国内最大級371枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

au PAYカード(旧auWALLET)2種類の評判や年会費を徹底比較!おすすめはどっち?

クレジットカードにはたくさんの種類がありますが、その中でも存在感が増しているのが各携帯キャリアが発行するカードでしょう。

そして大手携帯キャリアの一つであるauが発行しているカードが、au PAYカードです。

今回の記事ではau PAYカードについて、特徴などを詳しく解説していきますので、auユーザーやau PAYカードへの入会を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

au PAYカード(旧 auWALLET)とは?

au PAYカード とは

au PAYカードは名前の通り携帯キャリアのauが発行しているカードです。カードの利用によって1.0%の高還元率でポイントが貯まります。

貯まるポイントはpontaポイントなのがこのカードの特徴の一つで、貯めたポイントを全国のponta加盟店で利用する事が出来ます。

また様々なauサービスで更にお得に利用出来るので、auユーザーにはおすすめのカードと言えるでしょう。

2020年5月に金融スーパーアプリを目指してリニューアルしたカード

au PAYカードは元々はau WALLETカードという名称でしたが、2020年に今の名称へと変更しました。

元々auでは「au WALLETアプリ」というサービスを展開していましたが、このサービスを更に進化させ家計の管理や公共料金の支払いなども出来る金融スーパーアプリを目指して「au PAYアプリ」へと変更しました。

これに伴ってカードの名称も現在のau PAYカードと変更されており、貯まるポイントもpontaポイントに切り替えられています。

カードを使って決済をするだけでなく、投資や家計管理などの金融に関する総合サービスとして利用出来るにようになっています。

au PAYカード(旧 auWALLET)2種類を比較

au PAYカード 比較

au PAYカードの特徴の次は、実際にカードの種類を見ていきましょう。au PAYカードのラインナップはとてもシンプルで、一般カードとゴールドの2種類しかありません。それそれのカードの概要は、下記のようになっています。

aupayカード比較

それでは、それぞれのカードの特徴を紹介していきます。

au PAYカード

au PAY クレジットカード

auユーザーなら年会費無料!高還元率で海外旅行保険も付帯!
auユーザーなら年会費無料!au料金を決済すればポイント二重取り!

年会費初年度:条件付き無料
2年目以降:条件付き無料
還元率1.0%
発行日数最短4日
詳細を見る

一般カードにあたるau PAYカードは通常年会費が1,375円(税込)がかかりますが、auユーザーであれば無料になります。

またauユーザーでなくてもカードの利用が年1回以上あれば無料になるので、実質無料で持つことが出来るでしょう。

カードの利用額の1.0%の還元率でpontaポイントが貯まり、更にかっぱ寿司や出光などの提携店の利用で還元率が0.5%アップします。

また電子マネーのau PAYへのクレジットチャージを利用出来るのもこのカードも特徴で、後ほど説明するように2重取りで還元率を上げる事が出来ます。

実質年会費無料で持てるカードにもかかわらず付帯保険が充実しており、最大2,000万円の海外旅行保険や最大100万円のお買い物保険が付帯します。

条件付きではありますが年会費無料で持つ事が出きて、ポイントも貯まりやすく付帯保険も充実しているのが特徴のカードと言えるでしょう。

au PAYゴールドカード

au PAYゴールドカード

auユーザーにおすすめのゴールドカード!最大18%還元!
携帯料金やauひかりの代金が最大11%還元

年会費初年度:11,000円(税込)
2年目以降:11,000円(税込)
還元率1.0%
発行日数最短4日程度
詳細を見る

au PAYカードの上位にあたるのがau PAYカードゴールドで、年会費は11,000円(税込)と高額ですがその分付帯する特典も充実しています。

au PAYカードに比べると更にポイントが貯まりやすくなっているのが特徴で、中でも特にメリットが大きいのがauの利用料金の11%がポイント還元される点でしょう。

スマホやタブレットの利用料金は家計の中でも大きな割合を占めるので、還元率11%でポイントが貯まるのは大きなメリットです。

このようなポイント還元率の高さに加えて付帯する特典も充実しており、国内主要空港のラウンジが利用出来たり、最大5,000万円の旅行保険が付帯します。

11,000円(税込)という高額の年会費はかかるものの、auユーザーであればau PAYカード以上にお得が満載のカードとなっているのがau PAYカードゴールドです。

au PAYカード(旧 auWALLET)の特徴やメリット

au PAYカード メリット

au PAYカードの特徴の次は、メリットについて見ていきましょう。他のカードと比べても、とてもメリットの多いのおすすめカードとなっています。

最大で16%のポイント還元がある

au PAYカードはカードの利用でpontaポイントが貯まりますが、還元率の高さが魅力の一つです。

通常のカード利用でも1.0%と高還元率ですが、提携店の利用などで更に還元率がアップします。またauの様々なサービスを利用する事で還元率が高くなり、最大で16%もの還元率になる事はメリットと言えるでしょう。

au PAYへのチャージで還元率1.5%になる

au PAYカードは電子マネーのau PAYと連携する事で、更にお得になります。

au PAYカードを使ってau PAYへとクレジットチャージをすると1.0%の還元率でポイントが貯まり、更にau PAYでの決済で0.5%でポイントが貯まります。

クレジットチャージ+au PAY決済の二重取りで1.5%もの還元率になり、他のカードに比べても高い還元率と言えるでしょう。

ゴールドカードの場合は更にお得で、クレジットチャージで2.0%の還元率になるので、合計で2.5%もの還元率になります。

普段のショッピングでここまでの還元率のカードは少ないので、au PAYカードの大きなメリットと言えるでしょう。

au PAYマーケットで最大で16%のポイント還元がある

日常利用の還元率の高さに加えて、auのサービスを利用する事で更に還元率が高くなる事もメリットです。

中でもau PAYマーケットの利用が一番還元率が高くなり、何と最大で還元率は16%にもなります。

ゴールドカードの場合は更に高く、最大18%の還元率と他社カードにはない高還元率でネットショッピングが出来るでしょう。

最大5,000万円の旅行保険が付帯する

ポイントの貯まりやすさだけでなく、付帯保険が充実しているのもメリットの一つです。

au PAYカードは実質年会費が無料で持てるにもかかわらず、最大2,000万円の海外旅行保険が付帯します。

年会費無料のカードで旅行保険が付帯するカードは、そう多くはありません。

au PAYカードゴールドの場合は更に充実しており、海外・国内ともに最大5,000万円の旅行保険に加えて、300万円のお買い物保険が付帯します。

このようにau PAYカードはポイントの貯まりやすさだけでなく、付帯保険も充実しています。

入会キャンペーンで合計10,000ポイントが貰える

au PAYカードでは入会キャンペーンも充実しているのもメリットです。

一定額以上のカード利用などの条件を満たす必要がありますが、au PAYカードで最大10,000ポイント、au PAYカードゴールドは最大20,000ポイントのポイントを貰うことが出来ます。

au PAYカードのポイントは共通ポイントのpontaポイントなので使い勝手が良く、1ポイント=1円として多くの加盟店で利用出来ます。

そのため入会キャンペーンで実質1~2万円を貰えるので、大きなメリットと言えるでしょう。

au PAYカード(旧 auWALLET)の使い方

au PAYカード 使い方

とてもお得なau PAYカードですが、カードの使い方にはどのような方法があるでしょうか。au PAYカードの使い方について見ていきましょう。

クレジットカードとして使う

au PAYカードはクレジットカードなので、他社のクレジット決済と同様にレジでカードを使って決済するのが一般的な方法で、毎月15日までの支払い分が翌月10日の返済日に引き落とされます。

またau PAYカードは現状ではタッチ決済には対応していないので、カードを端末機に差し込むか店員さんに渡す事で利用出来ます。

au PAYチャージをして使う(コード支払い)

au PAYカードを使って直接決済をする事も出来ますが、au PAYを使って決済をする事も出来ます。

au PAYカードを使ってau PAYへチャージして決済する事で、メリットでも説明したようにポイントの二重取りが可能になります。そのためau PAYが使えるお店であれば、この支払い方法の方がお得になるでしょう。

前払い式のプリペイドカードもある

au PAYカードには、審査不要の前払い方式のカードもあります。クレジットカードと違って事前にチャージしなければ利用出来ませんが、クレジットカードと同様にpontaポイントが貯まります。

後払いが嫌いな方や、訳があってカードの審査が通過しない方にはおすすめのカードと言えるでしょう。

au PAYカードの作り方

au PAYカード 申込方法

au PAYカードの使い方に続いて、申込方法を見ていきましょう。

申込方法は店頭での申し込みとネット経由の2種類があります。

auショップの店頭で申し込む

au PAYカードはauショップの店頭での申し込みも可能です。店頭で申込をしても即時発行される訳ではなく、審査期間なども含めて1~2週間程度で郵便でカードが届けられます。

ネットがあまり得意でない方などは、店頭で申込をするのも良いでしょう。

ネットから申し込む

続いては公式ホームページからネット経由で申し込む方法です。こちらも入会申し込みをした後、通常は1~2週間程度でカードが発行されます。

ただし申込は24時間いつでも出来ますし、わざわざ店舗に出向く必要はないのでネット経由での申し込みの方がお手軽でしょう。

au PAYカード(旧 auWALLET)でよくある質問

au PAYカード 良くある質問

最後にau PAYカードに関して、良くある質問を紹介していきます。

国際ブランドはどれが選べる?

VISAとMasterCardが選択可能

au PAYカードでは、国際ブランドはVISAとMasterCardから選択が可能ですが、JCBは発行出来ません。

どちらのブランドを選んでも、カードの内容や特典が同じです。

家族カードやETCカードに年会費はかかる?

1枚目までは無料で発行出来る

au PAYカードの場合は、本カードが年会費無料になる場合(auユーザー、または年1回以上のカード利用)は家族カードも無料で発行出来ます。

本カードに年会費が発生する場合は、440円(税込)の年会費が必要になります。

au PAYカードゴールドの場合は、家族カードは1枚目までは無料ですが2枚目以降は2,200円(税込)の年会費が必要になるので注意しましょう。

ETCカードはau PAYカードもau PAYカードゴールドも年会費無料ですが、au PAYカードの場合は発行手数料として1,100円(税込)かかります。

しかし発行後1年以内にETCカードを利用すると、発行特典で請求から1,100円(税込が差し引かれます。

auを解約したら使えなくなる?

年会費はかかるが利用出来る

auを解約してもau PAYカードは利用出来ます。

auユーザーでなくなると年会費が1,375円(税込)がかかるようになってしまいますが、カードを年1回以上すれば年会費は無料になります。

まとめ|高還元率が魅力のau PAYカード

au PAYカード まとめ

携帯キャリアのauが発行しているau PAYカードは、以前はau WALLTEという名称でしたがアプリの進化に伴って名称の変わったカードです。

カードの利用で共通ポイントであるpontaポイントが貯まるので、貯めたポイントの使い勝手がとても良いでしょう。

また還元率も1.0%と高く、さらにau PAYやauでんき、au PAYマーケットなどのauサービスとの併用で還元率は最大16%にもなります。

またauユーザーであれば年会費も無料で、au PAYカードゴールドの場合はスマホの利用料金にもポイントが加算されます。

カードの内容も充実しており、最大2,000万円の海外旅行保険が付帯するなど実質年会費無料のカードとは思えません。

このようにau PAYカードは還元率が高く内容も充実しているので、auユーザーにはおすすめのカードとなっています。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points