをPASMOにチャージすることができます。
さらにPASMOオートチャージを設定しておくと、PASMOの残高を心配しなくてもいいので安心です。

JMB(JALマイレージバンク)や東急ホテルズでの利用でポイントが貯まる「コンフォート機能」もついている至れり尽くせりのカードです。

しかも、審査は比較的緩いので若い人でも安心して作れる点もおすすめです。

旅行・出張が多い人にはTOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカードがおすすめ

TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)

東急ホテルズで5%還元!保険&空港ラウンジも付帯
東急ホテルズで5%還元!コンフォートメンバーサービス付き

年会費初年度:6,600円(税込)
2年目以降:6,600円(税込)
還元率0.5%~10.5%
発行日数約3週間
詳細を見る

TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付) には一般の東急カードにはついていないショッピングプロテクト(ショッピング補償)や最高1億円の海外旅行傷害保険がついています。

JMB機能もあるのでJALのマイルも貯まりやすいというメリットがあるため、旅行や出張が多い人におすすめです。

ANAのマイルを貯めたい人にはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードがおすすめ

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

東急百貨店で最大10%還元!PASMO定期券付きANAカード
還元率最大1.39%!ANAカードマイルプラス加盟店で還元率合計2.39%!

年会費初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
還元率0.5%~2.39%
発行日数約2週間
詳細を見る

ANAの飛行機をよく利用する人のほか「陸マイラー」に人気が高いのがANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードです。

TOKYU CARDとしての機能を持ちながらANAのマイルも貯まりやすいのが特徴で、貯まったTOKYU POINTは交換比率75%でANAのマイルに交換が可能です。

PASMO機能もついているので便利かつポイントが貯まりやすく、さらにANAマイルも増やせるという点が高い評価を得ています。

東急カードを比較~まとめ

東急カードは東急グループのひとつ「東急カード株式会社」が発行しているクレジットカードです。

東急電鉄のほか東急百貨店や東急ストア、提携店舗などでの利用でTOKYU POINTが貯まります。クレジット機能がついていない東急のポイントカードと比較すると最大で20倍もの還元率がある点が魅力です。

実際に東急沿線にお住まいの人にはなくてはならないカードだと言えるでしょう。

ただ、カードの種類によって特徴が異なるため、このページの記事を参考にしてご自分に合った最適な1枚を選んでくださいね。

  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)

    東急百貨店でお得かつPASMO機能つき!とりあえず発行して損なし

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~10.5%
    無料 1,100円(税込)
    発行期間 ブランド
    最短10日間
    • 東急百貨店で最大10%還元!東急ホテルズでは常に5%還元!
    • PASMO定期券が毎年初回3%引き!チャージでも1%還元!
    • 国内/海外旅行保険が利用付帯!JALマイルも貯められる
  • TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドカード(コンフォートメンバーズ機能付)

    一般カードの機能に加えてラウンジや保険、各種特典が追加の上位カード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~10.5%
    6,600円(税込) 6,600円(税込)
    発行期間 ブランド
    約3週間 マスターカード
    • 東急ホテルズで5%還元!コンフォートメンバーサービス付き
    • 国内主要空港ラウンジ無料!東急百貨店で最大10%還元
    • 国内/海外旅行保険が最高1億円!ショッピング保険付き
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

    東急も飛行機を利用するならこのカード一択。マイルがお得に貯まる

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~2.39%
    無料 2,200円(税込)
    発行期間 ブランド
    約2週間 マスターカード
    • 還元率最大1.39%!ANAカードマイルプラス加盟店で還元率合計2.39%!
    • 東急系列でTOKYU POINTが最大10%貯まる!ANAマイルとWで貯まる!
    • 初年度年会費無料!定期券機能付き!PASMOチャージや定期購入もポイント対象!