国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

デルタ スカイマイルJCBゴールドカード

デルタ スカイマイルJCBゴールドカード
年会費 初年度:11,000円(税込)
2年目以降:22,000円(税込)
還元率 1.5%~3%
発行日数 最短3営業日~1週間
年会費 初年度 11,000円(税込)
2年目以降 22,000円(税込)
家族カード 3,300円(税込)
旅行保険 海外 最高1億円(自動付帯5,000万円)
国内 最高5,000万円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー quicpay
国際ブランド JCBカード
発行会社 株式会社ジェーシービー
発行期間 最短3営業日~1週間
  1. point1デルタスカイマイルの積算率1.5%!100円で1.5マイルが貯まる!デルタ航空なら2倍
  2. point2初年度年会費が割引き!入会後のボーナスマイルが豊富でキャンペーン多数!
  3. point3海外・国内旅行傷害保険が自動付帯!空港ラウンジサービスも付帯!家族特約付き!

デルタスカイマイルJCBゴールドカードは、JCBとデルタ航空が提携して発行しているカードです。JCBのスカイマイルカードのラインナップには、ベーシックなテイクオフカードとワンランク上の一般カードカードがありますが、ゴールドは更にステイタスの高い最上位のカードとなっています。

今回の記事ではデルタスカイマイルJCBゴールドカードについて、メリットやデメリットなども含めて詳しく解説していきますので、このカードへの入会を検討している方はぜひお読み下さい。

デルタ スカイマイルJCBゴールドカードのメリット

デルタ スカイマイルJCBゴールドカード メリット

まずはデルタスカイマイルJCBゴールドカードのメリットから紹介していきます。カードの特徴を知るには、メリットを知るのが一番の近道です。

1.5%の高還元率でマイルが貯まる

デルタスカイマイルJCBゴールドカードの一番の特徴は何と言っても還元率の高さで、常時1.5%でマイルが貯まります。年会費は22,000円(税込)と高額ですが、ここまでの還元率のカードはそう多くはありません。

更に貯めたマイルの有効期限が無いのも特徴で、3年程度で失効となってしまう国内航空会社のマイルよりも使いやすいです。高還元プラス+有効期限無しのマイルなので、じっくり貯めたい方や陸マイラーの方にもおすすめのカードです。

デルタ航空の航空券購入でマイル還元率が2倍になる

更にマイルを貯めやすいメリットとして、デルタ航空の航空券をカード決済した場合は還元率が2倍になります。つまりデルタ航空の購入券に限っては、何と3.0%の超高還元率でマイルを貯める事が出来ます。

デルタ航空はアメリカの航空会社なので、アメリカやハワイ方面へのフライトが中心です。そのためアメリカ・ハワイへのフライト利用が多い方にとってはとてもマイルの貯めやすいカードと言えるでしょう。

カードの更新でボーナスマイルが貰える

デルタスカイマイルJCBゴールドカードではショッピングやフライトだけでなく、カード入会や更新で貰えるボーナスマイルも充実しています。

カード入会キャンペーンではカードの利用やファーストフライトなどの条件を満たせば、最大で22,250マイルのボーナスマイルを貰うことが出来ます。

また毎年カードを継続する都度、3,000マイルのボーナスマイルを貰えます。このようにボーナスマイルが貰える場面が多いのがこのカードの特徴で、他の航空会社系カードと比較してもマイルが貯まりやすいと言えるでしょう。

付帯保険が充実している

デルタスカイマイルJCBゴールドカードでは付帯する保険も充実しており、最大1億円の海外旅行保険や最大5,000万円の国内旅行保険が付帯します。

旅行保険が充実しているのはゴールドクラスのカードでは珍しくありませんが、このカードの場合は旅行保険だけでなく下記のように多彩な保険が付帯します。

  1. ショッピング保険(海外)・・・500万円
  2. ショッピング保険(国内)・・・500万円
  3. 乗継遅延費用保険金・・・2万円
  4. 出航遅延費用等保険金・・・2万円
  5. 寄託手荷物遅延費用保険金・・・2万円
  6. 寄託手荷物紛失費用保険金・・・4万円

ハワイやアメリカでの利用でマイルが2倍になる

マイルの貯まりやすさがデルタスカイマイルJCBゴールドカードの特徴ですが、ハワイやアメリカでのカードショッピングの利用はマイル還元率が2倍になる特典も付帯します。常時1.5%の還元率でマイルの貯まるカードなので、還元率は何と3.0%になります。

デルタ航空がアメリカの航空会社という事もありアメリカに行く機会の多い方ほど使いやすいカードですが、アメリカやハワイでのショッピングでも貯めやすくなっているのは大きなメリットと言えるでしょう。

デルタ スカイマイルJCBゴールドカードのデメリット

デルタ スカイマイルJCBゴールドカード デメリット

メリットの次はデルタスカイマイルJCBゴールドカードのデメリットについて見ていきましょう。カードに入会する際には、メリットだけでなくデメリットも調べておくことがポイントです。

日系の航空会社との提携が無い

デルタスカイマイルJCBゴールドカードではデルタ航空のマイルが貯まりますが、デルタ航空のマイルは日系降航空会社で利用することが出来ません。

デルタ航空が所属している航空会社連合のスカイチームには日系航空会社がないためマイルの相互利用が出来ず、そのため国内便の特典航空券を購入する事が出来無いというデメリットがあります。

海外では利用出来ない店舗がある

デルタスカイマイルJCBゴールドカードは、国際ブランドはJCBのみになります。JCBは日本を代表する国際ブランドですが、VISAやMastercardと比べるとまだまだシェアは高くありません。

ハワイなど良く日本人が訪れる場所であれば利用出来る店舗も多いですが、地域によっては利用出来ない店舗もあります。頻繁に海外に行く方は、念のためVISAやMastercardをサブカードとして持っておくと良いでしょう。

デルタ スカイマイルJCBゴールドカードの審査基準・難易度

デルタ スカイマイルJCBゴールドカード 審査

メリットやデメリットの他には、デルタスカイマイルJCBゴールドカードの審査基準について見ていきましょう。

審査通過の目安は年収500万円以上

デルタスカイマイルJCBゴールドカードはステイタスの高いカードなので、JCBのゴールドカード基準で審査が行われますが、カードの入会基準としては下記のようになっています。

  • 20歳以上
  • ご本人に安定継続収入のある方

入会基準だけを見れば20歳以上の方であれば誰でも入会出来る幅広い基準に見えますが、申込するには安定収入がある事が条件となっています。

通常安定収入と言うと正社員として働いている際の収入の200万円程度が目安になりますが、ゴールドカードの場合はもう少しハードルが高く500万円程度が目安と言えるでしょう。

審査の際には年収などの属性面だけでなく、個人信用情報のデータもチェックされます。過去に大きな延滞などの事故情報が無いことはもちろんですが、優良なクレジットヒストリーがある事も重要です

。また他社での借り入れ状況も重要で、キャッシングやフリーローンなどの消費性の借入が多いと審査に悪影響があるので注意しましょう。

また同時期にたくさんのカードに申込をするのも、審査上は良くありません。カードやローンへの申し込みデータはすぐに個人信用情報機関へ反映されるので、同時期に何枚ものカードに申込をしている事はすぐに分かります。

一般カードであればそこまで気にされない場合もありますが、ゴールドカードの場合は厳しくチェックされるので注意が必要です。

審査期間は約2週間

デルタスカイマイルJCBゴールドカードの審査期間は約2週間と、一般的な水準です。ゴールドカードは限度額が大きいため審査に時間のかかる場合も多いですが、このカードの場合は一般カード同様の審査基準で発行してくれます。

実際にカードが手元に届くまでは郵送の期間もあるので、2~3週間程度を見ておくと良いでしょう。

デルタ スカイマイルJCBゴールドカードの口コミ・評判

デルタ スカイマイルJCBゴールドカード 口コミ

デルタスカイマイルJCBゴールドカードの概要や、審査基準が理解出来たら次は口コミ情報を見ていきましょう。カードの特徴を理解するには、実際のユーザーの口コミ情報は貴重です。

ボーナスマイルがとにかくお得

口コミデルタ①

kaotan/女性/40代/300万円

元々ポイント還元率が高いカードですが、入会キャンペーンやカードの更新、海外での利用やデルタ航空でのフライトなど様々なシーンでボーナスマイルが貰えます。

マイルが貯まるカードは他にもたくさんありますが、このカードほどマイルを貯めやすいカードはそう多くはありません。

マイル不足分を購入出来る

口コミデルタ②

丘mail/男性/30代/500万円

デルタ空港の特典航空券を購入する場合、不足分のマイルを購入する事が出来ます。後少しマイルが足りない時でも欲しい航空券が買える、国内航空会社のマイルには無い嬉しい特徴です。

他にもマイルの有効期限が無かったり、他人名義の特典航空券が購入出来たりとマイルが使いやすいのもメリットです。

ショッピング保険が充実している

口コミデルタ③

4nno/女性/40代/500万円

メリットで説明したようにデルタスカイマイルJCBゴールドカードには旅行保険以外にも、たくさんの保険が付帯します。

特にショッピング保険は国内・海外ともに最大500万円と、他のゴールドカードと比較しても優秀です。付帯保険を重視する方にとっても、おすすめカードと言えるでしょう。

まとめ|スカイマイルの貯まるゴールドカード

デルタ スカイマイルJCBゴールドカード まとめ

デルタスカイマイルJCBゴールドカードはデルタ航空とJCBが提携しているカードで、一般カードの上位に位置するゴールドカードです。

カードの利用額に対して1.5%もの高還元率でマイルが貯まりやすいだけでなく、入会キャンペーンやカードの継続、デルタ航空でのフライトやアメリカでのショッピングなど多くのシーンでボーナスマイルが貰えます。

マイルの貯まるカードは他にもたくさんありますが、このカードほどマイルの貯まりやすいカードはそう多くはありません。

また貯めたマイルは有効期限が無く、不足分を購入出来たり、他人名義の特典航空券が購入出来たりと使い勝手が良いのも特徴です。

このように使いやすいマイルがたくさん貯まるのが特徴ですが、デルタ航空が加盟しているスカイチームには日系の航空会社がありません。

そのため国内線の特典航空券にマイルを利用出来ないのがデメリットですが、そのぶんアメリカ方面への航路が豊富です。

デルタスカイマイルJCBゴールドカードはアメリカやハワイへのフライトが多い方には、おすすめのカードと言えるでしょう。

このカードへの入会を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

基本情報

入会資格 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(学生除く)
発行会社 株式会社ジェーシービー
本社所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
創業 1961年
発行可能ブランド JCBカード
発行期間 最短3営業日~1週間
年会費 1年目 11,000円(税込)
2年目以降 22,000円(税込)
家族カード 1年目 3,300円(税込)
2年目以降 5,500円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム デルタスカイマイル
ポイント還元率 1.5%~3%
ポイント有効期限 無期限
最低交換単位 -

マイレージ

交換可能なマイレージ DELTA
マイレージ還元率 -
最低交換単位 -
マイレージ移行手数料 -

電子マネー

チャージ可能な電子マネー quicpay

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯 ※一部利用付帯
死亡・後遺障害 最高1億円(自動付帯5,000万円)
傷害・疾病 300万円限度
携行品損害 50万円限度
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 500万円限度
備考 「jcbでe安心」付帯、家族特約付き